飲食店の新しい採用方法とは?人材マッチングサイトで求人の費用削減を

飲食店での人材マッチングサイトとは、飲食店で働きたいと思っている人と、人材不足で困っている店舗を結びつけるサイトのこと。人材マッチングサイトのメリット・デメリット、デメリットの対策や、人材マッチングサイトからのアルバイトを直接雇用して人件費を削減する利用方法をご紹介します。

日本では、若者や中堅社員に該当する44歳以下の労働人口が減少していることから、飲食業界でも人材確保が難しくなってきています。また、学生アルバイトは期間限定で働く場合も多いため定着率も低く、慢性的な人材不足に悩む店舗も少なくないでしょう。

そんな中、追い打ちをかけるのが急な欠員問題です。アルバイトが急に体調不良や諸事情で休めば、穴を埋める人材の確保に急がなくてはなりません。しかし、安易に非番となっているスタッフに出勤を頼むのは、従業員の不満へつながり退職となる恐れもあるため多用はできません。

そこで本記事では、このような飲食業界の人材問題を解消する手段として、雇いたい店舗と働きたいスタッフをつなぐ「人材マッチングサイト」についてご紹介します。

人材マッチングサイトとは?

飲食店における人材マッチングサイトとは、飲食店で働きたいと思っている人と、人材が不足して困っている店舗を結びつけるサイトのことです。人材マッチングサイトの使いやすい点は、この雇いたい側と働きたい側のニーズが上手くマッチングしていることにあります。

人材マッチングサイトを活用するメリットは、急な人材不足に対応できるのと、上手くいけば働いてくれたスタッフを長期スタッフとして直接雇用するきっかけになることです。

どんな人が来るかわからないという不安が生じたり、短時間で業務を教える時間がないなどデメリットに感じる部分もありますが、人件費の削減に貢献できる可能性があります。

それでは次に、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

人材マッチングサイトのメリット

急な人手不足の時でも、時間帯とタイミングさえあえばすぐに人材を補充できるのが人材マッチングサイトの魅力です。それでは、メリットをみていきましょう。
 

当日でも人員の補填が可能に

使用するサービスの規模やエリアにもよりますが、前日や当日に募集をかけても働き手を見つけられる可能性があるため、「今日どうしても人手が足りない」といった際にも活用できます。
また、求人掲載は無料で、募集人数や支払い給与に応じた成果報酬を受け取るという形態のサービスが多いのも特徴で、コスト面も安心して利用できます。
 

繁忙期など、スポットだけでなく期間で活用できる

急な人材補充が必要な日だけスポットで採用するのではなく、繁忙期のような一時的なピークを迎える時期を見越して、ある程度長期で活用することもできます。飲食店が繁忙期シーズンを迎える時は稼ぎ時だと考えているアルバイト希望者も少なくありません。

また、このように長期で活用する場合は、働き手に「アルバイトのリピーター」となってもらうことができれば、さらに業務が回しやすい環境をつくることができます。店舗と常駐スタッフにて働きやすい環境をつくることも大切になってきますが、繁忙期にリピートの働き手に入ってもらうことで、スムーズな店舗運営が可能となるでしょう。
 

引き抜きで直接雇用することも可能

人材の単発的な補充にとどまらず、良い人材がいればそのまま引き抜いて直接雇用することができるサービスが多いのも、大きなメリットのひとつです。
実際に働いてもらうことで、店舗も働き手もお互いの相性や働きやすさをみることができ、長期での採用につなげることができれば、求人掲載のコストカットにもなります。

定期的に人材マッチングサイトを使い続けるのは、覚える業務が多い店舗では少々難しいことかもしれませんが、採用活動として効果的な使い方となり得るでしょう。
 
人材マッチングサイトのデメリットと対策

人材マッチングサイトのデメリットと対策

人材マッチングサイトのデメリット

人材マッチングサイトは、必要な時だけ人員を増やし、直接的な雇用を結ぶわけではないので人材コストを抑えられますが、メリットばかりではありません。

一番のデメリットとしては、働き手にどのくらいのスキルがあるのか、他の従業員との相性に問題はないかといった部分は、勤務当日までわからないことが挙げられます。直接雇用の場合は、教育期間を設けること前提で雇用するなどのスケジュール管理が可能ですが、人員補充要員となれば話は別です。
履歴書やデータ上で最低限の情報は確認できたとしても、実際に会ってみなければその人がお店の業務をこなせる人材なのかはわかりません。

特に忙しい時に、頼りになるベテランスタッフが休みになった場合、単純に人を増やしただけではベテランスタッフの代わりを務めるのは難しく、反対に手間をとられてしまうケースも考えられます。

その日だけのスポット人員と割り切って働いてもらう場合には、簡単な仕事だけしか任せられない場合が多くなるでしょう。飲食業界であまり働いたことのない人が来る場合もあるので、その点も気をつけておきましょう。

デメリットに対する対策

ただ、使用する人材マッチングサイトの選び方に気をつければ、上記のようなケースを防げる場合もあります。
例えば、「SukimaWorks(スキマワークス)」という人材マッチングサイトでは、登録者10万人のうち、85%が飲食小売軽作業の経験者です。
接客・販売・軽作業の単発アルバイト求人掲載ならスキマワークス
 
このように、飲食店経験者が多く登録をしているマッチングサイトを選ぶことで、ある程度飲食店での動きや勝手をわかっている働き手が来る確率は上がります。
またその他にも、任せる仕事をあらかじめ決めておく、初見でもわかりやすいマニュアルを作成しておくなどの工夫を行うことで、人材マッチングサイトをうまく活用しましょう。

人材マッチングサイトで採用コストダウンを狙う

メリットのところでも少し解説しましたが、人材マッチングサイトをきっかけに、利用者を直接雇用できる可能性もあります。

そのことを考えると、長期的な採用活動として求人広告費をかけるよりも、積極的に人材マッチングサイトを活用し、実際に働く姿を見て採用に活かすことができれば採用コストの削減にもつながります。

例えば人材マッチングサイトの「Wakrak(ワクラク)」では、月間40万円かけて掲載型の求人広告を出していた飲食店が、マッチングサービスを利用して人材を集めた結果、40万✕4ヶ月分の160万円のコスト削減を実現した、という事例が紹介されています。
デイワークアプリ”ワクラク”|一日単位のアルバイト求人サービス
 
このような事例から、マッチングサービスの利用は採用コストを削減したい店舗との相性も良いと言えます。

人材マッチングサイトは新しい求人方法のため、活用している店舗はまだ多くはないでしょう。ただ、飲食店だけではなく人材不足に悩む多くの業界で徐々に受け入れられ、活用され始めています。
人材マッチングサイトは、人材不足の解消となるとともに、飲食店にとって重い負担となる人件費・採用コストの削減も同時にできる可能性も秘めているのです。

まとめ

人材の問題に関しては、信頼のおける従業員のみで運営していても、急病や諸事情にて欠員が起こるといった場合が発生します。

店舗の業態や仕事内容によっては、スポットで仕事を頼むということが難しいお店もあるでしょう。しかし、普段お店のことを考えて働くスタッフのためにも、どんな時でもお店を営業できるようにリスクヘッジをしておくことも必要です。

まだ人材マッチングサイト使ったことがないという方は、人材不足問題を解消する一つの手段として、まずは試してみてはいかがでしょうか。
 

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になった方におすすめの記事はこちら。
まだお読みでない方は、ぜひお読みください。
 

店通編集部