プラスチック製レジ袋有料化が7月より開始!飲食店のテイクアウトでの対応は?

2020年7月1日より有料化となったプラスチック製買物袋(レジ袋)。飲食店のテイクアウトも対象なのでしょうか?どのような場合は有料化の対象となり、袋の価格設定や売上金はどうしたら良いのか。また、有料化の対象とならない袋はどんな袋なのか、といった今回の制度に対する疑問をプラスチック製買物袋(レジ袋)が有料化となった背景とともに、解説いたします。

2020年7月1日より、プラスチック製買物袋の有料化が開始されました。
これにより、日本全国の小売店に対してレジ袋の有料化が義務付けられましたが、そもそもこの制度はどういったものなのでしょうか?飲食店のテイクアウトは対象なのか、袋を売ったお金はどうなるのか、無料で配布できる袋はないのかなど、疑問もあると思います。
そこで、プラスチック製レジ袋の有料化についての疑問をこの記事で解消していきます。
f:id:tentsu_media:20200625185737j:plain

 

プラスチック製買物袋有料化とはどんな制度?

プラスチック製買物袋(レジ袋)の有料化は、2019年の5月に制定された『プラスチック資源循環戦略』のうちのひとつである「容器包装リサイクル法」(平成18年省令第一号)が改正されたことにより規定されました。
数年前からエコバッグの使用が推奨されていましたが、今回の規定によりプラスチック製レジ袋の有料化が義務化され、無料サービスすることができなくなったのです。
この制度は、環境問題の解決に向け、消費者のライフスタイルの変革を促す目的があります。
 

プラスチック製レジ袋有料化の背景

f:id:tentsu_media:20200626120128j:plain
プラスチックは、軽くて丈夫、密閉性もある上に成形もしやすいとても便利な素材です。そのため、保存容器や軽量化の素材として、あらゆる場面で使用されるようになりました。
 
私たちの生活に恩恵と利便性をもたらしたプラスチック製品ですが、一方で地球温暖化問題、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題など地球規模の課題を抱えています。
特に海洋プラスチック問題は、深刻です
ポイ捨てや不法投棄により、海に流出したプラスチックが海洋汚染や生態系に影響を及ぼしているのです。世界では年間800万トンものプラスチックごみが海に流れ込んでいるといわれ、2050年には海洋中のゴミの量が魚の量を上回ってしまうという研究結果が出ています。
 
そこで、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く循環させようという動きが全世界で始まったわけです。
 
参照:環境省『プラスチックを取り巻く状況と資源循環体制の構築に向けて』
 

対象事業者

プラスチック製買物袋(レジ袋)を取り扱う、小売業を営むすべての事業者。
主な業種が小売業でなかったとしても、事業の一部で小売業を営んでいるのであれば対象となり、同様に、一時的で不定期な場所であっても小売業を営んでいる業者であれば対象となります。
ただし、フリーマケットのように反復継続性がないと判断される場合は、対象にはなりません。
 
注:少し分かりにくいですが、飲食店は対象となります!
 
対象業種や事業者の詳細について詳細を知りたい方はこちら▼
「経済産業省 FAQ(対象となる事業者について)」
 

有料化の対象となる袋

消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製の買物袋。
判断基準として、プラスチック製、持ち手がある、袋の中身が商品、消費者が辞退可能、この4点がポイントとなります。
 
<有料化の対象となる例>
・お店で買った商品を持ち帰るために使用する袋
・テイクアウトのお弁当を持ち帰るために使用する袋
・薬局で処方された薬を持ち帰るために使用する袋
・縁日やお祭り、イベントなどの屋台で渡す袋
 

有料化の対象とならない袋

布製の袋、紙製の袋、持ち手のない袋は対象外。
また、環境性能が認められた以下の要件をどれか1つでも満たしている袋は対象外です。
○プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
○海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
○バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
注:ただし、消費者がこれらの袋と他のプラスチック製の袋を区別できるよう、その旨が第三者に認定された記載または記号を表示する必要があります。
 
<有料化の対象とならない例>
・クリーニング後の衣服を覆っている袋
・歯磨き粉とマウスウォッシュ、シャンプーとリンスなどのセット商品をまとめて販売する袋
・トマトやみかんなどの野菜や果物を入れて販売している袋
・試供品や景品など商品でないものを入れる袋
・雨の日に防水として紙袋にかぶせる袋
・免税店の袋
 
対象となる袋・対象外となる袋について詳細を知りたい方はこちら▼
「経済産業省 FAQ(対象となる袋/対象外の袋について)」
 

袋の価格設定や売上金の行方

事業者自らが制度の趣旨・目的を理解した上で価格設定が可能です。ただし、いくつかルールがあり、それを遵守する必要があります。
売上金に関しても、消費税のように預かって国に渡すというものではなく、お店の収入となります。
 
有料化のあり方
①1円以上の単価で販売すること
※1枚あたりの価格が1円未満の場合有料化とみなされません
②袋を販売した上でのポイント還元はOK
③1枚購入で1枚タダ、5枚目から袋代無料などのサービスは禁止。必ず枚数分の金額で販売すること
 
上記を守らない場合、「指導・助言」「勧告」「公表」「命令」の対象となるので、注意しましょう。
 
価格設定や売上について詳細を知りたい方はこちら▼
「経済産業省 FAQ(価格・売上について)」
 

テイクアウトの際、袋代を請求したくないと考えるなら

f:id:tentsu_media:20200629122055j:plain
飲食店を経営する皆さまの中には、せっかく軌道にのってきたテイクアウトという新しいスタイルに水をさしたくないと考える方もいるかもしれません。もしくは、少しでもお客さまの負担を減らしたいと考えているかもしれません。
袋を有料化しない方法として、1つは、プラスチック製の袋だとしても有料化の対象とならない袋を使用することです。
ですが、いっそのこと思いきった切り替えをしても面白いかもしれません。
 

紙袋や不織布素材のバッグに切り替える

今回有料化の対象となっているのはあくまでプラスチック製の袋です。なので、プラスチック素材ではない袋に切り替えてみてはいかがでしょうか?
 
紙袋は皆さんご存じのとおりですが、「不織布(ふしょくふ)」はすぐにイメージが浮かばないかもしれません。身近なところでいうと、マスクの素材が不織布です。他には、鞄などを買った際に鞄を包んでいる袋なども不織布であることが多いです。
不織布は、その名前の通り織り物とは違い、繊維同士を絡み合わせて作成されています。通気性は高いのに、チリやゴミを通しにくい特徴があります。また、柔らかさに反して意外に丈夫であるといった特徴もあり、台湾などではこの不織布を使用したエコバッグに注目が集まっています。
 

思いきってお店のオリジナルグッズを作ってみる

レジ横でオリジナルグッズを販売しているお店を目にしたことがあると思います。これを機会にエコバッグやトードバッグなどのオリジナルグッズを製作してみてはいかがでしょうか?
 
「テイクアウト商品をオリジナルグッズ持参で購入してくれた方には、50円引き」などの特典をつけ、次回の来店につなげることもできますし、オリジナルグッズを持って街中を歩き回ってもらうことは、お店の宣伝にもなります。
また、あのお店は環境に配慮した活動を行っているのだな、と認知のきっかけにもなります。
 

まとめ

f:id:tentsu_media:20200629115105j:plain
年々深刻さが増していく、地球の環境問題。
プラスチック製品に関しては、今後さらなる使用規制が課せられることでしょう。すでに、プラスチック製のストローではなく、紙製のストローに切り替えているお店も多く存在します。
 
日本に先駆けてレジ袋の有料化に取り組んでいる韓国や台湾では、プラスチック製の容器に関しても全面禁止の活動が始まっています。韓国では2019年の4月に実施開始済、台湾では2030年に実施予定です。
なんと、ケニアでは2017年以降ビニール袋の使用をすると最長で4年の禁固刑、もしくは最高4万ドルの罰金刑が課せられてしまうので、ケニアに赴く際は必ずエコバッグを持参するようにしましょう。
 
このように、全世界で取り組まれているプラスチック製品使用削減への取り組み。たかが1枚、されど1枚です。小さい積み重ねが、巡り巡って美味しい食材を育む環境に影響を及ぼします。まずは、テイクアウトのレジ袋を変更するなど、できるところから始めていきましょう。
 
■経済産業省 プラスチック製買物袋有料化に関するサイト
■経済産業省 プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン
 

Ms.小わっぱ

 

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、おすすめの記事はこちら。
まだお読みでない方は、ぜひお読みください。 
 



f:id:tentsu_media:20200629121837j:plain