ひな祭りとは?ひな祭りの由来や雛人形の飾り方、食べ物の意味や献立レシピ

3月3日はひな祭り・桃の節句です。ひな祭りは五節句の内の1つに数えられていますが、どのような行事なのでしょうか?ひな祭りの起源や由来から、雛人形を飾る際に毎回悩むお雛様の並べ方。雛人形の正しい左右の位置とは。雛人形の見分け方や、飾り方を含め雛人形についてご紹介します。また、ひな祭りの行事食、菱餅、ひなあられ、ちらし寿司に隠された意味とは。お家で簡単に作れるひな祭りの献立レシピもご紹介します!

ひな祭りとは?日本では3月3日をひな祭り・桃の節句とし、女の子が健康に成長できるよう祈る伝統的な年中行事です。
ひな祭りが近づくと、デパートなどでは雛人形ひなにんぎょうが販売され、スーパーではひなあられなどのひな祭りに縁のある食べ物が、ひな祭りの歌をBGMに並べられます。
毎年行事の1つとしてなんとなく過ごしていますが、実際ひな祭りとはどのような行事なのでしょうか?また、ひな祭りには何を食べればよいのでしょうか?
雛人形を飾る際に毎回悩んでしまう並べ方や飾り方とともに、ひな祭りについてご紹介します。

 

ひな祭りとは?ひな祭りはどんなお祭り?ひな祭りの起源や由来


ひな祭りとは?

ひな祭りとは「桃の節句」とも呼ばれ、五節句のうちの1つである上巳(じょうし)の日、つまり3月3日の節句祭りのことです。
五節句は、年に5回ある季節の節目となる日であり、古くは伝統的な年中行事を行う日でもありました。1月7日の七草粥を食べる人日(じんじつ)の節句や、「こどもの日」と言われる5月5日の端午(たんご)の節句も五節句の1つです。5月5日がかぶとなどを飾り男の子の健やかな成長を祈る日であるように、ひな祭りは雛人形を飾り女の子が健康に成長できるように願う女の子のお祭りとされています。
 

ひな祭りの起源や由来

ひな祭りの起源や由来については諸説ありますが、他の五節句同様中国から伝わったと考えるのが一般的です。中国では古くから川で身を清める習慣がありました。一方日本でも、けがれを払う災厄よけとして、紙などで作った人形で体をなで、その人形を川に流す「流し雛」のルーツともいわれる風習がありました。
また、平安貴族の子供たちの中で、今で言うおままごとのような小さくてかわいい「雛(ひな)」と呼ばれるお人形で遊ぶ人形遊びが流行っていました。
それらの習慣などが混じり合い、現在のひな祭りの形になったと考えられています。
 
昔は紙などで作られていた雛人形ですが、今のように豪華になっていったのは技術が発展した江戸時代とされています。豪華になるにつれ、川に流すということも減っていき、代わりに嫁入り道具の1つとして数えられるようになりました。それ以降、大道具・小道具と増え、各地域の特色を取り入れながら発展してきたのです。
 

雛人形の飾り方とは?お殿様とお雛様の位置は?


雛人形を飾る際、悩んだことはありませんか?特にお殿様やお雛様など雛人形の並べ方、かわいい小物の飾り方などは毎回考えてしまいがちです。
年に一度しか雛人形を飾る機会がないということもありますが、参考にしたものによって書かれていることが違う!なんてことも多々あるからです。なぜ、そんなことが起きるのか。それは雛人形の飾り方は、地域によって違うから。とは言っても、ある程度決まりがあるので、ここでは一般的な雛人形の飾り方・並べ方などをご紹介します。
 
※ひな祭りの時期によく流れる童謡『うれしいひなまつり』で、「お内裏様とお雛様二人並んですまし顔」という歌詞があるため男雛のことを「お内裏様」と呼んだりもしますが、実は「お内裏様」という言葉は男雛と女雛の二人を合わせて指す言葉だったりするので、厳密な使い方としては間違っています。
 

京都雛と関東雛で違う、雛人形の並べ方


 
◎京都雛
向かって右に男雛、左に女雛
 
◎関東雛
向かって左に女雛、右に男雛
 
なぜ、上記のように雛人形の並べ方に違いが生じたのでしょうか?
それは、かつて宮廷では位が高い方が左側に座るという風習があったからだと考えられています。そのため京都雛では「帝」の象徴でもある男雛が左側に座り、「妃」である女雛が右側に座るような並べ方をされるようになりました。
一方、関東では大正時代頃から浸透した、右上位という国際基準に則った並べ方をされています。現在、一般的に広く販売されているのは関東雛の方が多いようです。
 

お殿様とお雛様以外の雛人形とは?並べる際の見分け方

雛人形は、お殿様やお雛様以外にもさまざまな人形がいます。
飾るスペースなども考慮し、現在では男雛と女雛の一対を飾る「親王飾り(二人雛・二人飾り)」が最もポピュラーですが、三段飾り、五段飾り、もっとも豪華な七段飾りまであり、七段飾りを飾った場合、飾られる人形が全部で15人となるので十五人飾りとも呼ばれたりします。
七段飾りの場合、一段目に男雛と女雛、二段目に三人官女、三段目に五人囃子、四段目に随身、五段目に仕丁を並べ、六段目と七段目には駕籠(かご)や御所車、お化粧道具などの嫁入り道具が飾られます。
では、どのような雛人形があるのか詳しく見ていきましょう。
 
◆三人官女(さんにんかんじょ) / 二段目
三人官女が手に持っている物は、向かって右側から盃に酒を注ぐ「長柄(ながえ)」、祝儀の飾り物である「島台(しまだい)/三方(さんぽう)」、鍋に似た形の器「提子(ひさげ)/銚子(ちょうし)」となっています。
島台を持っている中央に飾られる官女は、座っていることが多いです。
後宮や后妃の私生活のお世話をするために仕える侍女であり、宮廷行事や節会には給仕につくこともあったようです。
 
◆五人囃子(ごにんばやし) / 三段目
向かって右側から、扇を持った「謡(うたい)」、「笛/能管(のうかん)」、「小鼓(こつづみ)」、「大鼓(おおつづみ)」、「太鼓(たいこ)」と並べます。右側から順に楽器が大きくなっていくと覚えておくと良いかもしれません。
元服前の少年楽師を模しているため、髪の毛は結んでおらず、少年ならではの髪型となっています。
雛人形によっては囃子ではなく、雅楽(ががく)の楽人であることもあります。
 
◆随身(ずいじん) / 四段目
俗称左大臣と右大臣と呼ばれ、向かって右側が左上位とされ、年配のお髭の生えた武官束帯姿の人形が並べられます。左手に弓、右手には矢の羽根の部分を下にして持っています。背負わせる矢の羽根は左の肩からのぞくようにします。
持ち物から二人とも武芸に秀でた人物であることが伺いしれますが、服装から左近衛中将と右近衛小将と呼ばれることもあります。
 
◆仕丁(しちょう) / 五段目
向かって右側から「箒(ほうき)」、「沓台(くつだい)/ちり取り」、「熊手」を持たせます。基本、関東雛は沓台を、京都雛はちり取りを持っています。片袖に色がついている場合は、色がついている袖を外側になるように並べます。
実はこの仕丁、無報酬で働かされているため、他の雛人形より泣きそうな顔をしていたり、怒った顔をしていたりと感情豊かに作られることが多いです。
 
◆嫁入り道具・御輿入れ道具 / 六・七段目
雛人形飾りをより豪華にしているミニチュアの調度品。これは大名家の嫁入り道具を表しています。箪笥(たんす)や針箱、鏡台、茶道具とその当時の武家の子女の暮らしを伺いしることができます。
また、婚礼行列の際の必須アイテム、駕籠や牛車なども忠実に再現されています。
実際の嫁入り道具には、その家の家紋を入れてあったため、昔は雛人形の嫁入り道具にも家紋を入れて作ったりしていました。

ひな祭りの食事とは?献立に悩んだ時に役立つ行事食の簡単レシピ

ひな祭りの食事とは?とんな食べ物が食べられる?


ひな祭りというと、可愛らしいお雛様やお殿様ののったケーキを食べる人も多いのではないでしょうか?
しかし、ケーキが一般に広がったのは、ひな祭りの長い歴史を考えると割と最近です。では、昔は何を食べていたのでしょうか?
ここでは、ひな祭りの時に食べる行事食についてご紹介します。
 
◆菱餅(ひしもち)
基本菱餅は、上から赤(桃色)、白、緑色の順番になっています。緑色の部分は草もちで、春の七草である御形(ごぎょう)や、生命力の強いよもぎの新芽を摘んで作ることで厄をはらう力があるとされています。実は、昔の菱餅は緑色の部分だけでした。
しばらくしてから、子孫繁栄や長生きの実とされる菱の実を使って作った白色の部分が増え、明治時代になってから魔除けの色として知られている赤色が加わり、現在の3色の菱餅ができあがりました。
 
また、菱という植物は水面に広がって繁ることから、昔から健やかな成長や繁栄のシンボルとされてきました。そこから菱形になったと考えられています。
 
◆ひなあられ
菱餅と同じ配色で作られ、気軽に食べられるため最近では菱餅よりポピュラーになっているひなあられ。そんなひなあられにも意味がこめられています。
 
実はひなあられには、大きく分けて2種類の味があります。1つは、関東を中心に主流となっているポン菓子を砂糖でコーティングして作った甘い味のもの。そしてもう1つは、関西を中心とした塩味のおかきです。雛人形に関東・関西で違いがあるように、ひなあられにも違いがあるんですね。
 
また、ひなあられには3色のものと4色のものがあり、それぞれの色に意味があるのでご紹介します。
 
◎3色のひなあられ(赤・白・緑)
菱餅と同じ色、3色です。
赤は「生命エネルギー/魔除け」、白は「雪の大地のパワフルさ/清浄」、緑は「新芽が芽吹く広大な大地/健康」を表し、自然のエネルギーを一身に受け健やかに成長するようにという願いが込められています。
 
◎4色のひなあられ(赤・白・緑・黄)
赤・白・緑の3色は変わらず、それに黄色が加わります。
4色は春夏秋冬を表していると考えられており、赤は花の咲き誇る「春」、緑は新緑が生い茂る「夏」、黄色は紅葉色づく「秋」、白は雪化粧で大地を覆う「冬」をイメージしています。春夏秋冬、一年を通して健康に成長できるようにという願いが込められています。
 
3色にせよ、4色にせよ、子の成長を願う親の愛が感じられますね。
 
◆ちらし寿司
昔、お祝いごとの際に提供されていた「なれ寿司」が「ばら寿司」、「ちらし寿司」と変化したと考えられています。
さまざまな具材が入って、彩り豊かなちらし寿司ですが、縁起物である具材が多く使われています。
腰が曲がるまで長生きできますようにという願いが込められた「エビ」、健康でまめまめしく働けるようにという意味がある「豆」、遠くまで見通せるようにという思いがこもった「レンコン」などが代表的です。お祝いの雰囲気の色濃いちらし寿司ですが、将来食べるものに困りませんように、といった願いも込められています。
 
◆はまぐりのお吸い物
はまぐりの旬は2月~4月頃と、まさにひな祭りの時期にやってきます。
また、はまぐりの2枚の殻は対になっており、対になっている貝以外とは絶対にかみ合わない作りになっています。そこから、夫婦の仲の良さを表す象徴となっています。一生一人の相手と仲良く添い遂げるようにという願いが込められており、結婚式の様子を表したひな祭りにはもってこいの食材です。
 
また、昔は農作業が始まる前の時期である旧暦の3月3日に「磯遊び(いそあそび)」という、海辺や河原などで草もちや貝料理を食べる風習がありました。この磯遊びの時期と重なっていることもあり、貝を材料にした料理が行事食として取り入れられたと考えられています。
 

ひな祭りの行事食番外編、桃の花の意味は?なぜ桃の花なのか!?


◆桃の花
古来中国では、桃は邪気や悪霊などの穢れを払う力のある神聖な樹木とされていました。桃の花を供えるのは、桃の花が持つ魔除けの力をもって、農作業の始まる大事な季節に悪いものを払い、豊作を祈る気持ちが込められています。
長寿の力もあると信じられていた桃の花は古くから親しまれ、人々の生活に根付いていました。その1つの例として、鬼を退治する「桃太郎」は、その名の通り「桃」の力に由来しています。
 

ひな祭りの行事食。お家で作れるひな祭りの伝統食「はまぐりのお吸い物」簡単レシピ

はまぐりのお吸い物-4人分-

  • はまぐり8個(お好みで調整可)
  • みつば適量
  • 600ml
  • だし昆布6グラム
  • 小さじ1/3
  • しょうゆ小さじ1/4
  • ◆砂抜き用 水1リットル
  • ◆砂抜き用 塩大さじ2
  1. バットなどの平らな容器に塩水を入れ、はまぐりの頭が少しでるように浸け、アルミホイルなどをかけ冷暗所で砂抜きをする。海の中と同じ状況を作ることで砂をはきやすい状態をつくり、5時間程おく。
  2.  
  3. 砂抜きが完了したはまぐりを水も塩も入れていないバットに入れ、再度アルミホイルなどをかぶせ1時間程冷暗所に置いておき塩抜きをする。
  4.  
  5. 鍋に水と昆布、水ですすいだはまぐりを入れてじっくりと弱火にかけ、アクをとる。昆布は、沸騰したら取り除く。
  6.  
  7. はまぐりが開いたら火が通ったということなので、煮立たせないよう注意する(貝の身が固くなるのを防ぐため)。
  8.   
  9. 塩としょうゆで味付けをし、お椀に盛り付け、みつばを飾れば完成!

これって本当!?雛人形を片付ける時期は?


よく、「ひな祭りが終わったら雛人形をすぐに片付けないとお嫁に行き遅れる」と聞きますが、これは本当なのでしょうか?すぐに片付けるといっても、いつまでに片付ければよいのでしょうか?
 
実は、この説に根拠はありません。ただ、災厄の身代わりになってくれる雛人形をいつまでも置いておくのはよくないという考えや、片付けのしつけという観点からそのように言われるようになりました。ひな祭りが終わった3月4日に必ず片付けなくてはいけないわけではないので、安心してください。
片付けるタイミングとしては、一年間閉まっておく雛人形に湿気が残ることがないよう、3月の天気の良い日に片付けるのが良いでしょう。
 

まとめ

ひな祭りの雛人形や食事には子供の成長や幸せを願う、想いがたくさんこめられていることが分かりました。
家族の健康と幸せを願いながら、今年のひな祭りはひな祭りの行事食でもあるはまぐりのお吸い物を作って、家族で食卓を囲んでみてはいかがでしょうか?
雛人形を飾りながら、それぞれの人形がどのような役割の人形なのかに思いを馳せるのも面白いかもしれません。

Ms.小わっぱ

 

◆参考文献◆
『坂本廣子のつくろう!食べよう!行事食 ①正月から桃の節句』少年写真新聞社
『日本の心を伝える年中行事事典』岩崎書店
 

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になった方々に、おすすめの記事はこちら。
まだお読みでない方は、ぜひお読みください。