ファーストキッチン、本場米国のメニューをそのまま国内販売!

▽この記事の要約▽本場ウェンディーズで人気の「BIG BACON CLASSIC」を国内で発売するアメリカンテイストのガツンとした食べ応えが魅力コロナ禍で自由に渡航できない今に応える米国に行かずともあの味が楽しめる!ファ […]

▽この記事の要約▽

本場ウェンディーズで人気の「BIG BACON CLASSIC」を国内で発売する

アメリカンテイストのガツンとした食べ応えが魅力

コロナ禍で自由に渡航できない今に応える

米国に行かずともあの味が楽しめる!

ファーストキッチン株式会社は、同社の展開するウェンディーズ・ファーストキッチンコラボ店舗において、本場・米国のウェンディーズで人気の高い「BIG BACON CLASSIC(ビッグベーコンクラシック)」の国内販売を4月15日より開始している。

「BIG BACON CLASSIC」は、2020年1月に米国で復刻発売されたWendy’sのクラシックメニューで、今回ネーミングもそのままに、本場の味を届けるべく、日本での発売が決定された。アメリカン要素たっぷりなバーガーとして、その味わいを堪能してほしいという。

カリカリ食感のベーコンがポイント

商品最大の特徴は、アメリカンスタイルのカリカリ食感に仕上げたベーコンだ。ジューシーで肉感たっぷりのビーフ100%肉厚パティとの相性も抜群で、アップルウッドスモークの燻香が楽しめる。

ほのかに甘く、やわらかく広がる燻製の香りと深い味わいに、新鮮な野菜やチーズもたっぷり加わって、満足感の高い食べ応えあるバーガーとなった。

バンズにもこだわり、看板商品の「ウェンディーズバーガーUSA」と同じ、しっとりと引きのある、艶やかなパンを用いている。

今は国内で海外の味を楽しむ

日本独自の発展を遂げたハンバーガーがある一方で、近年は米国仕込みの本格バーガーを楽しむ文化も浸透してきた。ファンの裾野は広がっており、今回の国内発売に心惹かれる消費者も多いだろう。

コロナ禍の今、かつてのように自由に海外旅行を楽しむこともままならない。せめて食で本場の空気を感じたい、満たされたいと思う消費者ニーズに応えていくのは、この危機を乗り切る一案かもしれない。

店通編集部