緊急事態宣言が解除後「花見をする」32.3% 「したいが自粛する」は22.7%

▽この記事の要約▽緊急事態宣言解除なら「飲食店で食事や宴会」を「する」が32.3%「戸外で食事や宴会」が89人、「飲食店で食事や宴会」が21人花見をする場合の感染対策、「人数を絞る」が233人緊急事態宣言が解除されたら花 […]

▽この記事の要約▽

緊急事態宣言解除なら「飲食店で食事や宴会」を「する」が32.3%

「戸外で食事や宴会」が89人、「飲食店で食事や宴会」が21人

花見をする場合の感染対策、「人数を絞る」が233人



緊急事態宣言が解除されたら花見を「する」は32.3%

株式会社カクヤスが2月18日から23日にかけて、カクヤスメールマガジンに登録しているユーザーを対象(回収サンプル数:1,198)に、「今年の花見の予定やその行い方についてのアンケート調査」を実施、その結果を3月15日に発表した。

同調査において『緊急事態宣言が解除された場合、今年は花見をしますか。』という質問をしたところ、「する」が全体の32.3%、「花見をしたいが自粛する」が22.7%、「しない」が22.5%などとなった。


『今年の花見について、どう思われますか。』との質問では、「やるべきではない」が45.2%、「感染対策を行えばやってもよい」が32.6%などという結果が得られている。

「戸外で食事や宴会」、「飲食店で食事や宴会」で花見も

『緊急事態宣言が解除された場合、花見をすると答えた方は、どのような花見をしますか。』と質問をしたところ、「散策、鑑賞」が302人で最も多く、「戸外で食事や宴会」が89人、「飲食店で食事や宴会」が21人などと続いている。


『緊急事態宣言が解除された場合、花見をすると答えた方は、どのような感染対策を行いますか。』と聞くと、「戸外で行う」との回答が最も多く282人で、「マスクやフェイスシールドをつける」が247人、「人数を絞る」が233人などとなっていることが分かった。

デリバリーなどのメニュー拡充で売上の増加も

同調査における記述回答では、「友人とはオンライン飲みで、ホテルの豪華なテイクアウトやデリバリー、通販などで盛り上がる」や、「ネットで、地方の名産料理やつまみなどと銘酒をお取り寄せ。少し豪華なものを用意して、家で動画をみながらエアー旅行(花見)をする」など、宴会を楽しみにしており、今年ならではの花見をしたいという意見も目立った。

飲食店などは、テイクアウトやデリバリーなどの注文が増えることが予想されることから、メニューを拡大して売上の増加を図りたいところだ。

店通編集部