【2020完全版】PayPay(ペイペイ)導入方法!決済手数料など無料で利用する方法は?

PayPayを導入から決済、売上金の入金手数料もすべて無料にする方法とは?お店側への売上金の入金サイクルや、決済手数料無料・初期導入費用無料・入金手数料無料はいつまでか、ペイペイの仕組みと今後の最新の情報を紹介します。ユーザースキャン方式・ストアスキャン方式の手数料、QRコード決済、キャッシュレス・消費者還元事業について、スマホ決済の店舗側のメリットと管理アプリPayPay for businessなど、詳しく説明します。

昨年2019年は、一気にキャッシュレス決済が浸透した年になりました。そのなかでもどんどん導入店舗数・利用者数が増加していったのは「PayPay(ペイペイ)」
 
店舗に導入するといっても、クレジット決済と同じように手数料がかかるのでは・・・と思われがちですが、PayPayは手数料やその他費用がすべて無料で利用できます。ここでは、PayPayをすべて無料で導入する方法、詳しい仕組みなど、2020年最新の情報をご紹介します。
f:id:tentsu_media:20200212110345j:plain

 

PayPay(ペイペイ)について

PayPay(ペイペイ)は、SoftBankとYahoo!が合同出資して設立された「PayPay株式会社」が運営するQRコード決済サービス。スマホ決済サービスは、セキュリティの面で懸念がありますが、PayPayは大手企業2社をバックに運営されているサービスのため、安心感もありますね。
 
PayPayはユーザー獲得に非常に力を入れており、「100億円あげちゃうキャンペーン」と銘打ち20%をキャッシュバックしたり、対象店舗での飲食代40%をキャッシュバックしたりと、続々と大々的なキャンペーンを打っています。
その結果、登録者数はサービスを開始した2018年10月から約1年間で2,500万人を突破、利用できる加盟店舗数は2020年2月19日現在で194万カ所を突破し、現在も増え続けています。
f:id:tentsu_media:20200221113442p:plain
 
店舗への導入は、導入費用・利用料など、現在すべてが無料で使用できます。解約にも違約金や手数料は発生しません。また、中国・台湾・香港の約8億人のユーザーが利用するスマホ決済アプリAlipay(アリペイ/支付宝)での支払いにも対応しています。こちらは別途審査が必要なので、利用するのであれば申請が必要です。
 
これだけ国内にシェアが広がっていて、費用もかからないなら、導入する他ないですよね。まずは、PayPayのユーザー側の使いやすさからご紹介します。
 

ユーザー側のメリット

支払いをするたびに一定の還元があるため、PayPayを道入している店舗かどうかで店舗選びを始めるユーザーも増えるでしょう。PayPayは今後さらに広がっていくと予想されるので、はやめに導入するのが得策です。
 
・利用手数料が無料
登録・利用手数料等が一切かからないため、手軽に始められます。

・現金派の人でも使いやすい
銀行口座からスマホで即時に引き落としてチャージできるため、クレジットカードのように使いすぎるといったことが起こりません。
 
・利用可能な店舗が多く、現在も増えている
大手チェーンやコンビニだけでなく、小売店舗や、個人の飲食店などにもどんどん導入されています。
  
・PayPayボーナスとして還元される
PayPayでお会計をするごとに、支払いの1.5%の金額が「PayPayボーナス」として還元されます。
 
・簡単に割り勘ができる、個別の金額設定も可能。
割り勘機能である「わりかん」、または送金機能を使用すると、居酒屋などで複数人で会計をする際にも、1円単位での割り勘をPayPayのアプリ上で行うことが可能です。これにより、手持ちに紙幣しかなくてもストレスフリーで割り勘ができます。
 

PayPay(ペイペイ)の導入費用は?すべて無料で使う方法は?

f:id:tentsu_media:20200206110325j:plain
それでは、ここからは店舗でPayPayを導入する際の手数料・入金の仕組みなどをご紹介します。
 

初期導入費・月額費

PayPayでは、導入の手数料も、月額の費用も一切かかりません。webやアプリから申し込みをし、審査に通ればスタートキットが届きます。導入の際は、届いたスタートキットの中に同封されているQRコードを店舗に置くだけ。その他、決済に必要な端末などを用意する必要はありません。
 
また、解約手数料も無料です。始める際も、仮にやめるとなった際にも、費用がかからないのは大きなメリットといえます。
 

決済手数料

PayPayの決済手数料は、2021年9月30日まで無料です。PayPayの決済方法には、「ユーザースキャン方式」と「ストアスキャン方式」があります。
 
■ユーザースキャン方式・・・ユーザーが店舗に置いてあるQRコードを読み取り、金額を入力して決済する方法
■ストアスキャン方式・・・店舗がユーザーのPayPayアプリのバーコードをスキャンし、決済する方法
 
無料の決済方法は、「ユーザースキャン方式」のみで、大多数の店舗が導入している方式です。なお、2021年9月30日以降の手数料はどうなるかはまだ未定です。 
通常、クレジットカード決済には一定の決済手数料がかかるため、導入していない店舗も多いかと思います。しかし、お客様がPayPayアプリ内にクレジットカードを登録していれば、クレジット決済を導入していない店舗でも実質クレジット決済を行えます。これもPayPay導入のメリットといえるでしょう。
 

入金手数料

f:id:tentsu_media:20200207110502j:plain
PayPay決済の売上金は、登録した銀行口座に振り込まれます。PayPayでは、この入金手数料も無料。こちらは2020年6月30日まで無料ですが、Yahoo!の連結子会社であるジャパンネット銀行であれば永年無料で利用できます
口座の開設は無料で行えるため、PayPay導入と同じタイミングでジャパンネット銀行の口座を開設するのがおすすめです。
 

入金サイクルは?最短翌日入金!

上記のジャパンネット銀行であれば、売上金額にかかわらず自動で翌日入金されます。クレジットカード売上のように、月に数回しか売上金が入ってこない・・・ということにならないため、利用しやすいですね。
 
■金融機関による入金タイミングと手数料
f:id:tentsu_media:20200206172146p:plain
 
上記のように、ジャパンネット銀行以外の金融機関では、累計決済金額が1万円を超えた時点で締め日となり、その翌々営業日に入金されます。
 
ジャパンネット銀行以外の金融機関でこの入金サイクルを利用する場合、2020年6月30日まで無料で利用できますが、2020年7月1日以降は1回105円(税込)の手数料がかかります。7月1日以降であっても月末のみの入金であれば、手数料無料で利用が可能です。なお、ゆうちょ銀行の場合は入金が4営業日後となります。
 

店舗側のメリット・デメリット

では、ここまでご紹介したPayPayを店舗に導入するメリットおよびデメリットをまとめてみましょう。

メリット

・販促キャンペーンにより、ユーザー数が急激に増加している
・導入も手数料もすべて無料。コストがかからない
・売上金の入金が最短翌日!
・中国大手のAlipay(アリペイ)が利用できる
・クレジット決済を導入していなくてもPayPay内のクレジット決済なら利用可能

デメリット

・決済手数料はユーザースキャンのみが無料
・手数料無料が期間限定である

デメリットとして2点上げましたが、PayPayの社長である中山一郎氏は、「手数料で稼ぐビジネスモデルにはしない」と発言しています。今後の発表を待ちましょう。
また、ユーザースキャンのお店は至るところに増えているので、お店側もユーザー側もユーザースキャンでの決済に慣れていくだろうと予想されます。
 


  

PayPayの決済方法

PayPayの決済方法には、「ユーザースキャン」「ストアスキャン」の2種類があります。前述しましたが、手数料が無料のものはユーザースキャン方式。
 
f:id:tentsu_media:20200210144621p:plain
 
PayPayを導入するには、PayPayを申し込めば届くQRコードを店舗に設置するだけ。
 
大多数の店舗では、ユーザースキャン方式でPayPayが導入されていますので、慣れているユーザーもいますが、初めて使うお客様には説明が必要な場合もありますので、レジ業務を行うスタッフにしっかりと決済手順を教えておきましょう。
 
簡単に覚えられる手順なので、心配は無用です。PayPayが投稿しているYouTubeには、動画で決済の流れを紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

決済金額を誤ってしまった場合はどうする?

また、お客様とレジスタッフで確認をしていても、誤った金額で決済してしまうこともあるでしょう。そんな際にはPayPay for businessというアプリかwebツールから簡単に返金処理が可能です。流れは以下の動画でご覧ください。
  

 

 

導入フロー

PayPayの導入は以下のような3ステップで完了。申込みから1週間程度で利用可能です。 
■PayPayの導入手順
①webサイトから申し込みフォームを入力する(PayPayアプリからも可能)
②情報を入力、審査書類をアップロードする
③初期設定をし、QRコードを設置して利用開始!
 
では、1ステップずつ詳しく解説していきます。ぜひ一緒に入力してみてください。 
 

導入手順

①申し込みフォームの入力

こちらから申し込みフォームに氏名やメールアドレス、電話番号等を入力します。
f:id:tentsu_media:20200206182419p:plain
その後、先ほど入力したメールアドレスに、審査申し込みの案内メールが届くので、それに沿って登録を進めます。
 

②審査情報を入力し、審査書類をアップロードする

審査に必要な書類は、法人か個人事業主かで異なります。以下にまとめました。
法人の場合
・法人番号
 
個人事業主の場合
・本人確認書類(運転免許証/運転経歴証明書/健康保険証/パスポート/在留カード/住民票の写し/印鑑証明書 のいずれか1つ)
 
また、下記業種の店舗は別途以下の許認可書の写真が必要です。
該当業種 必要な許認可証
中古品・リサイクル品・古物の取扱有 古物商許可証
鍼灸院・治療院・接骨院・整骨院 開設届出済証明書赤
旅行代理店 旅行業登録票
医療相談・法律相談 資格認定証 登録証
運転代行業 自動車運転代行業認定証

 
申し込み後、約2営業日で審査結果が送られてきます。
 

③初期設定とQRコード設置で利用可能に!

審査結果とともにPayPayスタートキットが送られてきます。
それをもとに、PayPayの売上金管理ツールである「PayPay for business」などの初期設定を同封のガイドに沿って行い、こちらもキットの中に入っているQRコードを設置して、準備は完了です!
 

 

「PayPayスマートスタート」で即日の利用開始も!

PayPayの導入には、上記でご紹介したwebからの申し込みの他に、PayPayの営業担当者がお店に来てくれ、PayPayの利用手続きを行ってくれる「PayPayスマートスタート」というサービスがあります。手元に審査必要書類を用意しておけば、担当者が店舗で審査や設定まで行ってくれて、即日PayPayの利用がスタート可能です。自分で申し込むのが面倒な方は、利用するのも良いですね。
f:id:tentsu_media:20200206183202p:plain
 
webからの申し込みで自分でパッとやってしまいたい!という方はこちらからどうぞ。
 

PayPayの売上金の管理は「PayPay for business」で

PayPayを導入すると、売上金の管理が複雑になるのではないかと思われるかもしれませんが、PayPayでの売上金は、PayPayのビジネス用ツール「PayPay for business」にて、スマホアプリやwebから簡単に管理できます。
 
PayPay for businessには、以下の機能が備わっています。

決済データを検索、照会、決済のキャンセル、決済データのダウンロード
入金レポートの確認、入金データのダウンロード
QRコードの表示、ダウンロード、印刷
ブランド情報の管理、編集
店舗情報の管理、編集
ユーザーの追加
通知設定の変更
お知らせの確認
 
QRコード決済は個人事業主でも導入できる!メリットと特徴まとめ-PayPay

 
PayPay for businessは、スマホアプリでも閲覧できるのが便利な点。決済データが自動でアプリ内に反映されるため、即時で売上の確認が可能です。
また、アプリだけではなくwebからの管理も可能なので、スマホでもPCでも売上金の確認ができます。

キャッシュレス・消費者還元事業者への申請も行おう

f:id:tentsu_media:20200206133036p:plainf:id:tentsu_media:20200206133049p:plain
加盟店になると配布される店頭用ポスター
2019年10月、消費税が8%から10%になりました。そこで国は、増税緩和対策として「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施しています。

これは、対象店舗においてキャッシュレス決済を行うと、2%か5%が消費者に還元されるというもの。コンビニやガソリンスタンドなどのフランチャイズチェーンでは2%、その他中小規模の店舗では5%の還元率となっており、還元分の決済額は国が負担をしています。
 
対象店舗になるには申請が必要ですが、キャッシュレス・ポイント還元事業対象店舗になれば、個人店舗であれば店舗の負担ゼロで5%の還元をお客様に提供できます。キャッシュレス・消費者還元事業の店舗も現在はさまざまなところにあるので、消費者心理としてはそのような店舗を選んで訪れたくなるもの。お客様の満足度の向上にも繋がります。
 
f:id:tentsu_media:20200206132910p:plain
 
この施策の期間は2020年の6月末までです。参加の申し込み締め切りは2020年4月末なので、申請するなら今。PayPayに登録すると案内メールが届くので、そこから申請をすることが可能です。
  

 

PayPayを導入するなら今!

PayPayは現在、ユーザーも店舗も利用料のかからないサービス。もちろん、ご紹介したようにメリットもあればデメリットもありますが、”PayPayが使えるかどうか”でお店を選ぶユーザーが増えていることは、無視できない状況にあります。
PayPayが使える店舗では必ずPayPayで支払う店通編集部の私も、現金で払うよりはユーザースキャン方式であってもPayPayで決済をするほうが楽だと感じます。
  
各種手数料が無料のうちに店舗に導入して、お客様の反応を見てみる、といった試験的な運用も可能です。無料で導入できるこの機会に、PayPayを導入してみてはいかがでしょうか。
 

 

■PayPayの副社長、馬場一氏にPayPayの今後を聞いてきました!

今回ご紹介した以外にも、PayPay導入により客単価があがるなどのメリットがあることがわかりました。ぜひ併せてご覧ください。

店通編集部

f:id:tentsu_media:20200212110345j:plain