「質問です」たまごでとじない、ソースでもない「カツ丼」をご存じですか?その答えはタレカツ中野店に。

みなさん「タレかつ丼」はご存じでしょうか? 新潟市のご当地グルメ、「新潟カツ丼」として地元で愛され続けているソウルフードです。 都内の人の胃袋をガッチリ鷲掴みにしている「タレカツ中野店」は、タレカツブランドを都内に4店舗展開し、この度2月に新店としてオープンしました。

 
みなさん「タレかつ丼」はご存じでしょうか?
 
「タレかつ丼」は新潟市のご当地グルメ、「新潟カツ丼」として地元で愛され続けているソウルフードです。実はその「タレかつ丼」が、都内の人の胃袋をガッチリ鷲掴みにしていると話題になっているので、早速行ってきました。
 
f:id:tentsu_media:20170608104632p:plain

そもそもタレかつとは?

新潟市で長いあいだ食されてきたのが卵でとじない「タレかつ丼」です。タレかつ丼は、揚げたての薄めのとんかつを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせただけのシンプルなもの。日本人の大好きなタレ味と西洋料理のとんかつとが、炊きたての新潟米の上で一つになった新潟市発祥のかつ丼です。
 
新潟カツ丼(タレかつ丼)3つの特徴
・カツレツが起源だから、かつが「薄い」
・サクッ、それでいてジューシーな「食感」
・かつ以外、余計なものは一切添えない「潔さ」
新潟カツ丼て?[タレカツ]

タレカツ 中野店

 
今回取材させていただくのは、タレカツブランドを都内に4店舗展開し、この度2月に新店としてオープンしたのが「タレカツ中野店」。サンロードから伸びる路地、飲食店が軒を連ねる路面沿いの2階にお店を構えます。
 

【野菜ヒレカツ丼】イチオシ人気メニュー

f:id:tentsu_media:20170608125514j:plain
 
新潟市のご当地グルメであるタレかつ丼を中心に、ヒレカツ丼とそれらの二段カツ丼の4種類でした。野菜ヒレカツ丼は新潟にはなく、「タレカツ」のオリジナルメニューです。野菜は旬の素材とタレの相性を基準に選んでおり、中でもブロッコリーがアクセントでオススメです。野菜ヒレカツ丼は雑誌に取り上げられるなど、「男・女」問わず人気を呼んでいます。

【秘伝のタレ】創業からの注ぎ足し

f:id:tentsu_media:20170607094013p:plain
 
注目は創業からつぎたしの秘伝タレ。風味と旨みが強い「ちば醤油」を使用しており、食材の良さを際立たせてくれます。
 

【タレかつ丼】やっぱり定番が一番

f:id:tentsu_media:20170608122615j:plain
何と言ってもこれがあっての「タレカツ」です。
 
旬を取り入れた野菜ヒレカツが映えるのも、元祖といえる「タレかつ丼」があるから。秘伝のタレを存分にまとった、シンブルかつ豪快さが、味わった人々の心と胃袋を掴んでいます。タレカツに訪れる方の多くがリピーターというのも、定番という帰る場所があるからでしょう。
 

新潟ソウルフードがインバウンドにも選ばれています

 
注目は、お客様の2割が外国の方ということです。理由こそ明確ではありませんが、カツ自体は西洋から伝来した料理なので、外国の方にも親しみやすく、日本らしい「どんぶり」が惹きつけるのかもしれません。
 

タレカツオーナーに色々聞いてみました

f:id:tentsu_media:20170601103347j:plain株式会社ラグーンインターナショナル 代表取締役 阿部 信明様
◆新潟タレカツ丼の業態で開業するにはキッカケは何ですか?
阿部様:私自身が新潟出身で、タレカツは80年位の歴史があります。今までは新潟の人しか知らなかっ食文化ですが、このタレカツをもっと世の中に広めたいと考えたことがキッカケです。
 
◆なぜ4店舗目に中野を選ばれたのですか?
阿部様:中野と言う新旧の文化、地域性が入り混じった場所に魅力を感じました。周辺に飲食店舗も多いですが、多くの選択肢の中の一つに「タレカツ」を選んでいただければと考え、この場所を選びました。


f:id:tentsu_media:20170601144130j:plain 
◆見ている方にメッセージをお願いします。
当系列店初めての2階店舗であり、階段をお上がりいただくお手間はとらせてしまいますが、その時間も楽しみを待つ時間としてお越し下さい。良い意味で期待を裏切ります。注文をいただいてから、具材を一つ一つ丁寧に揚げたてのヒレカツでお出迎え致します。ぜひ一度当店のタレカツを召し上がってください。


今後の店舗展開ビジョンについて・・・

新潟カツ丼とは、新潟市内ではポピュラーな食べ物でした。お祝いごとや、出前で食べるなど、新潟市の方にとって特別でおいしいタレカツをもっと多くの人に知っていただきたいです。新潟のすばらしさを伝えたいという気持ちで、1杯1杯気持ちを込めてお客様にご提供しています。
現在は4店舗ですが、もっと多くのお客様に召し上がっていただくため、まずは10店舗を目標に進んでいきたいと考えております。

オーナーからのメッセージ

f:id:tentsu_media:20170601092426j:plain
 
タレカツは、もともとは洋食屋が発祥。内装も、和・洋・レトロを意識して作っています。1年に1回でもいいから、新潟のタレカツを食べて欲しい!従業員一同、タレカツ中野店のファンになっていただけるよう、心よりお待ち申し上げます。

f:id:tentsu_media:20170601121332p:plain


裏話…
テイクアウトでも人気のタレカツバーガーには生まれる由縁がありました…。はじめはとあるバーガーチェーンがメニューを開発しました。その際、店に「タレカツバーガー」と名乗っていいか確認連絡があり承諾しました。その後さまざまな反響があったことから、自らグランドメニューの一つとして開発したそうです。タレカツ別注バンズと秘伝ダレに味付けされたバーガーは、他店では決して味わえないスペシャルバーガーです。

気になる方はこちらまで↓↓
店内メニュー | 新潟カツ丼 タレカツ(たれかつ)




取材協力店

f:id:tentsu_media:20170608094053p:plain 
タレカツ中野店
〒164-0001 東京都中野区中野5-52-2 2F
電話:03-5942-5433
営業時間 11:00-22:30
JR・東西線中野駅から
JR中野駅北口から徒歩4分
新潟カツ丼 タレカツ(たれかつ)




取材:OZY
構成:TAKE4
撮影・監修:店通編集部


f:id:tentsu_media:20170608094053p:plain