【薬を使わない免疫力向上】副交感神経を高める食べ物と自然治癒力を上げる5つの力

免疫力を上げる食べ物とは。薬を使わずに免疫力を高める食材と食事法、自然治癒力と副交感神経を高める食生活のポイントを紹介します。ウイルスや病気の予防には、毒出しをする胃腸力、疲労回復力、心の自然治癒力、血液の力が重要です。そして副交感神経を優位にし、体を温め、腸を整える発酵食品やひとつの生命を丸ごといただく一物全体食を楽しくバランス良く食べる方法をまとめます。

お久しぶりです。水2ℓです。
食生活で免疫力を上げることができないかと思う今日このごろ。
今回は食生活で体の免疫力を上げ、ウイルスに負けない体を作る食材食事法について紹介します。
f:id:tentsu_media:20200407164541j:plain

免疫力と自然治癒力を高める5つのポイント

免疫力を上げるには、自然治癒力をどう高めるかがキーワードです。
自然治癒力とは、薬などを使わずに体を修復する力のこと。
まずはこの自然治癒力を高める5つの力を紹介します。

1. 「食べ物の力」で病気を予防する

食べ物は腸管を通して直接体内に吸収されるため、免疫力を高める重要な働きをします。血液をきれいにして、体を冷やさない食べ物を摂るようにしましょう。

2. 快腸、快便、体からの毒出しを促進する「胃腸力」

体にたまった毒は、便から排出されると言われています。スッキリきれいな体を保つために、胃腸力を高め、胃腸の動きを活発にして快便のリズムを作りましょう。

3. 睡眠、休息、呼吸法で「疲労回復力」を高める

早寝早起きや十分な睡眠、ゆっくりとした深い呼吸など、生活習慣のリズムが整うと、自然治癒力も高まることが知られています。自然治癒力が高くなると人は気力に満ちてきます。

4. ストレス、うつを克服する「心の自然治癒力」

社会での人間関係が原因で体の不調を訴えている人が増えています。こういった方も、心の自然治癒力のスイッチがONになると不思議と元気が出てきます。

5. 冷えを解消し、病気を治す「血液の力」

がんや高血圧、メタボリック・シンドロームなど、ほとんどの病気の原因は、血液の汚れからと言われています。血行を整え代謝をよくすると血液がサラサラになり、血流の力が高まります。
 
食事で免疫力を高める

食事で免疫力を高める

では、上記の5つ力の中から、胃腸力血液の力を高めることができる食べ物の力について深堀りしていきましょう!
 

1.体を温める食品の力

冷たい食品は体温を下げて血管を収縮させ、血行が悪くなります。冷えた飲み物となると、冷たいまま胃を通過して腸を冷やすのでさらに危険です。
一方、温かい食べ物を食べると、血管が拡張して血行がよくなり副交感神経が優位になります。体を温める作用のある次の食材を積極的に摂るといいでしょう。

体を温める食品

にんにく、しょうが、ねぎ、里いも、大根、にんじん、しそ、みょうが、にら、もち米大麦、えび、栗、くるみ、梅、桃、さくらんぼ、黒砂糖、

 

2.副交感神経を優位にする食べ物

自律神経の副交感神経が優位に働くと、血管が拡張し血行がよくなり、免疫力が高まります。
副交感神経とは休息しているときに活発になる神経のことで、仕事などの活動で活発になる交感神経と合わせて、自律神経として機能しています。交感神経は緊張、副交感神経はリラックスをつかさどっていて、両神経のバランスが重要です。
副交感神経を優位にするのは、腸管の運動を活発にする食物繊維が多い食べ物や、排泄反射を促す酸っぱい食品などです。
※排泄反射とは、体が不快を感じたときの反射のこと。たとえば、酸っぱい梅干を食べると唾液が分泌するのは、排泄反射によるもの。このとき、排泄反射をつかさどる副交感神経が優位な状態となります。 

副交感神経を優位にする食品

、梅干し、ゆず、レモン、にがうり、ピーマン、しそうこん、ねぎ、しょうが、わさび、貝割れ大根、山椒唐辛子、こしょう、からし、ごぼう、たけのこ、かぼちゃ、ブロッコリー、モロヘイヤ、オクラ、しいたけ、まいたけ、なめこ、わかめ、ひじき、玄米大麦、雑穀、りんご、バナナ、いちご

 

3.腸を整える発酵食品

発酵食品には腸内の有用菌を増やし、 腐敗菌を排除して腸管の働きを整え免疫力を高めます。
発酵には食品を腐敗しにくくし、消化吸収をよくする効果もあり、老化を防ぐ効果も期待できます。

腸を整える発酵食品

みそ、しょうゆ、納豆、ぬかみそ漬け、たくあん、甘酒キムチ、テンペ、チーズヨーグルト乳酸菌飲料

 

4.ひとつの生命を丸ごといただく一物全体食

一物全体とは、ありのままの姿で分割されていない状態のこと。簡単にいえば、穀物の皮や胚もついている状態、野菜は皮や種、葉や根なども用いた状態、小さい魚であれば丸ごと食べるということです。
命があるものはそれ自体のバランスが取れているため、そのまま摂ることは、人体のバランスをとることに効果的です。
そして、丸ごと食べられないような動物や大きな魚などは、たくさん食べすぎないほうがいいと言えます。

一物全体食品

玄米大麦、雑穀、小エビ、小魚、白魚、ししゃも、わかさぎ、小あじ、いわし、大豆、枝豆、いんげん豆、白ゴマ、黒ゴマ

5.適量の水分を摂る

腸管のなかで消化の働きを助ける水分は、副交感神経の働きを優位にして体の免疫力を高め、水分が足りないと免疫力も弱まります。水を飲むと、いろいろな老廃物と一緒に尿として排出されますが、冷たい水を飲み過ぎると冷えが心配です。適量といわれる一日1.2L程度を、常温でこまめに飲むのが良いでしょう。

水に関する記事

 

6.神経質にならず楽しく食べる

いろいろ紹介してきましたが、何よりストレスを感じず楽しく食べることが大切です。
初めに紹介した自然治癒力を高める5つのポイントにもあるように、ストレスは交感神経を優位にします。神経質にならず、楽しく、ゆっくり食べましょう。リラックスできる楽しい食事はストレスを解消になり、免疫力を高めます。
店通-TENTSU-では、食にまつわる情報メディアとしてグルメレポやご当地料理、レシピ紹介の記事を発信しています。

いかがでしたでしょうか。
是非、皆様も楽しく食事をして免疫力を高めて、健康な食生活を楽しみましょう。

水2ℓ

■参考文献
「なぜ病気になるのか?」を食べることから考える (「自然治癒力を高める」新シリーズ)

f:id:tentsu_media:20200407164541j:plain