飲食店が物件探しで成功するポイント!流れと方法もあわせて解説

公開日:
更新日:

飲食店経営では、立地が大きな成功要因です。いくら店舗自体が希望に沿ったものであっても、物件の立地が不利なために魅力が活かせないということもあります。理想の物件を探すためには、どのような方法が効果的なのか、今回は飲食店の物件探しの重要性や流れ、成功するポイントを解説します。 

飲食店の物件探しが重要な理由  

飲食店にとっては立地が売上に大きく影響するため、物件探しは飲食店経営を成功させるための重要な要素です。以下の観点から具体的な理由を解説します。 

立地 

集客力のある場所や人通りの多いエリアに出店することで、多くの人々に知ってもらうことができます。逆に目につきにくい場所になると、チラシや広告などでお店の存在を大きくアピールする必要があり、スタートから不利な状況です。また、競合店の有無も、集客と売上に関わる重要なポイントです。 

顧客層 

飲食店の成功には、ターゲットとする顧客層とのマッチングが重要です。ファミリー向け、単身者向け、ランチ需要、高級志向など、店舗の特性にあった顧客層が多く集まる場所でなければ成功するのは難しいでしょう。 

施設の適合性 

路面店、複合施設などの立地状況のほか、キッチンスペースの広さや食品貯蔵スペースの有無など、店のニーズに適した物件を選ぶ必要があります。理想の条件に近いほど、店舗運営やオペレーションがスムーズになります。 

賃料 

物件探しにおいては、賃料も当然考慮すべきポイントです。経営計画にもとづき、収益に見合う経費に抑えられるかを考えます。無理し過ぎると、後々経営が圧迫される可能性もあります。 

規制や許可 

物件を選ぶ際には、業態に関して適切な許可を取得できるかどうかを確認する必要があります。例えば用途地域に制限がある、重飲食不可など建物上の制限がある場合です。 

飲食店の物件探しの流れ 

店舗物件探しの一般的な流れについて説明します。 

飲食店の物件探しの流れについてのイラスト

1.条件の洗い出し 

ビジネスの目標とニーズを明確にし、予算、場所、業態、施設の要件など、物件に求める条件を具体的に洗い出します。 

立地、家賃を含め、求める方向性、ゆずれない条件をリストアップしながら優先順位をつけます。居抜き物件スケルトン物件かによってもその後の動きが大きく変わります。 

居抜き物件とは、前の入居者が使用していた建物や店舗の内装、設備などが一部または全部そろっている物件のことを指します。コストを抑えながら早期に開業ができる一方で、内装や設備の自由度が低く、修繕やリフォームが必要な場合があり、考えていた以上のコストと手間が発生する可能性があります。 

スケルトンとは、建物や店舗内部の基本的な構造や外装が備わっているものの、内装や設備はほとんどない状態の物件のことです。内装や設備に自由度が高い反面、居抜き物件に比べて工事にかかる時間とコストがかかります。 

2.物件を探す 

具体的な物件探しには、不動産業者や不動産Webサイトを活用する方法があります。詳細については次の項で解説します。 

3.物件の選定 

収集した物件情報をもとに、候補となる物件を選定します。位置や立地、賃料、施設の適合性、用途地域の規制など、先に明確化したニーズや条件とのマッチングを考慮しながら絞り込みます。候補が見つかれば、選定した物件を実際に訪れ、実地調査をします。 

4.契約と引き渡し 

賃料や契約条件、修繕費用などについて貸主と交渉し、合意に達したら契約手続きを進めます。同時に、必要な許可や届け出(例:建築許可、営業許可)を確認し、順次手続きします。 

物件探しの方法 

物件探しの具体的な方法を紹介します。 

現地を歩いてみる 

出店したい候補地を歩きながら物件探しをする方法です。目で見て現地の雰囲気や周辺環境を把握でき、商圏や競合店舗の存在など、周囲の情報を実際に確認できます。 

気になる空き物件を見つけたら、その情報や連絡先を直接入手できる場合があります。 

一方で、広範囲なエリアを歩いてカバーするのは時間と労力が非常にかかり非効率です。一度に多くの物件をチェックすることが難しいため、選択肢が限られるのもデメリットと言えます。 

インターネットで探す 

インターネットには不動産Webサイトやポータルサイトが多くあり、多数の物件情報を簡単に探せます。 

検索機能やフィルタリング機能を使って、条件に合った物件を効率的に絞り込めるため、希望に近い物件を見つけやすいというメリットがあります。 

一方で、インターネット上の情報は常に最新ではない場合があり、また、写真や記載されている情報だけでは、実際の物件の状態や周辺環境を正確に把握できません。 

オンライン上では不特定多数が同時に閲覧しているため、希望の物件がすでに交渉中の可能性も考えられます。 

出店希望エリアの不動産業者に相談する 

出店希望エリアにある不動産業者に依頼することで、地域の不動産市場に詳しい業者から直接情報を得られ、希望のエリアに特化した物件情報や市場動向などの専門知識を提供してもらえます。 

一方で、一般的な不動産業者では店舗物件自体の取扱数が少なく、選択肢があまりない傾向にあります。 

店舗専門の業者に相談する 

飲食店専門の不動産業者は、独自のネットワークを活かして入手した店舗物件情報を多数保有しています。市場に出回らない、未公開の優良物件の取り扱いも多く、ほかの手段では見つからない物件に巡り合える確率が高いため、店舗探しを有利に行えます。 

また、飲食店の市場動向に詳しい専門家であるため、飲食業界の特性やニーズを理解し、適切な物件を提案してもらうこともできます。 

物件探しで成功するポイント 

商店街の様子

物件探しで成功するためのポイントを説明します。 

契約条件や予算を明確にする 

予算や場所、業態、施設の要件など、物件に求める条件をできるだけ具体的に洗い出し、契約条件、かけられる予算枠を設定することで、費用を抑えながら希望に近い出店ができる可能性が高まります。 

妥協できるポイントを明確にする 

すべての条件を満たすのは難しいため、物件の価値を総合的に判断して選択する必要があります。 

エリアや広さ、立地、レイアウトなど、条件を見直せるポイントは多岐にわたります。条件に優先順位をつけて、妥協できるポイントを明確にしておくと選択に迷ったときに役立ちます。 

知識と情報を収集する 

立地や競合について、事前に十分な情報収集が必要なことはもちろん、不動産市場や物件探しに関する知識を身につけておくことも大切です。例えば、インターネットで不動産市場について調べる、出店エリアの商圏について徹底的に調査する、飲食店の物件探しのプロに相談してアドバイスを受けるなどの方法があげられます。 

プロの知見を活用する 

上記ともつながりますが、実際には自力で情報を網羅するのは容易ではありません。経験豊富な専門家の支援を受けるのが効率的でしょう。商圏分析や店舗開発に経験とノウハウを持つ事業者をパートナーにすることで、出店へのハードルがぐっと低くなります。 

こまめに物件をチェックする 

優良物件との出会いはタイミングによることが多くあります。出店を考えたときからこまめに物件をチェックし、できるだけ多くの情報にふれることを心がけるのが大切です。そのためには、多数の優良物件を抱える事業者とのつながりを持つことが最適な手段です。 

ポイントを押さえて物件探しを成功させよう 

飲食店経営を早期に安定させるためには、ポイントを外さない物件探しが欠かせません。物件探しの方法にはいくつかありますが、それぞれに特徴があります。効率的に進めたいときには、インターネットで探しつつ、現地にも足を運んでみるなど、複数の手法を組み合わせるか、信頼のおけるプロを物件探しのパートナーにすることを検討するといいでしょう。 

店舗物件を専門に扱う店舗流通ネットは、飲食店の出店支援を総合的に行っています。関東圏・関西圏・東海圏の駅前一等地を中心に、優良な物件情報を多数持ち、商圏分析や店舗開発についての経験とノウハウをもとに、手厚い経営サポートを実現しています。理想的な物件探しを実現するために、ぜひご活用ください。