万能薬にんにくの効果効能!健康、美容、がん予防。気になるにおいの対処法は?

にんにくは万能薬!栄養満点なにんにくは、免疫力アップ、がん予防などの健康効果や美肌効果、ダイエット効果などの美容効果も期待できるとても優秀は食べ物です。効能豊富なにんにくですが、やはり気になるのはにんにくを食べた後の口臭。そう、にんにくのにおいです。そこで、にんにくを食べた後のにおいを消す方法やにおいを抑える調理法をご紹介。その他、にんにくの保存方法ににんにくを使った健康レシピなど徹底解説。

黒にんにくの登場も相まり、最近再び注目が集まっているにんにく。
にんにくは「からだが元気になる食べ物」と広く認識されていますが、にんにくの成分、栄養素がどのような健康効果を生み出しているのかご存じですか?
にんにくチューブなど、料理をする際の隠し味としても活躍してくれるにんにくですが、調理方法によって期待できる効果が変わります。
 
今回は、にんにくの効果効能、気になるにおいの抑え方や調理のコツまで、徹底解説します!
f:id:tentsu_media:20200915164035j:plain

にんにくとは?にんにくについて詳しくなろう!

にんにくとは?どんな植物?

f:id:tentsu_media:20200916164740j:plain
にんにく(漢字:大蒜、蒜、葫、忍辱 / 英語:garlic)
分類:ユリ科ネギ属
原産地:中央アジア

 
にんにくは、ねぎや玉ねぎの仲間に分類されます。
普段私たちが食している部分は、地中で育つ「りん茎(けい)」と呼ばれる部分。りん茎は、通常6~12個の「りん片(ぺん)」からなり、品種によって「白」「淡桃色」「赤褐色」「赤紫色」などの色があります。
 
中国料理に欠かせないのが、りん茎より上の「葉にんにく」。にんにくの若い葉を収穫したもので、日本では高知や沖縄など一部の地域で売られています。
 
「にんにくの芽」または「茎にんにく」と呼ばれる、生育後半の葉の中から伸びてきた花茎(かけい)を若いうちに収穫したものは、葉にんにくより手に入れやすく、にんにくと比べると匂いが少ないといった特徴があります。
 

にんにくは「五葷」の仲間

臭気の強い5種類の野菜のことを総称して「五葷(ごくん)」と呼ぶのですが、ニンニクはこの「五葷」の仲間の1種類にあたります。
五葷に数えられる野菜は全て強精作用があり、にんにくの他、にら、のびる、らっきょう、ねぎのことを言います。古くからにんにくには、精力増強作用があると知られており、精力がつきすぎてしまい修行の妨げになるからと、山門の前などに「葷酒山門に入るを許さず」と標示を立てられてしまうほどでした。お酒と並べて禁止しないといけないほど、我慢しがたいものだったのですね。
 

豊臣秀吉のエネルギーはニンニクだった!?

戦国時代から安土桃山時代を生き抜いた天下人、豊臣秀吉(とよとみひでよし)は実はにんにくの使い手としても有名でした。
どんな使い方をしていたかというと、にんにくを紐でつなぎ首飾りにのようにして携帯し、戦の最中にエネルギー補給として首から下げたにんにくを生のままかじり体力を回復していたのです。豪快な食べ方は、さすが農民から天下人になっただけありますね。
 
秀吉以外にも古代の英雄日本武尊(やまとたけるのみこと)が東北地方の賊軍を平定し、帰国の途中足柄山で食事をしていた際、白い鹿に化けた山の悪霊が近寄ってきたので食べかけのにんにくを投げつけ退治したという話も残っています。
世界では、古代エジプトでピラミッド建設の労働者がスタミナ源として食べていたという話が有名です。
 
疲労回復をしてくれるだけではなく、戦場などに出没しやすい悪霊からも身を守ってくれる、魔除けの力があると信じられていたニンニクは、昔から戦いのプロである武将たちには欠かせない食材だったということが分かります。
 

にんにくの効果効能。にんにくの栄養について詳しくなろう!

f:id:tentsu_media:20200917125017j:plain
昔から健康食材として重宝されていたニンニクですが、にんにくの栄養素にはどういったものがあるのでしょうか?また、それらの栄養素は、私たちの健康にどのような効果をもたらしてくれるのか、詳しくみていきましょう。
 

にんにくの栄養素

にんにくには、筋肉の疲れをとる「スコルジニン」「アリシン」が豊富に含まれています。
スコルジニンは、代謝を高めて全身の血行をよくし、筋肉の疲れをとってくれるのですが、実は無臭。あの、にんにく特有のにおいの元になっているのはアリシンです。
アリシンは、体内でビタミンB1の効果を高め、慢性的な疲労を回復させる働きがあります。また、胃腸の粘膜を刺激して消化機能を健全にしてくれるだけでなく、食中毒などを予防する強力な殺菌作用も期待できます。胃腸の働きを活発にしてくれる効果もあるので、滋養強壮には欠かせない野菜なのです。
その他にも、ビタミンB1・ビタミンB2をはじめとした各種ビタミン、リン、カリウム、亜鉛、銅などのミネラルも豊富です。
 
また、アメリカの国立がん研究所は、長年の疫学調査の結果、1990年にがんの予防効果が高い食べ物をピラミッド型にして発表(デザイナーフーズと呼ばれる)したのですが、その際に、にんにくを最上段に配置しました。
最近の研究では、刻んだにんにくを低温の油で加熱することで発生するアホエンが、にんにくの成分の中でも特にがん予防効果があると分かっています。

 
■にんにくの主な食品成分(可食部100g当たり)
           
対象 エネルギー 水分たんぱく質脂質炭水化物
にんにく 生(りん茎) 136kcal 63.9g6.4g0.9g27.5g
にんにく 油炒め(りん茎) 199kcal 53.7g 8.2g 5.9g 30.6g
にんにく おろし 171kcal 52.1g 4.7g 0.5g 37.0g
※文部科学省 食品成分データベース / 出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)
 

にんにくパワーが健康・美容にもたらす10の恵み

①免疫力をアップして風邪やインフルエンザを予防する
体温が1℃上がると免疫力は6割アップするといわれています。にんにくを食べることで体温が上昇し、免疫力の増強が期待できます。免疫細胞も活発になり、抗ウイルス作用などの働きにより病気に対する抵抗力がつきます。
 
②筋肉強化に精力回復、強壮効果でスタミナアップ
アリシンの強壮効果をはじめ、にんにくにたっぷり含まれているアルギニンというアミノ酸は、筋肉を強化し体力をつけるのに役立ちます。アルギニンは、性ホルモンの増加を促す成分としても注目されています。
 
③糖質を燃やし疲労と脂肪の蓄積を防ぎ、ダイエット効果も
ビタミンB1が不足すると糖質の不完全燃焼が起こり、体内に疲労が蓄積されやすくなります。アリシンには、ビタミンB1の働きを強化する働きがあり、余分なエネルギーを燃やす褐色脂肪細胞を活発にしてくれます。つまり、疲労回復だけでなく、太りにくい体にしてくれるのです。
 
④抗酸化作用の働きで血行促進、血色の良い美肌に
にんにくに豊富に含まれているアリシンには抗酸化作用の他、血管を拡張し血液の流れを良くする働きがあるため、血行促進効果が期待できます。にんにくに含まれるビタミンEも同様の働きをし、健康的な肌を作ります。血行の改善は、整腸作用にも効果的です。
 
⑤新陳代謝が活性化することでアンチエイジング効果も
スコルジニンという成分は、新陳代謝やホルモンなどを活性化させ、お肌の美しさを持続させるといわれています。皮膚の老化を防ぐ成分と、細胞の若さを保つといわれるビタミンEやビタミンCを同時にあわせ持つにんにくは、アンチエイジングにうってつけな食材です。
 
⑥アリシンが発生させるアホエンは、がん予防に効果的
「にんにくのにおい成分であるアリシンを低温で加熱することで発生するアホエンは、がん予防に効果がある」というアメリカ国立がん研究所の研究結果があり、がん予防の可能性が高い食品上位に選ばれています。
 
⑦動脈硬化や血栓を防いで丈夫な心臓をつくる
脂肪の多い料理を食べ続けているとたまってしまうのがコレステロール。コレステロールは、動脈硬化や血栓の原因になりますが、にんにくに含まれるアリシンやビタミンEはこれらを予防する働きがあり、丈夫な心臓をつくる強い味方になってくれます。
 
⑧血行の良化で冷え性の体質改善
血の巡りがよくなり新陳代謝がよくなると、手足の冷えが緩和されます。古くから「温菜」「温薬」として親しまれてきたにんにくには、冷え性改善の効果も期待できます。女性に多い末端冷え性の悩みも改善してくれます。
 
⑨保温効果とアミノ酸効果で安眠・睡眠の質改善
アリシンとビタミンB1が合体することで生成されるアリチアミンには、脳・中枢神経の異常興奮を沈静化する働きがあります。にんにくに含まれるアミノ酸によるくつろぎ作用、にんにくの保温効果によるリラックス作用は、心地よい眠りへの導入を手助けしてくれます。
 
⑩からだの総合力を高めることで自然治癒力がアップ
良質な睡眠に疲労がたまりにくい体、血行を良くして免疫力がアップしたからだは、自然治癒力も高まります。にんにくには、わたしたちのからだの基礎体力を底上げしてくれる要素がたくさん詰まっています。 
 
気になるにんにくのにおい対処法、調理法によって変わるにんにくのニオイについて

気になるにんにくのにおい。どうしたらよい!?

f:id:tentsu_media:20200917170930j:plain
にんにくが健康に効果的な食材であることも、調理に利用するとおいしいということも知っているけれど、やはり気になるアノにおい。ここでは、にんにくのニオイのメカニズムや、においを抑える調理方法、食後のにおい消しの方法までご紹介します。
 

にんにくのニオイのメカニズム

そもそもにんにくは、皮付きの自然の状態では、ほとんどにおいがありません。では、あのにんにく特有のにおいはどうすると発生するのでしょうか?実は、ほんの少しでもにんにくに傷がつくと、においが発生します。
無傷のにんにくの中では、においのもとであるアリインと酵素アリイナーゼが別々に存在し、眠っている状態です。ですが、包丁で刻むなど傷をつけることで細胞が壊れ、アリインと酵素アリイナーゼが出会います。この2つの成分が出会い作用すると、アリシンという猛烈なにおいの臭気物質に変化するのです。
 
このアリシン、においの正体でもありますが免疫力を高めるなど健康・美容効果を生み出している成分の1つでもあります。
ではなぜ、においに薬効があるのでしょうか?それは、にんにくが外敵から身を守るために身に着けた自衛本能に関係があります。アリシンが発生するのは傷をつけられた部分だけに限定され、アリシンの殺菌作用やにおいにより外敵を退治するようなメカニズムになっています。この防御システムが病原菌などを防いで、私たちの体にも良い影響をもたらしているのです。
 

調理方法で変わるにんにくの効果やにおいの強さ

にんにくの健康や美肌、長寿、がん予防に免疫力アップなどの効果効能を期待するのであれば、切る、すりおろすなどをして、にんにくの中に眠っているアリシンをたくさん発生させることをおすすめします。しかし、にんにくは調理の仕方によって薬効や発せられるニオイの強さなどが変わります。以下に簡単にまとめてみました。
 
◆生・みじん切り・すりおろし
にんにくの効果を一番得たいのであれば生がおすすめ。生にんにくは殺菌作用も強く、病原性大腸菌O157菌を殺せるほどだといわれています。殺菌・保温・老化防止・血行促進などの効果が期待できます。すりおろして時間が経ったにんにくは悪臭を放つので、すりおろして使用する場合は使用する直前にすりおろすようにしましょう。
 
◆まるごと加熱
にんにくのにおいを抑えたいのであればまるごと煮たり、加熱すると良いでしょう。熱を加えることで酵素アリイナーゼのはたらきが失われるため、においのもとであるアリシンの発生を抑えることができます。
 
◆低温の油で加熱
がんの予防効果を最大限に発揮させたいのであれば、刻んだにんにくを低温の油で加熱しましょう。低温で加熱されることにより、アリシンが変化しアリルスルフィド類やアホエンが発生します。アリルスルフィド類は、中性脂肪や悪玉コレステロールの現象に効果的で全身の血行をよくし、心臓や脳の健康を守るのに役立ちます。アホエンにも同様の効果がありますが、それに加え抗がん・抗酸化作用があり、がんに対する抵抗力を高めてくれます。
 

にんにくを食べた後に役立つ、においを消してくれる食べ物は?

にんにくを食べた後に気になるのは、やはりニオイ。
世の中には、ブレスケア製品などもありますが、食後に食べるとにおい消しに役立つ食べ物もあるので紹介します。簡単に手に入るものばかりですので、せひ実践してみてください。
 
◆牛乳
牛乳に含まれるタンパク質がにんにくの臭気成分を吸着してくれるため、においが減少します。噛むようにしてゆっくり飲むのがポイントです。ヨーグルトやチーズにも同じ効果があります。
 
◆コーヒー
外国の人はローストしたコーヒー豆をよく噛み、その香りで口の中のにおいを消したりします。コーヒーに含まれるタンニンには強い消臭効果もあり、同様の効果が期待できます。
 
◆緑茶
カテキンには、強い殺菌・消臭効果があります。濃度の濃い茶葉から入れた緑茶のほうが効果も期待できるため、できれば茶葉から淹れた緑茶を飲むようにしましょう。
 
◆黒砂糖
黒砂糖には消臭作用があるため、にんにくを食べた後すぐに口に入れてゆっくり溶かすと、口の中のにおいが消え、スッキリさせることができます。
 
◆チョコレート
チョコレートに含まれるポリフェノールがにんにくのにおいを抑える働きをしてくれます。ポリフェノールが含まれるココアなども、同様の効果を発揮してくれます。
 
◆りんご
アップルペクチンと呼ばれる水溶性の食物繊維がにんにくの臭気成分をからめ取る働きをしてくれます。また、噛むことで歯磨き効果も生まれます。りんごジュースで代用する場合は、できるだけ果汁100%に近いものにしましょう。
 
おいしいにんにくの見分け方や食べるときの注意事項、保存の方法など。にんにくお役立ち情報

知っていると役立つにんにくの豆知識

f:id:tentsu_media:20200924143349j:plain

おいしいにんにくの見分け方

にんにくは一年中売られていますが、旬があります。新物が出回るのは4月下旬から7月頃。この時期のにんにくは、みずみずしさと辛味もあり、においの中に爽やかさが感じられます。
おいしいにんにくを買うにはいくつかポイントがあります。
 
Point1 色
薄皮の色が白くてツヤがあり、ハリがあるもの。表面がかさかさしているものは古くなっているい恐れがある。
 
Point2 重さ
手に持った時に重量感があるものは、中身も充実していて締まりがよい。
 
Point3 形
形が丸くてまとまっている大ぶりのもの。底が少しへこんでいるものがよい
 

にんにくを食べるときの注意点

にんにくが健康にも美容にも効果的だからといって、食べすぎてはいけません。過剰摂取は、からだにデメリットをもたらします。
そこで、にんにくを食べる際の注意点をご紹介しておきます。
 
●空腹時の生食はさける。
●生の場合は1日1かけまで。
●加熱した場合は1日2~3かけまで。
●子供は大人の半分の分量でおさえる。

 
にんにくは食べすぎてしまうと、貧血や腹痛を引き起こすリスクがあります。食べすぎには注意しましょう。 
 

にんにくの保存方法

f:id:tentsu_media:20200925122306j:plain
にんにくは湿気を嫌います。なので、にんにくを保存する時は、湿気をさけて風通しの良い場所で保管しましょう。
 
◆すぐに使用する場合
1~2ヶ月程度で使いきる予定であれば、球根のままネット(網袋)や紙袋に入れて、風通しの良い日の当たらないところで保存します。湿気の多い夏は特に痛みやすいので新聞紙などにくるみ冷蔵庫で保管するのが良いでしょう。1~2玉程度であれば1かけずつ皮をむき、密閉容器に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しておくと、すぐに利用でき便利です。ポリ袋で保存するのは湿気がこもりやすいので注意が必要です。
 
◆長期保存をしたい場合
6ヵ月以上の長期保存は、冷蔵ではなく冷凍保存をしましょう。みじん切りやスライスにしてからラップなどに包んで冷凍保存することもできますし、皮を向いた状態で冷凍保存することもできます。冷凍保存をする場合は、ポリ袋を使用しても構いません。
 
その他、何かに漬けて保存することもできます。しょうゆ漬けや、黒糖黒酢漬け、はちみつ漬けなどバリエーションも豊富です。どれも冷暗所で保管し1週間ほどで食べごろになります。たまに漬けたにんにくが青く変色することがありますが、これは漬け汁の酸によって分解されたにおい成分がにんにくの鉄と反応したために起きる現象です。からだに害はないので、安心してください。
 

食べるだけではない!?にんにくの使い方

にんにくはその高い栄養効果から、昔は食べ物というよりは万能薬としての役割が強くありました。平安時代の医術書『医心方』には「保湿効果が高くかぜの毒気を消す」とあり、江戸時代の農書『農業全書』には「食中毒を防ぎ、痔にはにんにく灸、のぼせ(頭痛)の場合は足の裏にすって塗るとよい」といった記述が残っているほどです。
ここでは、そんなにんにく使用した簡単健康アイテムをご紹介します。
 
◆疲労にはにんにく納豆
にんにくにも納豆にも強精作用の強力なアルギニンというアミノ酸が含まれています。特ににんにくのアルギニンの含有量は、野菜の中でトップクラス。納豆に刻んだにんにくをほんの少量加えるだけなので簡単に作れます。
 
◆喉が痛いときは梅干しにんにく茶
梅肉をほぐして黒砂糖とにんにくのおろし汁を数滴たらし、あとは熱湯を注ぐだけ。血行を良くし、体を温める効果もあります。にんにくは殺菌能力が高いので、梅干しを入れない状態でうがい液として使用することも可能です。
 
◆からだの芯から温まるにんにく風呂
皮をむいたにんにくを3~4片、ガーゼに包んだり、布袋に入れて浴槽へ。にんにくのアリシンがからだを芯から温めてくれます。アトピーや痔によいといわれ、ストレス解消、美肌効果も期待できます。入浴後もぽかぽかと保温効果が期待できるため、安眠効果もあります。入浴後、シャワーでしっかり流すことでにおいもからだに残りません。
 
◆頑固な肩こりにはにんにく湿布
にんにくとしょうがを2:1の割合ですりおろし、小麦粉を加えクリーム状にします。それをガーゼに塗り包み、湿布を使って患部に貼ります。血の巡りをよくすることで、こりをほぐします。ただ、人によってはかぶれてしまう恐れがあるのでご注意ください。
 

まとめ

f:id:tentsu_media:20200925131543j:plain
からだに良いことづくめの万能薬、にんにくについて書かせていただきましたが、新しい発見はありましたか?
季節の変わり目の時期は体調を崩しがち。からだの基礎体力を高めてくれるだけでなく、強い殺菌能力があるにんにくで、ウイルスなどから身を守り、新しい季節を元気に迎えるからだづくりをしましょう!
お料理に少し足すだけでも効果が期待できるので、ぜひ毎日の食卓のお供にお役立てください。
 

Ms.小わっぱ

 
 
◆参考文献◆
『からだが元気になるにんにくレシピ』池田書店
『からだに効く野菜の教科書』主婦の友社

 

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、おすすめの記事はこちら。
まだお読みでない方は、ぜひお読みください。