マイナポイントとは?マイナンバーカードの作成方法やポイント予約登録方法とは?

2020年9月からいよいよマイナポイント事業が開始されます。マイナポイント事業と提携しているキャッシュレス決済サービスを使用することで、上限5,000円分のマイナポイントがもらえる仕組みです。みなさまマイナポイントの申込みはお済みでしょうか?マイナポイントの申込みにはマイナンバーカードが必須です。今回は、マイナンバーカードの申請方法から、マイナポイントの仕組みやポイントの受け取り方法までご紹介します!

最近広告やテレビCMなどで、目にしたり耳にしたりすることが増えた「マイナポイント」というワード。皆さま、もうお手続きはお済みでしょうか?
きっと申請したほうがお得なんだろうなと、なんとなく感じていたとしても手続きの仕方を調べたりする時間がない、なんだか億劫おっくうという方も多いのではないでしょうか?
 
今回は、実際マイナポイントがどんなものなのか、マイナンバーカードの申請方法からマイナポイントを取得する方法まで、イチからご紹介したいと思います。
f:id:tentsu_media:20200820170245j:plain

マイナポイントとは?そもそもどんなサービスなのか?

マイナポイントとは・・・
正式には「マイナポイント事業」のことで、総務省が2020年9月から2021年3月まで実施する、マイナンバーカードの普及に向けた取組み活動のうちの1つです。
QRコード決済や電子マネーなどのマイナポイント事業と提携しているキャッシュレス決済サービスを利用することで、上限を5,000円とした利用金額の25%分のポイントが付与されます。提携しているキャッシュレス決済サービスは複数あり、ご自身が利用しやすいものを自分で選択することが可能です。
また、事業の開始時期は9月となっておりますが、7月1日からマイナポイントの申込みは開始されています。
 

マイナポイントをもらうためには、いつ何をしたら良いのか?

f:id:tentsu_media:20200820173831j:plain
「マイナポイント事業」が開始されるのは9月からですが、マイナポイントをスムーズに付与してもらうためには、いつ頃何の手続きをおこなっておけばよいのでしょうか?順を追って確認していきましょう。
 

今からできる!マイナンバーカードの取得

マイナポイントの申込みには、マイナンバーカードが必須となっています。そのため、マイナンバーカードをまだ取得されていない方は、マイナンバーカードの作成を行いましょう。
 
マイナンバーカードの作成手順
 
STEP.1
送付された通知カードを用意します。
マイナンバーカードは、スマートフォン、パソコン、郵便、まちなかの証明写真機の4つの方法で申請できます。
 
STEP.2
顔写真を用意します。
スマートフォンやデジタルカメラ、証明写真、マイナンバーカードの申請方法に合わせて顔写真を用意しましょう。
 
◆顔写真の注意点
・サイズ(縦4.5×横3.5cm)
・直近6ヵ月以内に撮影したものを使用
・無背景、正面、無帽のもの
・写真の裏面に、氏名、生年月日を記入
・上記条件が守られていれば白黒の写真でも可
 
顔写真の注意事項について、さらに詳細を知りたい方は下記サイトをご参照ください。 
■マイナンバーカード総合サイト『顔写真のチェックポイント』
 
STEP.3
必要な情報を入力します。
 
◆スマートフォン / パソコンでの申請
・メールアドレスの登録(申請書ID半角英数字23桁、氏名、メールアドレスが必要です)
・顔写真の登録(登録したメールアドレスに通知される申請者用のウェブサイトに登録します)
・申請情報登録(生年月日、電子証明書の発行希望有無、氏名の点字表記希望有無を登録します)
 
◆郵便での申請
・「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行申請書」を使用します。
氏名、住所、電話番号、外国人住民の区分(外国人住民の方のみ)、電子証明書の発行希望有無、点字表記希望有無、申請日、申請者氏名を入力します。15歳未満の方や成年被後見人の方が申請を行う際は、代理人記載欄の入力も必要です。
・顔写真の添付(はがれないようにしましょう)
・下記住所へ郵送(送付用封筒はこちらからダウンロードすることも可能です)
 
<送付先情報>
〒219-8650
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター 宛
 
◆まちなかの証明写真機での申請
こちらは各種機器の案内に従って必要事項を入力し、顔写真を撮影し送信する形になります。
 
※マイナンバーカードは、申請から交付までだいたい1ヵ月ほどかかりますのでご注意ください。
※マイナポイント付与には、電子証明書を発行する必要がありますのでご注意ください。

 
マイナンバーカードの申請について、さらに詳細を知りたい方は下記サイトをご参照ください。 
■マイナンバーカード総合サイト『マイナンバーカード交付申請』
 
マイナンバーカードが手元に届いたら?マイナポイントを獲得するためには!?

マイナンバーカードが手元に届いたら、マイナポイントの予約・申込みをしよう

f:id:tentsu_media:20200821125542j:plain
マイナンバーカードが手元に届いたら、いよいよマイナポイントの申請です。
マイナポイントの付与対象となるサービスは種類も豊富なので、マイナンバーカードが手元に届くまでの間にどんなキャッシュレス決済サービスがあるのか、事前に一通り目を通しておくとマイナンバーカードが手元に届いてからの手続きがスムーズに進むのでおすすめです。
 
対象となるキャッシュレス決済サービスを大枠で分類すると、電子マネー、プリペイドカード、QRコード、クレジットカード、デビットカードの5種類に分けることができます。自分がどのサービスをよく利用するのかを考えて選択するようにしましょう。
 
マイナポイントの予約・申請手順
 
STEP.1
必要なものを用意します。
・マイナンバーカード
・パスワード(マイナンバーカードの申請時、または受取時に設定した数字4桁のもの)
・ポイントを付与しようとしているキャッシュレス決済サービスのID、またはセキュリティコード(選択するキャッシュレス決済サービスによっては、事前に登録が必要なものもあります)
 
STEP.2
専用のアプリまたはソフトをダウンロードします。 
マイナポイントは、スマートフォン、パソコン、まちなかの支援端末やマイナポイント支援スポットで予約・申込みできます。
スマートフォンやパソコンをお持ちでない方は、お近くのマイナポイント手続きスポットを利用しましょう。(マイナポイント手続きスポットはこちらから検索できます)
 
STEP.3
必要な情報を入力します。
 
◆スマートフォンでの申込み
・マイナポイントアプリを起動(マイナポイントの予約を選択する)
・パスワードを入力(自分で設定した数字4桁のもの)
・マイナンバーカードの読み取り(マイナンバーカードのICチップ部分を読み取る)
・マイキーIDの発行を選択(同時にマイナポイントの予約が完了したことになります)
・キャッシュレス決済サービスの選択へ
 
◆パソコンでの申込み
・マイナポイント予約・申込サイトをひらく(マイナポイントの予約を選択する)
・マイナンバーカードの読み取り(対応ICカードリーダーライタを使用し読み取る)
・パスワードを入力(自分で設定した数字4桁のもの)
・マイキーIDの発行を選択(同時にマイナポイントの予約が完了したことになります)
・キャッシュレス決済サービスの選択へ
 
◆まちなかのマイナポイント手続きスポットで申込み
「マイナポイント事業」のキャラクターであるしろうさぎ、おみみやおめめが数字の1になっている「マイナちゃん」のマークが目印です。
こちらは各種機器・説明の案内に従って必要事項を入力し、マイナポイントの予約・申請を完了する形になります。
 
STEP.4
対象のキャッシュレス決済サービスの中から、ポイントを付与したいサービスを選びます。
キャッシュレス決済サービスによっては、独自にマイナポイントにプラスしてポイントの付与を行っているところもあります。ですが、先着○名様や、プラスのポイント付与サービスには申請の期日を設けている場合もあるので、注意してください。
ポイントが付与される時期や、ポイント付与の方法なども決済事業者によって異なっているので、ご自身の選択しようと考えているキャッシュレス決済サービスについて、きちんと調べてから選択することをおすすめします。
 
※一度申込んだ決済サービスを変更することはできませんのでご注意ください。
※申込後の取消はできませんのでご注意ください。
※対象となるキャッシュレス決済サービスは今後増える可能性があります。
 
対象となるキャッシュレス決済サービスについて知りたい方は下記サイトをご参照ください。 
■マイナンバーカード総合サイト『対象となるキャッシュレス決済サ-ビス検索』
 

9月になったら選んだキャッシュレス決済サービスを使って、マイナポイントを受け取ろう

f:id:tentsu_media:20200821171500j:plain
マイナポイントの予約・申込みをしただけでは、マイナポイントを受け取ることはできません。
事業が開始される2020年9月1日~2021年3月31日までの間にご自身が選択したキャッシュレス決済サービスを使って、チャージまたは買い物をするとマイナポイントが付与されます。
付与されるマイナポイントは、ご利用金額の25%分、上限5,000円分のマイナポイントとなっています。
 
また、上限である5,000円分のマイナポイントをもらうために、一度に2万円分のチャージや買い物をしなくてはいけないわけではありません。2021年3月31日までの期間内であれば、上限ポイントに達するまで、都度ポイントが付与されます。
ただ、マイナポイントの付与方法については、各決済事業者によって異なるため、ご自身が選んだキャッシュレス決済サービスの付与方法を確認しておきましょう。
 

マイナポイント目的でマイナンバーカードを作成するその前に

「マイナポイントってお得!」とマイナポイント目的でマイナンバーカードを作成するその前に、マイナンバーとは何のためのものなのかを今一度考えてみましょう。
 
マイナンバー(個人番号)とは・・・
住民票があるすべての人に、1人1つの番号を付与し、行政の効率化、国民の利便性を高める制度であり、公正公平な社会を実現する社会基盤です。
 

マイナンバーカード作成時の注意点

マイナンバーカードとは、マイナンバーが記載された顔写真付きのカードのことを指します。本人確認のための身分証明書として使用することも可能ですが、実はマイナンバーカードには有効期限があります。
20歳未満の場合は約5年間、20歳以上の場合は約10年間となっています。なぜ約なのかというと、考え方としては申請後10回目(20歳未満の場合は5回目)の誕生日までとなっているからです。
ややこしいことにカードに内蔵されている電子証明書の有効期限は、また別です。こちらは年齢関係なく約5年間と定められています。
有効期限があるということは、時期が来たらカードの更新が必要になるということです。必要なときに「カードが未更新だから使えない」ということがないようにしましょう。
また、暗証番号を忘れてしまった場合もすぐに使用できない場合があるので、マイナンバーカードを作成の際は暗証番号を忘れないよう注意してください。
電子証明書の場合も同様で、期限が切れてしまうとマイナポータルへのログインができなくなってしまうので注意しましょう。
 

マイナンバーカード作成のメリット

もちろん、マイナンバーカードを作成することで便利になることもあります。
 
マイナンバーカード作成の6つのメリット
 
①マイナンバーの証明書類になる
②身分証明書になる
③オンラインでの各種行政手続きに利用できる
④各種民間のオンライン取引に利用できる
⑤国や市区町村のサービス毎に必要だった複数枚のカードをまとめられる
⑥コンビニエンスストアなどで各種証明書書類が発行できる

 
マイナンバーカードといえば、最近では「特別定額給付金」の申請時にも活用されました。2021年3月からは、マインバーカードを健康保険証として利用できるようになるとのことですし、今後ますます利用機会は増えていくことが予想されます。
 

まとめ

f:id:tentsu_media:20200824124644j:plain
マイナンバーカードについては世の中で賛否両論ありますが、いずれ作成しようと考えているのなら、お得なポイントがもらえるこの機会に作成してみてはいかがでしょうか?
現金のやり取りが必要ないキャッシュレス決済サービスは、現在の風潮もあり、ますます広まっています。日常生活の買い物から、外食を楽しんだ際のお支払まで、還元率25%+αといった大変お得なサービスを賢く活用してみませんか?
 

Ms.小わっぱ

 
 
<参照>
■総務省『マイナポイント取得ナビ』
■総務省/地方公共団体情報システム機構『マイナンバーカード 総合サイト』
 

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、おすすめの記事はこちら。
まだお読みでない方は、ぜひお読みください。