「バターコーヒー」だけでダイエットできない!!短時間でダイエット効果を高める「ケトン体」食事法。

バターコーヒーダイエットの効果と注意点、正しいやり方、作り方とは。バターコーヒーとは、バターとMCTオイルをブラックコーヒーに入れて作られ、完全無欠コーヒーや防弾コーヒーとも呼ばれます。食事をコントロールしないと太ってしまう可能性があるため、糖質制限を行うことが必須。バターコーヒーダイエットについて詳しく紹介します。


世の中には色々なダイエット法があります。アメリカ発祥の「バターコーヒーダイエット」は、近年日本のダイエッターの中でも話題になっています。
しかし飲むだけではダイエットができないことをご存じでしょうか?
バターコーヒーの本質をきちんと理解しないままダイエットとして行うと、痩せられないし、逆に太ってしまう可能性があります。自分の体質に合わないダイエット法を行うのは逆に不健康になりやすいです。誤ったダイエットとならないように、バターコーヒーを正しく理解しましょう!


バターコーヒーとは?

f:id:tentsu_media:20190226143958j:plain
バターコーヒーは、簡単に説明すると、バターとMCTオイルをブラックコーヒーに入れて作られるコーヒーのこと。
防弾コーヒー、または完全無欠コーヒーと呼ばれています。
防弾コーヒー(英語ではBulletproof coffee)という名前は、これだけを飲めば朝食を抜いても頭がすっきりし、まるで「弾丸まで防げる」ような体になるということに由来しています。
コーヒーの中のバターにより、腹持ちがよく、満足感を得られます。

バターコーヒーダイエットって?方法・ポイントは?

バターコーヒーダイエット方法

バターコーヒーダイエットを効果的に行うには、「ケトン体」食事法は外せません。ケトン体は、脂肪を代謝するエネルギーのこと。「ケトン体」食事法とは、高脂質、適量のタンパク質と少量の糖質の摂取を基本とする食事法です。この食事法のメリットは体内にある脂肪の燃焼を促せること。
私たちの体は、毎日吸収した糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質、という三大栄養素を分解して、エネルギー源として体に供給しています。体内の糖質が十分にある場合は、体は糖質を優先的に代謝し、エネルギーを作ります。

体内の糖質が不足した時、体はエネルギーを作るために、体内の脂肪を代謝できるケトン体を産出します。つまり、体内の糖質を減らせば、脂肪の燃焼を高められ、ダイエットにつながるのです。
ケトン体を産出するためには、一日の糖質量を50gに抑えることが必要です。朝食の代わりにバターコーヒーを飲み、食欲を抑えながら、プチ断食を行うことで、体脂肪の燃焼を高めるケトン体が生成され、短期間でダイエット効果を出すことができます。なので、効果的なダイエットをするには、バターコーヒーを飲んだあと、昼食と夕食の量を抑えながら、糖質制限&高脂質の食事を行うことがポイントです。

バターコーヒーがダイエットに効果的な仕組み

コーヒーの中に含まれるカフェインには、集中力を高める効果があります。さらに、バターコーヒーに使ったMCTオイルは、ココナッツやパームフルーツから精製された中鎖脂肪酸ちゅうさしぼうさんオイルであり、体で分解されやすいため、短時間で体にエネルギーを供給でき、仕事効率と生産性も向上させます。
日常の食事でよく使われている、キャノーラ油やオリーブオイルなどの油脂に含まれている長鎖脂肪酸ちょうさしぼうさんと違い、中鎖脂肪酸の分子構造は長鎖脂肪酸より半分短くなっています。そのため、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸より4倍くらいはやく体で分解されます。
f:id:tentsu_media:20200214170643p:plain

オイルをたくさん食べるのは逆に太るのではないか、という疑問が浮かんでくると思います。実はMCTオイルの中鎖脂肪酸は体に脂肪としてつきにくい性質があります。その理由は、長鎖脂肪酸との代謝経路が違うため。長鎖脂肪酸は体に吸収されたら、リンパ管、静脈を通じて、肝臓、筋肉と脂肪に運ばれ、貯蔵されて必要に応じてエネルギーに分解されます。中鎖脂肪酸は体に吸収されたあと、直接肝臓に運ばれてすぐエネルギーに分解されます。

f:id:tentsu_media:20200214170658p:plain

ダイエットにはこんな食材も効果的!
▶ ダイエット食材まとめはこちら ◀


食事をコントロールしないと太ってしまう可能性もある!

バターコーヒーを飲んでから、逆に太ってしまったケースもあります。バターコーヒーのダイエット効果について疑問視する声は、ネットでも上がっています。

「ケトン体」食事法を行う際に、糖質を含む食べ物も一緒に食べると、体は糖質を優先して分解して、分解されなかった脂肪は蓄えてしまいます。つまり、バターコーヒーを摂ったあと糖質制限をしないと、バターコーヒーの中の脂肪がそのまま体に蓄えられるのです。これがバターコーヒーを飲んでも効果が出ない原因です。

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーは家でも手軽に作れます。用意する材料は、ブラックコーヒー、無塩のグラスフェッドバターとMCTオイルです。
ただ、バターをコーヒーに加えて溶けるまでかきまぜることではありません。ミキサーや泡立て器でしっかり混ぜることで、バターとMCTオイルが体に吸収されやすくなり、おいしくもなります。
無塩のグラスフェッドバターは牧草牛の乳で作ったバターです。一般的に家庭で使われるバターより、タンパク質と不飽和脂肪酸がたっぷりなので、値段もかなり高いです。

MCTオイルはココナッツ油やパーム油などから、中鎖脂肪酸を抽出したオイルです。ココナッツオイルで代用するレシピもありますが、MCTオイルは純度100%の中鎖脂肪酸が含まるのに対し、ココナッツオイルは60%の含用率。MCTオイルのほうが体に効率的に吸収されるため、ダイエット効果は高くなります。


基本普通のブラックコーヒーでいいですが、浅煎りのコーヒー豆が最も理想的です。なぜなら、肌にダメージを与える活性酸素から守ってくれるポリフェノールが多く含まれているためです。

(※牧草牛:牧草だけを食べて育った牛)


■材料
1.) フレンチプレスか、またはフィルターコーヒー(ブラック)/150mlほど
2.) MCTオイル/大さじ1 (15cc)
3.) グラスフェッドバター 30g

■作り方

f:id:tentsu_media:20190225170517j:plain f:id:tentsu_media:20190225170446j:plain
①まずはフレンチプレスか、フィルターを使用して、コーヒーをれます。

②淹れたコーヒーとMCTオイル、バターをミキサーに入れます。

f:id:tentsu_media:20190225170559j:plain f:id:tentsu_media:20190225170612j:plain
③ ミキサーがなければ、泡立て器で代用するのも可能です。材料が乳化するまで撹拌かんはんするのがポイントです。
④ 完成!カフェラテのような味わいになり、とてもおいしいです。

バターコーヒーダイエットの注意点

f:id:tentsu_media:20200217183115j:plain
朝食のかわりにバターコーヒーで満腹感を得られたり、エネルギー補給ができるといっても、最低限の栄養素を十分に摂らないと長期的な影響としては、栄養不足になる可能性があります。なので、長期で朝食の代わりに、バターコーヒーだけを飲むのはおすすめしません。バターコーヒーを飲む際には、ゆで卵、アボカドなど、タンパク質やビタミン、食物繊維を含んでいる食材も食べるほうが理想です。

まとめ

バターコーヒーダイエットの効果を出すためには、バターコーヒーを飲むだけではなく、糖質制限を行うことが必須です。栄養失調にならないよう、体に必要なタンパク質、ビタミンを含む食事を摂りましょう。そうすると満腹感が得られ、栄養バランスにも配慮できます。
こちらの記事はあくまでも参考程度に留めてください。実行する前には、ちゃんと栄養士や専門の方から意見を聞き、自分に合うダイエット法を選びましょう。

くぼたん

f:id:tentsu_media:20190226143958j:plain