関西から関東へ!飲食店出店 快進撃の秘訣とは?

「関西から関東に進出し、勢いに乗っている飲食店」をご紹介。 【とろさば料理専門店 SABAR】 鳥取にサバーランド!?クラウドファンディングの成功実例。 【ラー麺 ずんどう屋】 関西で行列のラーメンといえば! 【1ポンドのステーキ・ハンバーグタケル】 関西で肉をガッツリ食べるなら!

まいどです!大阪支店のアオエモンです。


今回は意外と知られていない、「関西から関東に進出し、勢いに乗っている飲食店」についてご紹介します。「あの有名繁盛店」が実は私のホーム、コテコテの関西発祥であるということをご存知でしたでしょうか?


とろさば料理専門店 SABAR

f:id:tentsu_media:20160715175541j:plain
まずご紹介するのは、飲食業界でサバ旋風を巻き起こしている、大注目のとろさば料理専門店SABAR(サバー)。

株式会社鯖や代表の右田氏が、あえて商品を「青森の八戸前沖とろさば」に絞り、事業に取り組んで8年。とろさば料理専門店SABARは、2015年に念願の東京進出を果たし、現在関西関東合わせて10店舗を展開しています。


今後も「サバの総合商社」を目指し、商品開発から製造・卸・販売・飲食店経営までを一貫して行う株式会社鯖や。世界初の鯖の完全養殖や海外進出など、さらなる事業展開を図っているとのこと。

右田氏は2015年1月、クラウドファンディング(※1)で資金を集め、「とろさば料理専門店 SABAR」を開業。クラウドファンディングを通して、出資者のお金を預かるという責任、オープンした店は自分個人のものではないという自覚が生まれたそうです。そこからIPO(※2)のイメージができ、はっきりとしたゴールとビジョンが見えたことで、会社の価値を上げるために今何をすればいいか、社員みんなが考えるようになったのだそうです。


今後、鳥取に「サバーランド」という鯖のテーマパークをつくる計画を進めているとかいないとか。(笑)

今話題のクラウドファンディングの成功実例とも言えますが、今後も益々鯖やのようなクラウドファンディングを使った飲食店の開業が増えていきそうですね。

(※1)クラウドファンディング:製品・サービスの開発、アイデアの実現などのために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ること。
(※2)IPO:未上場企業が市場から資金調達、知名度の向上を図り、新たに証券市場に上場する銘柄(企業)のこと

sabar38.com



ラー麺 ずんどう屋

f:id:tentsu_media:20160715180757j:plain
次にご紹介させていただく関東進出店は、今大注目のラーメン店、ラー麺 ずんどう屋。
「関西のラーメン行列店といえばずんどう屋」と言っても過言ではないくらい有名なとんこつラーメン店です。

ずんどう屋を展開している株式会社ZUNDは兵庫県姫路市が発祥。現在関西で約20店舗近く出店しており、2014年に関東・新宿に進出。今後、関東での展開にも大注目の企業です。

ずんどう屋のオーナー橋本龍八氏は、ずんどう屋を創業するまでサラリーマンとして働いていました。2001年11月、当時橋本氏が23歳のとき、関東の有名ラーメン店「中村屋」に影響を受け、自宅のコンロを改造してスープ作りを始め、勉強と研究に没頭。そして2002年4月にラー麺ずんどう屋本店(姫路市船丘町)をオープンし、その後立て続けに関西を中心に店舗を展開し、2015年には関東のみならず、海外への進出も果たしました。

オーナーの橋本氏の熱意は未だに開業当時のまま。ずんどう屋のラーメンには完成はなく、未だに改善をし続けているそうです。さらには「味」「接客」「空間」全てにお客様が満足して貰えるこだわりのお店づくりを徹底的に追求しています。
飲食店にとっては基本的なことですが、その基本的なことを追求したお店づくりが、各地で人気を呼んでいる秘訣なのかもしれません。

www.zundouya.com




1ポンドのステーキ・ハンバーグタケル

f:id:tentsu_media:20160715181309p:plain
最後にご紹介するのが、関西で肉をガッツリ食べるならこのお店、1ポンドのステーキ・ハンバーグタケル。
2015年に秋葉原に店舗を構え、関西5店舗では昼夜ともに行列をつくっているステーキハウスです。

タケルステーキの人気の理由は、何と言っても肉のボリューム!そして、調味料の豊富さ!!ソースの他にもオリジナル配合の“タケルスパイス”ほか、塩、岩塩、にんにく旨塩、ガーリックオイル、フライドガーリック、わさび、マスタードなどなど数えきれないほど豊かな調味料が自由に使えるようになっており、味付けされていない状態で提供されるステーキを自分の好みに仕上げることができます。

タケルはメニュー数も多く調味料が豊富なこともあり、ガッツリ系でありながら、組み合わせや味付けを選ぶ楽しさといった、バリエーションに富んだ味わい方ができるお店。自分はとにかくコスパ良くガッツリ肉を食べたいという人は、総重量1kgの特盛『STEAK丼』がオススメ。ただしこちらは1日5食限定であり、11時オープンからの早い者勝ちです。
このような限定メニューが楽しめるのもタケルの人気の理由かもしれませんね。
steak-takeru.jp

みなさんも関西から関東へ進出している関西の飲食店に足を運ばれ、関西の雰囲気と、人気店ならではの魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

アオエモン



f:id:tentsu_media:20160715180757j:plain