POSレジとは?飲食店におすすめのPOSレジ比較!利益アップにつながる売上管理や商品戦略術

POSレジとは、さまざまなデータ管理機能を備えたレジのこと。POSレジのメリットは、売上予測を立てられる・業務の効率化がアップする・多店舗展開で一元管理できる・不正の防止になる、などが挙げられます。おすすめのPOSレジとして、無料プランがあり導入費用の負担が少ない、省スペースなタブレット型のPOSレジに焦点をあててご紹介します。

飲食店の利益をアップさせるためには、お店のデータ分析が非常に有効です。そんなデータ分析を助けてくれるツールのひとつが、POSレジ。
今回は、飲食店ではもはや必須のツールとも言えるPOSレジについて解説していきます。

POSレジとは

POSレジとは、さまざまなデータ管理機能を備えたレジのことです。POSとは「Points Of Sales」の略で、日本語では「販売時点情報管理」と訳されます。
具体的には、POSレジを使うことによって会計業務のほかに、お店の売上や販売した商品の内容、顧客情報などを細かく管理することが可能です
 
現在はインターネットの普及により、POSレジはさらなる進化を遂げています。売上や顧客情報、在庫などのデータはクラウド上で管理されるようになり、省スペースで導入コストの低いiPadなどを活用したタブレット型のPOSレジも登場しています。

今やPOSレジは、お店の経営戦略を考える上で欠かせない重要なツールのひとつとなっています。

POSレジでできることとは?POSレジを導入するメリット

先ほどPOSレジにはお金の管理以外の機能があるとご紹介しましたが、実際にPOSレジを導入することで飲食店はどんなメリットを得られるのでしょうか。以下で確認していきましょう。
 

売上予測を立てたり、メニュー改善に活躍

POSレジの最も大きな強みは、データ収集機能があることです。どんな商品が、どの時間帯に、どういった層に売れているのか。このような細かなデータ分析を行えるため、お店の売上予測やメニュー改善を考える際に大きく役立ちます。
 
たとえば、閑散期・繁忙期など、月によって上下する売上でも、前年と比較すると売上予測を立てやすくなります。
また、注文数の少ない商品はメニューから外し、食品ロスを防ぐといった活用方法もあります。
 

業務の効率化アップ

POSレジには、売上の集計や顧客データの分析などを自動で行う機能があります。商品価格はレジにあらかじめ登録するため、金額入力の手間が省けて会計はスムーズになります。このような機能を使うことで、これまでその作業に要していた人件費や時間を削減することができます。

また、POSレジの多くはクラウド管理に対応しているため、インターネット環境さえあれば場所を選ばず、自分のスマートフォンやタブレットから売上データなどをリアルタイムで確認することも可能です。
 

多店舗経営での一元管理

POSレジはクラウド管理によって、簡単にデータの共有ができます。そのため、多店舗展開している飲食店では、店舗同士の売上比較や顧客情報などを一元管理することが可能です。

各店舗の売上情報をまとめて本部にそのデータを送る、という作業が不要になるので、現場でデータ管理をする従業員と本部管理職の双方にメリットがあるといえます。
  

不正の防止

POSレジを使用した際には、利用履歴が残ります。レジの使用にはアカウントの作成や利用者番号の入力が必要なので、誰がどんな操作をしたのかをレジの履歴から確認することが可能です。

これによって不正を防止する効果が見込めます。「POSレジを使っているので利用履歴が残る」ということを従業員に周知するだけでも、不正防止の効果は十分に期待できるでしょう。また、ミスをした人もわかることから、従業員が緊張感をもって業務にあたるという効果も期待できます。
おすすめのPOSレジ紹介

おすすめのPOSレジ紹介

現在は、さまざまなタイプのPOSレジが登場しています。ここではその中でも、無料プランがあり導入費用の負担が少ない、省スペースなタブレット型のPOSレジに焦点をあててご紹介していきます。

●ユビレジ

【月額プラン(税抜)】
・ユビレジお試しプラン:0円
・ユビレジプレミアムプラン:6,900円
・ユビレジハンディとセットの飲食店向けオプション:8,400円

こんな店舗におすすめ!
・導入が楽なものが良い
・直感的に操作できる簡単なものが良い

ユビレジはiPadを活用したPOSレジです。『飲食店関係者が選ぶ最も使いやすいタブレットPOSレジNo.1』(日本マーケティング機構調べ)に選ばれており、業界内から高い評価を受けています。

売上の自動計算や顧客管理、原価管理、売上の比較分析など基本的なPOSレジ機能を網羅しており、決済サービスやオーダーシステムなど多様な外部機能との連携も可能です。ITツールが苦手な方でもわかりやすいシンプルな操作性も特徴です。

ユビレジ|店舗の売上向上を実現するiPadを利用したPOSレジ

●スマレジ

【月額プラン(税抜)】
・スタンダード:0円
・プレミアム:4,000円
・プレミアムプラス:7,000円
・フードビジネス:10,000円

こんな店舗におすすめ!
・業務効率化のあらゆる機能を使いたい
・機能とコストを考えながらプランを選びたい
・飲食店に特化した機能が使いたい

スマレジは0円から始められ、多様な利用プランを提供しているPOSレジです。利用可能な機能が異なる5つのプランを使い分けることができ、基本的なレジ機能だけであれば無料で使うことができます。

有料プランになると商品データの無制限登録や予算管理、複数店舗管理などの機能が使えるようになります。プランによって使える機能が異なるので、お店の規模や予算に応じたプランを選ぶようにしましょう。

また、飲食店向けの「フードビジネスプラン」は、セルフオーダーシステムやキッチン伝票、その他のさまざまな飲食店向けサービスとの連携が可能です。ITツールを駆使して業務効率化を突き詰めるにはおすすめのプランとなっています。

スマレジ

●blayn(ブレイン)

【月額プラン(税抜)】
・無料プラン:0円
・スタンダードプラン:2,800円
・プレミアムプラン:9,800円

こんな店舗におすすめ!
・小規模店でコストを抑えながらデータ管理を行いたい
・飲食店に特化したサービスを選びたい

ブレインレジは導入店舗数5,000店の実績を誇る飲食店専用のPOSレジです。無料プランがあるので、0円から気軽にPOSレジを導入することができます。

当日の売上状況やテーブル状況をリアルタイムでレジの管理画面から確認することが可能となっています。また、商品の売れ行きを自動でランキング化してくれるABC分析機能は、お店のメニュー改善や店舗戦略を練るのに役立ちます。

ハンディや伝票プリンタを必要としない小規模店舗には、月額2,800円で利用可能な「スタンダードプラン」がおすすめ。売上や顧客のデータ管理・自動分析機能を低コストで活用することができます。

飲食店に特化したブレインのPOSレジ

まとめ

POSレジは飲食店経営の舵取りに大きく役立つツールです。消費者好の変化が激しい現代では、データ分析を駆使してお店も変化していくことが求められます。現在は低コストで運用できるPOSレジも増えているので、ぜひ導入を検討してみてください。
  

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方におすすめの記事はこちら。
まだお読みでない方は、ぜひお読みください。 
 

店通編集部