スケルトン物件とは?居抜き物件との違いやメリット・デメリットを解説 

公開日:
更新日:

飲食店の出店を考え賃貸物件を探している際に、「スケルトン物件」という言葉を目にすることがあります。居抜き物件と比較されることが多い物件形態です。 

スケルトン物件には、居抜き物件とは異なる特徴があります。自身の理想を追求した店舗をつくるためには、それぞれの物件の特徴を踏まえてどちらを活用すべきか検討しなければいけません。 

本記事では、スケルトン物件と居抜き物件の違いや、スケルトン物件を活用して飲食店を出店した場合のメリットとデメリットを解説します。物件選びの参考にしてください。 

スケルトン物件とは 

スケルトン状態になった物件

不動産用語で「スケルトン」は、建物を支える構造「骨組み」を指します。スケルトン物件とは、骨組みのみの状態の物件を指し、柱や梁(はり)がむき出しになった、天井や床も一切ない物件のことです。自由にレイアウトや内装を考えられ、自分好みの店舗に仕上げられるという明確な特徴があります。 

スケルトン物件と居抜き物件の違い 

スケルトン物件と居抜き物件の違いを解説します。 

居抜き物件とは 

居抜き物件とは、店舗の内装や什器が残ったままの物件のことです。店舗に施された内装や什器などを新しい契約者が引き継ぎ、そのまま使うことができます。 

居抜き物件の詳細について詳しくは、以下の記事をご覧ください。 

スケルトン物件と居抜き物件の違い 

スケルトン物件と居抜き物件の違いをまとめると次のようになります。 

項目スケルトン物件居抜き物件
入居前の状態骨組みのみ。内装や設備などすべて取り除かれている。前契約者の内装・設備がそのまま残っている。
入居前の工事内装工事や新しい設備の設置が必要。内装や設備をそのまま利用できる。場合によっては改修が必要 。
費用内装工事費や新しい設備の購入・設置費用が必要。場合によっては工事、設備購入が必要 。
準備期間開業までの期間が長い。開業までの期間が短い。

このようにスケルトン物件と居抜き物件は、入居前の状態に大きな違いがあり、それにともなうメリットとデメリットがあります。メリットはもちろんのこと、デメリットもしっかり把握したうえで物件を検討するとよいでしょう。 

スケルトン物件のメリット 

スケルトン物件のメリットを2つ紹介します。 

物件の骨組みしかない状態から店舗をつくっていく、スケルトン物件だからこそ実現できるメリットは押さえておきたいポイントです。 

好みの内装や設備、レイアウトにできる 

キッチンの設備から家具、調度品まで、すべて自分の好みで選ぶことができるのはスケルトン物件のメリットのひとつです。家具や調度品に統一感を持たせて、デザインにこだわって選ぶことができます。 

また、飲食店の厨房は、調理する際の動きやすさや、設備の使いやすさが重要です。スケルトン物件なら、この点を重視して設計することも可能です。 

厨房から客室への導線や座席の配置などを自由に決めることもできます。顧客に店内でどのように過ごしてほしいか、どのようにサービスを提供したいかなど、自身のビジョンを店舗に反映しやすいでしょう。 

居抜き物件には、このような自由度の高さはありません。 

設備を長く使える 

スケルトン物件では、内装や設備をすべて新しくそろえるため、長く使える可能性が高いでしょう。保証やメンテナンス期間も充実したものを選べます。 

飲食店開業時の設備の購入は大きな出費です。思いきった額を設備投資するのなら、長く安定して使える製品を選びたいものです。空調や厨房などの設備が故障した場合には、店舗の営業に支障が出る場合もあります。製品自体の経過年数が少なく壊れにくい点や、万が一のときのアフターサービスが整っているかが、設備の選択では重要なポイントになるでしょう。 

スケルトン物件のデメリット 

スケルトン物件にはデメリットもあります。ここでは、スケルトン物件のデメリットを3つ紹介します。 

初期費用がかかる 

スケルトン物件は内装から什器、設備までを新たにそろえる必要があるため、まとまった資金が必要です。水道や電気、空調設備の工事にも費用がかかります。居抜き物件と比べ、自由度が高い店舗設計ができる反面、こだわりを追求しすぎると想定以上に高額の初期費用がかかる可能性もあります。 

また、初期費用が大きくなると、店舗運営に振り向ける資金が減ることになり、経営を安定させにくくなるでしょう。 

開店準備期間が長い 

スケルトン物件は、内装も設備も何もない状態です。開店までには、内装や水道などの工事、設備の設置などを行う必要があります。そのため、居抜き物件と比べ、物件を確保してから開店するまでに準備期間が長くなることが想定されます。 

さらに、工事期間中も物件の賃料は発生します。店舗の運営はできないことから、売上が全くないのにもかかわらず、賃料を支払い続けなくてはなりません。また、工事の進捗状況によっては、予定通りのオープンが難しくなり、工事期間が延び、営業開始が遅くなるおそれもあります。 

スケルトン物件への出店が向いている人・向いていない人 

内装や什器、設備にこだわって一から店づくりをしたい人は、スケルトン物件での出店が向いているでしょう。準備には資金はもちろんのこと、時間も労力もかかります。手間を惜しまず、理想の店舗をつくりたいという強い意志がある人は、スケルトン物件の活用がおすすめです。

また、店舗運営のノウハウを豊富に持つ人も、自身のノウハウを最大限に活かすことができるため、自由度の高い店舗設計が行えるスケルトン物件の活用を検討するといいでしょう。 

一方、初期費用を抑えたい、なるべく早く開業したいという希望を持つ人は、居抜き物件への出店が向いています。特に同じ業態の物件を引き継げる場合は、開業準備にかかる資金も時間も大幅に抑えられる可能性があるでしょう。 

スケルトン物件はメリットとデメリットを踏まえたうえで検討する 

店舗を開業するのであれば、自分好みの内装やレイアウト、什器で仕上げたいでしょう。自分のこだわりを活かした店舗づくりを追求したい人にはスケルトン物件がおすすめです。しかし、手元の開店準備資金が心もとない場合は、開業前に多額の資金を使ってしまうと不安が残ります。スケルトン物件を選ぶ際は、メリットとデメリットをよく理解したうえで選択しましょう。 

店舗流通ネットの「ショップサポートシステム」では、居抜き物件の紹介も可能です。スケルトン物件で内装工事をしなくても、居抜き物件で好みの店舗が見つかるかもしれません。豊富な物件をそろえていますので、ぜひ一度ご相談ください。 

ショップサポートシステムの画像
内装工事のバナー