2020年「今年の一皿」は「テイクアウトグルメ」に

ぐるなび総研が「今年の一皿」に「テイクアウトグルメ」を選定した コロナ禍の今年、テイクアウト市場が大きく進化したことが選定理由 テイクアウトは新しい日本の食文化として定着する兆しがある 「今年の一皿」は「テイクアウトグルメ」株式会社ぐるなび総研…

ぐるなび総研が「今年の一皿」に「テイクアウトグルメ」を選定した

コロナ禍の今年、テイクアウト市場が大きく進化したことが選定理由

テイクアウトは新しい日本の食文化として定着する兆しがある




「今年の一皿」は「テイクアウトグルメ」

株式会社ぐるなび総研(以下、ぐるなび総研)が、2020年「今年の一皿」に「テイクアウトグルメ」を選んだ。

「今年の一皿」は、優れた日本の食文化を保護・継承するため、ぐるなび総研が開始したもので、その年に流行または話題になり、その年の世相を反映しており、食文化の記録として後生に受け継ぐ価値があるという条件を満たしているものを選定するものである。

ちなみに昨年は「タピオカ」が選ばれた。

他にノミネートされたのは、「シャインマスカット」「代替肉」「ノンアルコールドリンク」だった。

コロナ禍で大きく進化したテイクアウト市場

2020年は、コロナウイルス感染拡大による影響から、多くの飲食店でテイクアウトを開始した。


新しい生活様式が始まり、在宅時間が増え、消費者からは飲食店を支援したいという動きもあり、おうちにいながらプロの味が楽しめるテイクアウトの需要が高まりをみせた。

店舗側も事前予約・決済や店頭以外での購入など、利用しやすいシステムづくりの構築に努め、テイクアウト市場が大きな進化を遂げた。

この流れは、新しい日本の食文化として定着するとみられることなどから、「今年の一皿」として選定された。

他にノミネートされた「代替肉」「ノンアルコールドリンク」は、在宅時間の増加による、健康志向の高まりから注目が集まったもので、今年の世相を反映している。


「シャインマスカット」は、外出・外食を控え我慢が続く中、せめてもの贅沢として楽しむ高級スイーツや、手軽に家で味わうデザートとして人気を博したもので、こちらも2020年ならではのものである。


コロナ禍での飲食業界にとって大きな財産に

コロナウイルス感染拡大で大きな打撃を受け、暗いニュースが多かった飲食業界だが、テイクアウトの市場規模が広がったことは、今後のために、大きな財産として残るものと考えられそうだ。

店通編集部