店長の役割と責任とは? リーダーとして知っておくべきポイントを解説

公開日:
更新日:

これから店長を目指す人だけでなく、すでに店長として働いている人で、どのように店舗運営をすればよいか悩んでている人も少なくないかと思います。店舗運営を考えるとき、まずは店長の役割や責任について理解することが大切です。

店舗のリーダーとして店長は具体的にどのような業務を遂行するのか、そのために必要なスキルは何かを知れば、これからするべきことが見えてきます。

今回は、店長として必要な知識やスキル、果たすべき役割、責任を解説します。

店舗運営における店長の重要性

店長はただ単に店の運営責任者というだけではなく、その店の印象を決定する軸であり、店の顔でもあります。

各店舗の個性をアピールすると同時に、販売戦略の中心的役割を担うため、店長の良し悪しが売上に影響するともいえます。

店長に求められるのは、従業員や顧客と適度な距離を保ち、適切かつ柔軟な対応ができる人材です。店内でリーダーシップを発揮しながら、店舗の管理、従業員の育成、効率的な運営などのすべての領域を管理することが店長の役目です。

店長の役割・責任とは

店長の役割や責任は業種によっても多少の違いがあります。ここでは、一般的な店舗運営における店長の役割・責任について解説します。

売上アップ

店の運営責任者としてもっとも重要なのが、売上の向上です。売上アップを図るためには、売上目標を設定して、目標達成に向けた具体的な計画を立てて実行することが求められます。 

期間ごとの売上目標や戦略的な行動計画を策定し、達成に向けて取り組みます。季節ごとのキャンペーンや売り出しセールなど、店独自の魅力を活かした売上戦略が必要です。 

財務管理

上記とも関連しますが、予算の策定と管理、売上と収益の追跡、コストコントロールによる収益性の確保などの財務管理も店長の重要な仕事です。

財務の管理状況について本社や本部に報告書を提出し、店舗の実績、課題、提案などを定期的に報告します。 

仕入れ・在庫管理

需要の予測や売上の傾向を考慮して、商品の仕入れ計画を策定します。主要な仕入先との交渉では、価格、納期、商品品質などについて、自社にとって好ましい取引条件を引き出さなければいけません。

常に最適な在庫レベルを維持するために、需要の変動や季節の変化に合わせて受発注を管理します。在庫回転率を把握し、必要に応じて仕入れを調整する必要があります。

従業員のシフト管理・教育(人材育成)

従業員の採用、トレーニング、シフト管理など、従業員に関わる業務管理も店長としての大きな役割です。店舗運営を円滑に回すためには、従業員を適切に管理することが大切です。気持ちよく働いてもらうために、従業員のモチベーション維持に努め、人間関係の調整にも配慮が必要です。

顧客サービス

行き届いた顧客サービスを実施することは、売上に直結する大切な要素です。品質の高い商品・サービスの提供はもちろん、クレームや問題への対応を通じ、顧客満足度の向上を図ります。ときには顧客と従業員の間に入り、良好な関係を築くためのフォローをします。

衛生と安全管理

業務上の衛生規定の遵守、職場の安全性の確保は店の運営責任者として果たすべき義務です。来店客および店で働く従業員の身体的・精神的な安全を図ります。

災害や窃盗、セキュリティ関連の問題といった対外的な危機管理について、起こり得るリスクを想定しながら万全の姿勢で臨む必要があります。

コンプライアンス・法令の遵守

健全な店舗経営で、社会の一員として認められるために、コンプライアンス・法令の遵守を徹底しましょう。

労働基準法や個人情報保護法、業界に関連するそのほかの法令を自ら遵守するとともに、従業員への教育を実施し、理解の浸透を図ります。

店長に求められるスキル

店長みたいな人が電話している写真

前項で紹介した店長の役割を踏まえ、店長としてどのようなスキルが必要かを説明します。

業界の知識や経験

業界の知識や経験、実績は店長としての発言に説得力を与えるため、周囲の信頼も厚くなるでしょう。結果、店舗運営を正しい方向に導きます。 

リーダーシップ

チームとして店舗内の従業員全員を統率および指導し、モチベーションを高めながら売上目標を達成するためには、強いリーダーシップが求められます。

組織マネジメント

店舗運営では全体スケジュールの管理、タスクの優先順位付け、在庫管理などを含む、多種多様な要素を組織的に処理する能力が必要です。

コミュニケーション能力

従業員や顧客と会話したり、本部との間で情報を的確にやりとりしたりするためのコミュニケーション能力が必要です。 

財務管理

着実に成果を上げるためには、予算管理や収支の追跡、コストコントロールなどの財務スキルが不可欠です。

マーケティング

目標達成に向けた、販売促進戦略の策定やマーケティングキャンペーンの実施に関する知識と実行力が求められます。

問題解決能力

予期せぬ問題や課題に対処し、厳しい状況下にあっても冷静に的確な判断を下す能力が求められます。 

店長として店舗運営を成功させるためには?

店長の役割をまっとうし、店舗運営の成功に貢献するためのポイントを解説します。

店長の役割・責任の明確化

店長の役割や責任について、経営者側がどのようにとらえているのか、認識を確認しておく必要があります。先にも挙げたように、店長の基本的な役割に違いはありませんが、業界や経営体制などによっては、責任範囲に多少の差異が生じる場合もあります。 

例えばチェーン店やフランチャイズのオーナーであれば、本部への報告業務やブランドイメージを損なわないといったことが求められるでしょう。個人で開業した店舗であれば、店長の個性を出して行くことも良いでしょう。 

大切なのは、「その店」の店長として何が重視されるのかを知ることです。店長の役割と責任について、経営の一端を担う者としての自覚が必要です。

明確なビジョンと目標の共有

経営者には企業としてのビジョンと目標があります。その傘下にある店舗の運営責任者として、ビジョンに共感し、目標を理解していることが重要です。店舗の経営自体は個別であっても、最終的には企業全体に貢献できるよう、方向性を合わせた運営が求められます。

自律性・自発性を持った行動

店長は自分が担っているお店について、誰よりもよく理解していなければなりません。本部の指示を受け入れながらも、ただ従うだけではなく、ときには自律的な考え方や行動も必要です。

任されている裁量の範囲内で可能な限り独自性を打ち出し、従業員のアイデアを取り入れて、より売上に貢献できる方法を試します。

自店の課題を積極的に見いだし、改善することで自身も店長としてさらに成長していけるでしょう。 

コミュニケーションの活発化

従業員との密なコミュニケーションは、店舗運営の課題の早期発見につながり、トラブルやリスクを未然に防ぐのに役立ちます。コミュニケーションを活発化して店の雰囲気を良好に保つことは、業務を円滑にするとともに、離職率の低下につながります。

店の統括者として、店長が率先してコミュニケーションの醸成を行うことが大切です。

問題解決と支援

店舗の運営では、日々さまざまな問題が発生します。店長が的確な判断を下して解決への指示を明確に出すことに加え、潜在する問題をいち早く察知し、迅速に対応する姿勢が大切です。 

また、従業員がなんらかの悩みを抱えている場合には、店長として相談に乗り、できるだけの支援を提供する必要があります。 

また、飲食店においては、適正な人材てのシフト管理や、お客様との積極的なコミュニケーションをとるスキル、お店の顔となる意識なども必要です。 

「店長らしさ」を示すのは店を背負う覚悟と自身の成長への意欲 

店長は店舗経営の要であり、そのあり方によって事業の成否が決まることもあります。しかし、店長に十分なスキルがあるからといって、必ずしも店舗運営が円滑にいくとは限りません。

なぜならば本部の方針に沿いながら、店舗独自の売上向上を目指すには従業員との結束を高める必要もあるためです。即戦力となる人材採用は、店舗経営を強化するための戦略の一つです。

店舗流通ネットでは、飲食店舗に特化した人材採用サービスを提供しています。募集条件やニーズに合わせ、求める人材の採用戦略を策定し、実行までをサポートします。店舗経営を支える人材を選ぶために、ぜひお役立てください。

人材サポートのバナー