店舗流通ネットの出店支援。ショップサポートシステムの仕組み

公開日:
更新日:

店舗の総合支援事業を行うわたしたち店舗流通ネットは、店舗を開業したい方向けに出店から退店をワンストップでサポートしています。店舗流通ネットの出店支援サービス『ショップサポートシステム』の仕組みとは何かをお伝えするとともに、運営・退店時のサポートまでご紹介します。

「ショップサポートシステム」の仕組み

出店支援サービス「ショップサポートシステム」は、わたしたち店舗流通ネットが店舗物件と内装を用意し、飲食店の出店を支援する独自のシステムです。

ショップサポートシステムの基本的な流れ

  • 店舗流通ネットが大家から物件を借りる
  • 店舗流通ネットが出店希望者の意向に沿った内装や厨房機器を用意する
  • 出店希望者が運営開始

わたしたちが物件を借り、出店希望者の意向に沿った設備投資をするため、契約時にこれらの費用をかけることなく、物件にもよりますが一般的な出店の1/3ほどの費用で出店することができます。

毎月の売上から利用料をお支払いいただきますが、店舗の内装設備などは店舗流通ネットが受け持つため、資金に余裕をもたせた出店が可能になります。

ショップサポートの概念図

ショップサポートシステムの魅力

金融機関からの融資で出店するよりもランニングコストが抑えられる

店舗流通ネットが保証金を預け入れ済みの物件で出店をするため、ご自身で保証金や改装資金を金融機関から借り入れて出店する際の返済よりも月々の支払いが抑えられます。

初期投資が抑えられる

通常は融資などを受けて出店資金を確保しますが、それを店舗流通ネットが負担するため、初期投資を抑え、運転資金や銀行の融資枠を温存したままの出店が可能です。

スピーディーな店舗展開にも有利

一般的な出店にかかる費用の約1/3ほどで店舗をオープンすることができるため、残りの1/3の金額を運転資金に、さらに残りの1/3で次の出店費用に回すことが可能です。

良質な物件情報を保有している

関東圏・関西圏・東海圏の駅近一等地の物件情報を常に収集している上、自社で商業ビルを複数保有していることから、そのビルで退店する店舗が出た場合、出店希望者には市場に出回る前の良質な物件をいち早く提供することができます。

ショップサポートシステム利用者の声

実際に、「ショップサポートシステム」を利用した出店事例をご紹介します。

株式会社135 『24時間 餃子酒場』

餃子の写真
店内の様子

2020年11月に、秋葉原に国内15店舗目となる「24時間 餃子酒場 秋葉原店」を出店した株式会社135様。15店舗のうち、店舗流通ネットのショップサポートシステムを利用して6店舗を出店しています。

株式会社135 

代表取締役 本多 様 コメント(抜粋)

「ショップサポートシステム」を利用することで、開業に必要な初期投資を抑えられるため、内装やメニュー開発に資金を投じることができ、より生産的な投資ができていると実感しています。物件の大家さんと当社との間に立ってサポートをしてくださるので、物件の価格が変動したりするコロナ禍でも、スピード感をもって出店することができました。

プレスリリース『朝からギョーザを食べよう 11/1(月)「24時間 餃子酒場」秋葉原店オープン』より引用

わたしたち店舗流通ネットは、出店支援サービス「ショップサポートシステム」の他に、店舗の運営・退店時のサポートを行う仕組みがあります。

運営中のサポートの仕組み

店舗を運営していると、突然トラブルが起こる場合があります。わたしたちは、運営中のサポートとして、店舗の設備トラブル予防・対応と資金調達を行っています。

設備トラブル予防・対応

定期巡回

契約している全店舗に対し、年に1回無償で店舗巡回を行い、トラブルが起こらないよう、厨房機器や消防設備などのチェックを行っています。

24時間トラブル対応

万が一急なトラブルが発生した場合に備え、24時間対応のコールセンターを設置しています。また、トラブル対応専用のアプリもあるため、電話からでもスマホからでも、24時間トラブルの相談を受けることができます。

魅力

  • トラブルを未然に防ぎ、無駄な出費を防げる

店舗設備は、漏水などの店舗トラブルを防止するためにも、半年~1年に1回程度はメンテナンスをしたほうが良いとされています。店舗巡回で予防できれば、トラブル時の修繕に莫大な費用がかかるのを防ぐことができます。

  • 被害を最小限に抑える

アプリからの連絡であれば、5分以内に修理に対応する業者が決まることがほとんど。すぐに修理に向かえる業者であれば、即時に対応してもらうことも可能です、被害を最小限に抑えることができます。

リースバックシステム

運営中の店舗を対象としたサポートです。大家と店舗運営者間で直接交わされている賃貸借契約を、店舗運営者に代わりわたしたち店舗流通ネットが大家と契約を結び直すことで、資金の捻出が可能となります。

リースバックシステムの基本的な流れ

  • 大家と店舗流通ネットが賃貸借契約を結び直す
  • 店舗流通ネットと店舗運営者が転貸借契約を結ぶ
  • 大家に預けていた保証金や敷金※相当額を店舗流通ネットから店舗運営者へ支払う

※内装造作も対象

リースバックについて説明したイラスト
  • 眠らせている保証金を運転資金などに回せる

物件契約の際に発生し、退店時でないと戻ってこない保証金や敷金が手元に戻ります。用途に制限がないため、出店資金、運転資金、設備投資などさまざまな用途に利用できます。

  • 借り入れ枠を温存して資金調達できる

固定資産に計上されているものを現金化するため、借り入れになりません。別店舗出店のための資金調達や設備投資など新たな可能性を広げることができます。

退店サポートの仕組み

「店舗買取サービス」で費用を抑えた退店を実現

店舗設備や立地を査定し、居抜き店舗として買い取ります。店舗の造作や厨房機器を一式買い取ることで、原状回復費用が不要となり退店にかかる費用を大幅に削減することができます。

下記図のように、退店費用として通常100万円の負担がかかるところ、600万円が手元に戻ってくるようなケースもあります。

店舗買取りの比較図

また、解約予告賃料の削減や原状回復費用の削減だけでなく、店舗の撤退に必要な複雑な業務までトータルサポ―トします。

店舗買取サービスの魅力

  • 手数料無料で造作の買い取り

店舗の査定から買取まで、すべて無料で行います。退店時に余計な費用がかからず、造作を売って資金にすることが可能です。

  • 関東圏以外に、関西圏・東海圏の物件も買い取り可能

3大都市圏の店舗退店を、東京本社・横浜支店・名古屋支店・大阪支店のそれぞれの社員がサポートしています。立地の付加価値を適正に評価しています。

店舗流通ネットでは今後も店舗が活気に溢れた営業が行えるようなサポートをしていきます。
店舗出店・退店・運営中などについて、何かお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。