日本初上陸!!表参道のロブスターロール専門店に行ってみて勝手に儲かってるか予想!?してみた。

人気店に行くと気になること”この店どれくらい儲かっているのか?”。 そこで表参道にある日本一号店のロブスター専門店「LUKE’S表参道店」の行列に並び、LUKE'S LOBSTERの儲けを予想してみました。プリップリのロブスターロールが980円。3尾分のロブスターが入っています。

どうも。流行りのおしゃれなグルメが気になるポッポ鳩です。


この物騒なタイトル気になりますよね。
気になるお店はあるものの、単なる食レポでは面白くない。そこで私が人気店に行くといつも気なることを書いてみたいと思います。それは、”この店どれくらい儲かっているのか?”ということなんです。


これはもう職業病ですね。経理の仕事を長いことしていると、どうしても会社の儲けとか気になっちゃうんです。余計なお世話ですが、この衝動は抑えられないので、ロブスター専門店の儲けについてざっくりと試算してみます。


その前に、表参道にある大人気のロブスター専門店「LUKE’S表参道店」に行ってきましたので、レビューしたいと思います。


NY発 最高級ロブスター使用のロブスターロール専門店


子供ができてからは、めっきり行かなくなった表参道界隈。ハイセンスなお店やおしゃれな人ばかり。流行の発信地はやっぱり違いますね。明治神宮駅から歩いてほどない、原宿キャットストリート沿いに店舗はあります。


f:id:tentsu_media:20160914164537p:plain


f:id:tentsu_media:20160914164705p:plain


久しぶりの表参道に緊張しながら、お目当てのお店に到着しました。メイン州産の高級ロブスターを使用した、アメリカでも人気のお店です。日本一号店の表参道店は話題性もあり、すでに行列ができています。イートスペースはあるものの、テイクアウトがメインのようです。早速列に並び、注文します。


プリップリのロブスターロールを食べる


お値段は全体的に結構お高め。レギュラーサイズが980円。日頃のランチを考えると若干お高めの値段設定ですが、高級ロブスターを使用しているので、この値段にも納得。


レギュラーサイズを注文し、待つこと数分。おしゃれな箱に入って登場しました。


f:id:tentsu_media:20160915103856p:plain




レギュラーサイズには、3尾分のロブスターが入っています。あけてみると、そのインパクトにノックアウト。パンの間にこれでもかと言わんばかりにロブスターがてんこもりです。


USサイズには5尾分のロブスターが入っているそうです。肉厚なロブスターの身がパンに挟まれたその姿を想像しただけで、食欲が抑えられなくなりました。早速、目の前のロブスターロールを一口ガブリ。


f:id:tentsu_media:20160915104005p:plain



食べてみると、パンはカリカリ。パンはバターとマヨネーズが塗ってありトーストされています。このバターの風味と、ほんのり焼き目のついた熱々のパンがより一層食欲を掻き立てます。


ロブスターはぷりぷりで、香草やスパイスが効いているので、バターやマヨネーズを使っているのに、不思議とズシッとくる重たさはなく、ぱくぱくと食べすすめてしまいました。しかし、いざ食べ終わってみると、男性の私でも充分な満足感。うまみがたっぷりのロブスターと、バターの風味が効いたカリカリのパン。最高の組み合わせです。ごちそうさまでした。


諸々の所感を述べると、味は間違いないです。おしゃれで言うこともありませんが、やっぱりお値段が張りますので、デートなどの特別なシーンに最適でしょう。


LUKE'S LOBSTERの儲けを予想してみる


満足した食事を終えたところで、早速お店の利益について、勝手ながら試算してみました。


売上を試算

想定する条件
・ロブスターはすでに湯がいてある。
・トーストをする時間3分、盛り付け時間等を2分=提供まで5分
5個まとめてトーストできる
その他の作業を5分と仮定する。
・注文は980円のロブスターロールのみ。
・1時間で30個の提供。

すると、980円のロブスターロールを10分で5個提供できます。そしてはじき出したのがこちら。


1時間の売上=980円✕30=29,400円
1日の売上は=29,400円✕9時間=264,600円
ひと月の売上は=264,600円✕31日=8,202,600円

原材料を試算

飲食店の原価率は業態によって違いますが、海鮮つながり(?)ということで、お寿司屋の原価率を基準に考えました。お寿司屋の35%に対して高級品のロブスターを使用していること、輸入コスト等を考え、高めの50%と設定します。


売上8,202,600円✕50%=4,101,300円

人件費を試算

店の中には、3人の従業員をみかけました。店舗の広さから考えてもあと1人ぐらいでしょうか。念のため、4人で計算します。社員も一人いると想定しておきましょう。



下の記事を参照すると、外食の平均給与(上場企業)は、400万円後半~500万円代が多い。月額に案文すると年収500万円で月額41万程です。


food-doctor.jp


店員の時給を高く見積もって1,500円として、営業時間が11:00-20:00まで。休憩時間を考慮し、8時間でフル稼動と設定します。


1,500✕4人✕8時間=48,000円
1ヶ月の人件費=48,000円✕31日=1,488,000円
社員の給与を加算し合計すると
1,488,000円+410,000円=1,898,000円

家賃を試算


外観から広さを目見で計測。隣接した店舗の一角を利用していて縦長サイズでだいたい5坪ぐらいでしょうか。一等地ということで、坪5万円と想定(坪5万円は飲食店ではかなり高い単価です。)


5坪✕5万円=25万円

水道光熱費を試算


一般的に適正とされる5-7%で設定します。これも高めの水準7%で計算。


売上  8,202,600✕7%=574,182円

ざっくりと試算した結果はこちら

売上   8,202,600円
仕入  △4,101,300円
人件費 △1,898,000円
家賃  △ 250,000円
利益   1,953,300円

となりました。上記項目以外に、減価償却費、その他諸経費があるとは思いますが、大きな項目で考えるとこんなものかと思います。


売上の見込みが少し甘い気がしますが、行列ができていることを考慮したら、そこまでずれてはないと思います。5坪で月商800万で利益が190万以上というのは、かなり儲かっているといえるでしょう。私の印象では、あの広さでこの行列なのでこの数字は予想通りでした。


いかがでしたでしょうか。皆さんもこの記事を読んで気になった方は一度、足を運んでいただき、私の勝手な儲け具合をイメージながら、ロブスターロールを召し上がってもらえたら、面白いのではないでしょうか。


この記事内で算出した数値・金額については、非常にざっくりした試算のため、個人の見解も含まれています。情報に間違いがある可能性がありますので必ずご自身でご確認し、情報の活用についてはご自信の判断のもと自己責任でお願い致します。

ポッポ鳩



f:id:tentsu_media:20160915104005p:plain