【人形町】立呑み居酒屋「酒喰洲」 今日も知ってる誰かと出会う、絶品魚料理・日本酒居酒屋 

東京で一番おすすめの立呑み居酒屋「酒喰洲しゅくず」は、人形町駅から4分、水天宮前駅は3分、浜町駅は5分。魚が群を抜いておいしい、立呑みスタイルの日本酒居酒屋です。大将と店長の温かいお人柄で、女性一人でも気軽に立ち寄ることができ、隣り合った方と魚談義・日本酒談義に花が咲くことも。大将・桜井さんへのインタビューで、酒喰洲が愛される理由に迫ります。住所:東京都中央区人形町2-15-10、電話:03-3249-7386、営業時間:17:00~23:00、定休日:日曜・祝日

みなさま、お久しぶりです。4度目の登板、でございます。
このところなかなか遠出ができず、糸の切れる機会がめっぽう少なくなってしまいました。
そこで今回は遠出をせず、東京で一番おすすめしたい立呑み居酒屋「酒喰洲しゅくず」さんをご紹介したいと思います。
f:id:tentsu_media:20200225124433j:plain
 

一人でも気軽に立ち寄れる立呑み居酒屋「酒喰洲」

今回ご紹介する酒喰洲さんは、東京メトロ「人形町駅」から歩いて約4分の場所にあります。多くの人気店が競い合う人形町の中でも、取り扱うお魚が群を抜いておいしい、立呑みスタイルの日本酒居酒屋です。
f:id:tentsu_media:20200227162002j:plain
立呑み居酒屋ならではなのでしょうか、訪れる客層はお一人様が多いのですが、偶然隣り合った方と魚談義・日本酒談義に花が咲き、自然と顔見知りがたくさんできる場所でもあります!
f:id:tentsu_media:20200225125711j:plain
私がこちらにお邪魔するようになってから、すでに7~8年。知らぬ間に自分の仕事とは関係のない業界の方や、違う国籍の方など、愉快な人達とたくさん知り合うことができました。趣味の合う友達づくりにも、もってこいのお店ですよ。
 

多すぎて選べない!絶品魚料理と日本酒を楽しむ、幸せな空間

なんといっても、酒喰洲さんはお刺身がおすすめ!貝類も合わせて、常時17〜18種類ほどもあるため、いつも何を選ぶか迷ってしまいます。
ご覧ください。このメニューの多さ!左がお魚専用のメニューです。
f:id:tentsu_media:20200227192139j:plainf:id:tentsu_media:20200227195450j:plain
旬の魚たちを大将の桜井さんが直接市場から仕入れており、季節や時期によって毎回種類が変わるので、何が食べられるのかは行ってからのお楽しみ。
今日の注文は、今が旬の寒めじな、にしん酢〆、真たら昆布〆、平目、帆立貝柱、本みる貝にしてみましょう。
f:id:tentsu_media:20200227160347j:plain
お刺身の他にも、本日のお魚メニュー「特大カマ焼き」を筆頭に、煮魚、フライ、天ぷら、湯豆腐なども注文。この湯豆腐にも牡蠣かきやタラが入っていて、さすが魚がメインのお店、さながら小鍋料理みたいになるんですよ。
f:id:tentsu_media:20200228162856j:plain

さらにユニークなのは、その注文方法。お刺身の注文は、なんと一種類一切れ単位からお願いができます(合計3枚からの注文です)。
お一人様にとっては、何種類も楽しむことができて、大変ありがたいシステムです。
f:id:tentsu_media:20200227201032j:plain:w500
 
ちなみに、今回は友人を呼んでたくさん注文していますが、私が一人でフラリと立ち寄る時は、こんな感じで好きなものを一人分楽しんでいます。
f:id:tentsu_media:20200225131148j:plain
この時注文した海老は「くろざこ海老」といい、緑の卵持ち。これがまた舌触りがよく、身はねっとり、甘くて濃厚。「誠においしい」の一言。奥のしめ鯖は浅めに〆てあって、脂の乗った生鯖の風味とともに、歯ごたえのある身の締まり具合は食べ応えがありました。
 
そして今日は、私が大好きな「アジ一匹セット」がありましたのですかさず注文!

f:id:tentsu_media:20200225131454j:plainf:id:tentsu_media:20200225175722j:plain
半身のアジのお刺身と、フライ、そして骨せんべい付き。骨もカリカリ!サクサク!これもお一人様にはうれしいセットメニューですよね。
 
今日はお魚にあわせて、日本酒は岩手の「月の輪」を注文。香りがよくてすっきりしているので、お魚との相性は抜群!ついついお酒が進んでしまいますね。数多くの魚料理と、豊富な日本酒を好きなだけ楽しめる。幸せだとしみじみ感じる時間です。
f:id:tentsu_media:20200227201538j:plainf:id:tentsu_media:20200227201231j:plain
白子ポン酢も居酒屋では定番ですが、他の店とは鮮度が違います。
f:id:tentsu_media:20200225130645j:plain
うーん、これは本当においしい。
白子ポン酢は熱燗あつかんでいただくことにします。酒喰洲さんの熱燗は高知の「美丈夫びじょうふ」、すっきり辛口。身体がじわっと温まりますね。
f:id:tentsu_media:20200227201320j:plain
そしてお酒には、先ほどのお刺身の山葵わさびが立派な「アテ」になります。こちらのは天城産の本わさび、提供直前におろすので風味が抜群なのですよ。本当においしいので、残さず味わってくださいね!
 
冬場の牡蠣も、揚げだしにして、この通り。
f:id:tentsu_media:20200225175555j:plain
冬場にしか食べられない季節限定メニューなのですが、私はこの揚げだしが大好きで、お刺身で満足した後、かなりの頻度でこちらを注文しています。
 

大将と店長の温かいお人柄に、自然と人が集まってくるお店。

そして、絶品の料理やお酒の他にも、私が足繁く通う大きな理由がありました。
その理由というのが、大将の桜井さんと店長の清水さんのお人柄の良さ。このお二人の温かい人柄から、いつ行ってもホッとできる居心地の良さに、ついつい、いつも足が向いてしまうのです。
f:id:tentsu_media:20200225125409j:plain写真:酒喰洲 大将・桜井満さん

仕事でつらい時期、どれだけこの人たちの温かい笑顔と「いらっしゃい!!」に助けられたことか。
そして彼らの人徳で集まるご常連たち。不思議なほどお客さん同士の仲がよく、大将が初めて出した大島の店舗から、20年来のご常連が何人もいらっしゃいます。
そうそう、なぎら健壱さんもその昔からの常連のお一人なんですってね。お店でときどきお見かけします。
f:id:tentsu_media:20200226145455j:plain
このお店の看板「酒喰洲」の味のあるロゴも、なぎらさんがお書きになったものなんですよ。
f:id:tentsu_media:20200225124816j:plain
 
せっかくの機会なので、大将に少しお話をうかがいました。

大将・桜井さんにインタビュー

ファンであるご常連が本当に多いですよね。常連さんの連帯感をとても強く感じます。なぜなんでしょう?

大将:桜井さん-このお店を好きになっていただける「核」になるお客様を本気で作りました。ここ人形町で店舗を構える前に、久松町でお店を開いた時は、詰めてもせいぜい8人ほどしか入れない、ごくごく小さな立呑み居酒屋でした。だから「魚と日本酒を愛する人」だけに来ていただくよう徹底したのです。その想いに賛同してくれる人達が、仲間を連れて来てくださるようになり、お店の拡張とともに、徐々に常連さんが増えていきました。知り合いが多いので、自然とみなさんの繋がりが深くなっていったのでしょうね。
f:id:tentsu_media:20200227202837j:plain写真:人形町の前に、久松町で出店した際の「酒喰洲」店舗写真
 
大将、このお店への「想い」を聞かせてください。
大将:桜井さん-何を売る店なのか、それをハッキリさせています。ウチは「魚と日本酒」を売るお店。だからそれはもう徹底して良いもの(おいしいもの)にこだわります。日本酒に関しては、年に一度初夏に会場を借りて「酒喰洲会」と称し、酒の会を開いているんですよ。
そこではお店で取り扱っている日本酒の多くの蔵に来ていただいています。いつも8~10蔵くらいかな。それぞれ自信の日本酒数種類を持って来ていただいて、お客様に蔵人の想いを聞いてもらい、「これは美味い」「あれが好みだ」と、飲み比べで大いに楽しんでいただいています。今年は5月30日に思い切って大きな会場を借りました!店長共々、張り切っていますのでぜひいらしてくださいね!
f:id:tentsu_media:20200227162611j:plain
 

今年の「酒喰洲会」は5月に開催!

インタビューで話題に出てきた「酒喰洲会」。私も毎年必ず参加して利き酒に励みますが、これだけあるとつい飲みすぎちゃうんですよね。前回はベンチャーズバンドが入ったにぎやかな会だったのですが、今回はさらにブルース&ジャズバンドも入れる予定なんだそうです。お酒だけではなく、音楽もさらに楽しめそうですね。
 
ちなみにこちらは、前回の酒喰洲会メニューと、今年の告知ポスター。
f:id:tentsu_media:20200227204020j:plainf:id:tentsu_media:20200227204028j:plain
 
■酒喰洲会詳細
開催日程:2020年5月30日(土)16:00頃〜
開催場所:日本橋浜町プラザマーム2階

新鮮なお魚を筆頭に、おいしいお料理と数多くの蔵から出すお酒の飲み比べを楽しめます。
今回はバンドを2グループいれると、大将は張り気っておられます。
  
年一回の酒喰洲会の他にも、暑気払い、忘年会、新年会などもお店で開催しています。この時ばかりは自慢のお刺身だけではなく、大将の故郷、北海道自慢の自家製ジンギスカンを大量に焼きます。
f:id:tentsu_media:20200227203945j:plain:w350
これを目当てに、いい大人がオトナ気なく我先に飛びつく光景が見られます(笑)!
おいしいものと飲み放題でワイワイガヤガヤ、大いに盛り上がり、たまたまお店にいらしたお客様でも、こういう会で知り合って仲良くなった方が大勢いらっしゃいますよ。
  
人形町、おいしい魚とおいしいお酒、ほっとする空間、「酒喰洲」。
ぜひ一度いらしてみませんか。
きっとここにしかない、おもしろい出会いが待っていますよ!
 
 
お伺いしたお店はこちら↓
■酒喰洲(しゅくず)
f:id:tentsu_media:20200227194950j:plainf:id:tentsu_media:20200227195002j:plain
アクセス:東京メトロ半蔵門線 「水天宮前駅」5番出口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 「人形町駅」A1出口 徒歩4分
都営新宿線 「浜町駅」A2出口 徒歩5分
住所:東京都中央区人形町2-15-10
電話:03-3249-7386
営業時間:月 - 土 17:00 - 23:00 L.O.22:30(※火を通すものはL.O.22:15)
定休日:日曜・祝日
酒喰洲 Webサイト

 

 
f:id:tentsu_media:20200225124433j:plain