視認性ゼロ!?ピンチをチャンスに変えたオムライス専門店とは【神田たまごけん:前編】

視認性ゼロ!オムライス専門店。秋葉原で知る人ぞ知るオムライス専門店「神田たまごけん」道順案内|メニュー・全品テイクアウト可・ピクルス食べ放題|店長にコッソリ教えていただきました!美味しいオムライスの作り方、こだわりポイント 3つ【動画あり】神田たまごけんをご紹介。

f:id:tentsu_media:20160609162624p:plain
ここ最近、オムライスにハマっているガイワラです!一度ハマると通い続けるので、会社近くのオムライス専門店や洋食店では飽き足らず、都内で有名なオムライスを食べに出かけるほど。


そんな私が今日はB級グルメの激戦区と化している秋葉原でも知る人ぞ知る、隠れたオムライス専門店「神田たまごけん」をご紹介します!


◆目次



いったいどこにあるんだ!?「神田たまごけん」

皆さんは秋葉原を歩いていてオムライスの専門店を見たことはありますか?なかなか見ないですよね・・・。それもそのはずです!今回ご紹介するオムライス専門店は視認性が全く無いと言っても過言ではないからです。


では秋葉原のいったいどこにあるんでしょう?それでは秋葉原通の私が早速ご案内致しましょう~


~道順案内~


①電気街口の改札を出ます。目の前にアトレがあるのが目印です。


f:id:tentsu_media:20160606152743j:plain


②改札を出て右、UDX側(北方面)より中央通りを目指して歩き、信号を渡ります。


f:id:tentsu_media:20160607092737p:plain


③中央通りを北に向かって歩くと向かいの通りに「ドン.キホーテ」が見えてきます。


f:id:tentsu_media:20160607093105j:plain



④「ドン.キホーテ」が見えたら中央通りを挟んで反対側に「トレーダー本店」が見えてきます。ここを左に曲がります。
 

f:id:tentsu_media:20160607092515p:plain


⑤曲がりますと右側に「マルツパーツ」の青い看板が見えてきます。その手前を右に曲がります。


f:id:tentsu_media:20160607092129p:plain


⑥曲がって少し歩くとでんぱ組.incで有名な「でぃあすてーじ」が見えてきます。このPOPな絵が目印です。ここまで来たらもう少し!頑張って!


f:id:tentsu_media:20160607093850j:plain


⑦「でぃあすてーじ」を少し北に歩くと秋葉原では馴染みの「ドスパラ」があります。その反対側に最後の目印「サンクス」があります。


⑧この「サンクス」の隣から私有地に入っていきます。突き当たり左に黄色い看板が・・・見えてきました!!

f:id:tentsu_media:20160607091927p:plain


⑨「神田たまごけん」到着。


f:id:tentsu_media:20160607104110j:plain

いかがでしたか?場所はご存知でしたでしょうか?ちなみに航空写真だとこの位置です!!!(※黄色の部分です)
f:id:tentsu_media:20160606154514p:plain




改めてすごい立地にあることが分かりますよね、出店の経緯などは後ほどたっぷりとお伝えいたします!

絶品!こだわり溢れるメニューの紹介

さて「神田たまごけん」さんですが、既にこの地で1年以上お店を営業されております。オープン当初から今日までリピートのお客様で繁盛しています。私も初めて食べたときには衝撃で、それからよく食べに来てます。



それではリピートのお客さんが愛してやまないこだわりメニューを紹介したいと思います。早速店舗に入って券売機で食券を購入します♪どれもめちゃくちゃ美味しそうでワクワクしちゃいます。
f:id:tentsu_media:20160606155623j:plain



今回は定番メニュー「トマトオムライス」を頼みました。オムライスを待っている間にサイドメニューが提供されるのですが、これがまた絶品なんです。オムライスの完成を待つ間にご紹介します。

自家製スイートピクルス

f:id:tentsu_media:20160609141602j:plainf:id:tentsu_media:20160609141620j:plain

名前の通り野菜の本来の甘みを最大限に活かしつつ、マイルドな酸味でサッパリと仕上がっています。ピクルスというと、ハンバーガーに入っている“スッパイ”ものをイメージしますよね。そんなイメージを払拭したいと作ったのがこのピクルス。


なんでも、カレーには“福神漬け”、オムライスには“スイートピクルス”といった位置づけで、オムライスに合うように敢えて主張を抑える味付けにしたいと考えたところ、この味にたどり着いたのだとか。



私も酸味の強いピクルスは苦手なんですが、ハーブと柑橘フルーツで香りをつけた特製のタレに、しっかりと漬け込まれた「スイートピクルス」はついつい食べちゃいます。だって・・・。食べ放題なんです!!!!!
※券売機で購入すれば、テイクアウトもできます。



特性オリジナルスープ

f:id:tentsu_media:20160609141659j:plain

このスープはラーメン屋で修行していた経緯を持つ店長が、ラーメンのスープに使う具材をダシにしてオニオンスープと融合させた完全オリジナルスープです!1回までならおかわりもできます。ちなみに店長曰く、“フュージョン”ではなく“タラ”によるものと言ってました。言いたいことはなんとなくわかりますけど・・・  なに言ってんすか?


コダワリはタマネギなどの野菜をソフリット*1という手法を参考にして香ばしさを引き立ててるそうです。


私は本当にこのスープが大好きでいつもおかわりしています。味付けは、鶏がらにバター、醤油、コンソメ・・・。隠し味は・・・。ここでは掲載できませんので、是非店頭で確かめてください。ここでしか味わうことができないオリジナルスープをご堪能いただけます。



トマトオムライス 720円


f:id:tentsu_media:20160607105451j:plain


じゃーん!!


f:id:tentsu_media:20160607105629j:plain

お待たせしました!見てくださいこのとろふわ感!すぐにでも崩れそうなぐらいトロトロです!いや~このとろふわ感たまりませんな~!


香ばしいケチャップライスとトロットロのたまごのベール、そこに素材の甘みを引き立たせる、酸味の利いたトマトソース。このコンビネーションはまさにオムライス界のMSNや~・・・
MSN:バルセロナのメッシ(M)・スアレス(S)・ネイマール(N)の略称です。


ある番組のコメンテーターは「ノムライス」と命名されたそうです。まさに「ノムライス」ですね!トマトオムライス以外のメニューも絶品ですので是非ご堪能しに行って下さいね!!


トマトハヤシオムライス

f:id:tentsu_media:20160607110859j:plain
このハヤシソースは3日間寝かせてあって濃くが深い絶品ソースなんです!手間暇かけて作るので愛着が湧くそうで、店長もイチオシのメニューです。「ひとつの味じゃ満足できない!」という方は、このWソースのオムライスをご賞味ください。一度で二度おいしいお得なメニューです。

他にも期間限定メニューや季節限定メニューなど来る人を飽きさせないメニュー展開がありますので行く前に是非下記ブログで最新の情報を入手して行ってみて下さい!
オムライス専門店「神田たまごけん」のblog
               


必見!美味しいオムライスの作り方

オムライスをおいしく頂いたところで、このオムライスを作っている店長にコッソリと「たまごけん流」美味しいオムライスを作るコツについて、今回特別に3つだけ教えていただきました!

コダワリPoint!その1:具材はカリカリに炒めるベシ!

f:id:tentsu_media:20160607111529j:plain

少し多めの油と強めの火力がコツ。短時間で一気に炒めることにより旨みを閉じ込めます。また、具材をカリカリにすることにより香ばしさが増し、美味しさを最大限に引き出すことができるそうです!


火があまり入っていない、ちょっとベチャっとしたベーコンが入った、昔ながらなオムライスもいいですが、こうしてしっかりと炒めるオムライスは意外と多くないのかも・・・



コダワリPoint!その2:ライスを入れたら素早くフライパンを振るベシ!

f:id:tentsu_media:20160607112702j:plain

炒めた具材にライスを入れ、特製のトマトソースを加えたら準備完了です!フライパンを振ります!画像ではこの迫力は伝わりづらいので動画をご用意しました。


【オムライス作成中@横山店長】
youtu.be



まさにプロ技。これまで、何百、何千、何万食と作り続けてきたベテランの技がそこにはありました。まるでチャーハンのようにパラパラとしたチキンライスは、香ばしい匂いと相まって私の食欲中枢を刺激します。
(先ほどオムライスを食べたばかりなのに・・。)


コダワリPoint!その3:卵は混ぜ過ぎずに短時間で火に通すベシ!

最初にたっぷりのバターを溶かして、フライパンを温めます。


f:id:tentsu_media:20160607114343j:plain


そこに素早く溶き卵を入れ、少しかき混ぜる


f:id:tentsu_media:20160607113810j:plain


火の入り具合を確認して、程よい半熟加減で火から下ろす


f:id:tentsu_media:20160607113838j:plain


ここが一番重要なところです!あのとろふわ感を出すにはかき混ぜ過ぎないことが大切だということです!良く作っている姿をみると、ぐちゃぐちゃとかき混ぜている人を見かけますが、アレは誤りだったのですね。勉強になりました。


最後に出来立てほやほやのオムライスの写真でお別れしましょう。
f:id:tentsu_media:20160607133948j:plain


経営の秘密に迫る!?後編はこちらよりご覧ください!

www.tenpo.biz

ガイワラ


f:id:tentsu_media:20160607105451j:plain

*1:ソフリットは、香味のある素材を調理用油脂で炒めて作られる料理の基礎である