七夕の由来と起源とは?意外と知らない、願い事によって変わる短冊の色の意味。

七夕とはいつ、何をする日?たなばたの由来・起源は複雑です。日本古来のお話:棚機津女伝説と、中国の伝説:牽牛と織女の物語、七夕と星座の関連とは。七夕とはどんな行事なのか?願い事によって変わる短冊の色と、笹飾りの種類と意味、そうめんを食べて邪気を祓う風習、中国や台湾・韓国の七夕文化との違いと語源の由来も紹介します。

もうすぐ「七夕」ですね。七夕は、織姫と彦星が天の川を渡って一年で唯一会える日と言われ、一年間の重要な節句をあらわす五節句※のひとつです。この時期、日本各地では七夕行事が開催され、願いごとを短冊に書き、星にお祈りをする風習があります。今回はそんな日本の伝統文化である七夕が、どのような節句なのかご紹介します。

※五節句は重要な年中行事の日。季節の変わり目ともいわれています。七夕しちせきの節句以外は、1月7日の人日じんじつ、3月3日の上巳じょうし、5月5日の端午たんごと9月9日の重陽ちょうようの節句があります。
f:id:tentsu_media:20200527183824j:plain


七夕の日はいつ?

f:id:tentsu_media:20200527184437j:plain
七夕、または「たなばた」、「しきせき」とも呼ばれ、もともと旧暦の7月7日の夜に行う年中行事のひとつです。明治改暦以降は、西暦の7月7日となり、地域によって月遅れの祭りとして、8月7日前後に行うこともあります。有名な七夕祭りといえば、日本三大七夕まつりと呼ばれる「仙台七夕祭」「湘南ひらつか七夕まつり」「一宮七夕まつり」です。


七夕の由来。意外と起源が複雑!

日本で馴染みが深い七夕ですが、実は起源が複雑だったりします。現代の七夕は、中国と日本の伝説や信仰などが融合されたものです。中国から伝わった織姫おりひめ彦星ひこぼしの七夕伝説と「乞巧奠きこうでん」という行事、そして日本古来の「棚機津女たなばたつめ」の信仰が混ざり合って、今の形になりました。


日本古来の棚機津女伝説

棚機たなばたとは古い日本の禊ぎみそぎ行事で、お盆を迎える前に準備として7月7日に行っていました。村から選ばれた乙女は、棚機津女と呼ばれ、村の災いを避け豊作を祈願するために、水辺の機屋で機織りをして織った布を神に供えながら神を迎えます。
この棚機津女は機織りが得意であったため、同様の特技を持った織姫の伝説と結びついたといわれています。また、「七夕(たなばた)」の語源の由来は「棚機」からきていると考えるのが最も一般的な説になっています。


中国の七夕伝説:牽牛と織女の物語

f:id:tentsu_media:20200527184053j:plain
七夕の織姫おりひめ彦星ひこぼしの物語はいくつの諸説ありますが、最も有名なのが、中国の「七夕伝説」です。昔、天帝の娘である、機織りの名手織女しょくじょ(織姫)が、地上の人間で牛飼いの牽牛けんぎゅう(彦星)と結ばれました。夫婦になる前は真面目で働き者だった二人でしたが、おしゃべりばかりで全く働かなくなってしまいました。そんな二人の姿に天帝がひどく怒り、天の川の両岸に二人を引き離し、一年に一度七夕の夜にだけ天の川を渡って会うことを許したのです。



七夕と星座

f:id:tentsu_media:20200528164139j:plain
七夕伝説はただの伝説だけではなく、天文学的にもちゃんと見解があります。夏の星座のうちに、「こと座のベガ」は織姫、「わし座のアルタイル」は彦星、七夕の星座として知られています。そのベガとアルタイルの間には、小さな星が集まって2つの星を隔てており、まるで七夕伝説の中の天帝が作り出した川のようです。
また、ベガとアルタイル、「はくちょう座のデネブ」は星々の中で明るい「一等星」ですで、3つの星を結んでできる三角形は、「夏の大三角」と呼ばれています。

宮中行事から民間に伝わった七夕行事

古代中国では「乞巧奠きこうでん」という、女性の手芸が織姫のように上達することを祈願する行事があります。この風習は奈良時代に日本に伝わり、日本の棚機文化と融合し、宮中の神祭として糸や布を供えたり、星に祈ったりしていました。そして、段々手芸だけではなく、詩歌・裁縫・習字などの技術上達を祈願する行事になりました。
江戸時代以降、七夕行事は民間で広まりました。当時糸や布が高額のため、代わりに願い事を短冊に書いて笹に飾る行事を行うようになりました。ちなみに、短冊などを笹に飾る風習は日本特有のものです。中国や台湾、韓国にも七夕文化は存在しますが、日本の七夕とは違い、バレンタインのような恋人のための日となっています。

短冊の色は願いごとによって違う!?短冊や笹飾りの意味とは?

5色の短冊と願い事

f:id:tentsu_media:20200527185414j:plain

日本では七夕に七夕飾りや短冊で、笹や竹に彩りを添える風習があります。実は、短冊の色にはそれぞれ意味があることをご存じでしょうか?

短冊の色には「青・白・赤・黒(紫)※・黄」の五色があり、これは中国の「陰陽五行説いんようごぎょうせつ」に基づいたものです。それぞれの色は陰陽五行説の「木・火・土・金・水」を表し、これは、世界を構成し、自然のバランスを保っているものと考えられています。
また、この5色は自然の構成だけではなく、人間の品性に対する「五徳ごとく」という教えも示しています。五徳とは、儒教が説く5つの徳のことで、人間の正しく守るべき5つの思想です。
その5つはじんれいしんのことをいいます。下記は五行・五徳と五色の短冊の対応表です。

◆願い事によって変わる短冊の色の意味

※もともとは黒が使われていたが、紫が最上位の色とされて、近代では黒より紫のほうが一般的になりました。
五色 五行 五徳 意味 色に見合った願い事
人間力を高めること 自分の成長に関する願いごと
規律、義務を守ること 決め事を守る達成の願いごと
両親や親族に感謝すること 家族に関係する願いごと
紫(黒) 勉強、知性や学力の向上 学業成就に関する願いごと
信頼、友情、人間関係を大事に 人間関係の願いごと

このように「五徳」を意識しながら、短冊の色に見合った願いごとを書くと、叶いやすいと言われています。

笹飾りの種類・意味

f:id:tentsu_media:20200611170617j:plain
五色の短冊以外にも、商店街やお祭りでよく見かける、紙をさまざまな形にして作った笹飾りにも、意味があります。知っておくと七夕をもっと楽しめるのではないでしょうか。
千羽鶴 鶴は長寿の象徴、長生きを願う。
神衣かみこ 紙で作った人形、着物の形。裁縫の上達を願う、病気や災難の厄除け。
巾着 財布のような形。金運向上を願う。
吹き流し 織姫の織り糸を表したもの。裁縫、技芸の上達を願う。
網飾り 魚を捕る魚網ぎょもうの形。豊漁・豊作を願う。
くずかご 網の折り紙に紙くずを入れている飾り。整理整頓、倹約を願う。

笹飾りといえば、笹の葉を外すことはできません。笹の葉は、強い生命力と耐寒力から生命力の象徴とされ、昔の人に神聖なものとされてきました。また、笹の葉は天に向かって真っすぐ伸びるので、神聖な笹に願いごとを書いた短冊を引っ掛ければ、天界の神様に届けることができるだろうと信じられていたのです。


そうめんを食べて邪気を祓う風習

f:id:tentsu_media:20200527185020j:plain

七夕にそうめんを食べる歴史はかなり古く、その由来は古代中国の話まで遡ります。中国には、7月7日に亡くなった皇帝の息子が霊鬼神となり、熱病を流行らせたため、その子が生前好きだった「索餅(さくべい)」をお供えし、邪気を払い無病息災むびょうそくさいを願ったという話があります。
「索餅(さくべい)」は、小麦粉を縄の形のようにしたお菓子なのですが、それ以来、病除けとして索餅を食べる風習が広まりました。
無病息災を願って索餅を食べる風習は、奈良時代に日本にも伝えられ、一般にも広がっていきました。その後、索餅は同じ小麦粉で作られたそうめんに変化していき、現在の七夕にはそうめんを食べる風習が生まれました。その他にも、そうめんを天の川や織姫の糸に見立てているという説もあります。

最近「七夕そうめん」は華やかになり、野菜を星型にくり抜き、天の川のお星さまとしてアレンジしたりと、大人から子供まで季節の行事を楽しめるようになっています。

当たり前のように行ってきた行事や風習ですが、その起源や由来を知ると、よりその行事や風習を楽しめると思いませんか?

五節句のうちの1つ、端午の節句について書かれた記事もありますので、よかったらそちらもご覧ください。

他の五節句に関する記事はこちら

www.tenpo.biz

くぼたん

f:id:tentsu_media:20200527185414j:plain