【インフルエンザ予防に!】乳酸菌の効果・効能とは?乳酸菌飲料を1年間飲み続けてみた結果

乳酸菌の種類ごとの特徴、効果・効能と、インフルエンザ予防できる乳酸菌飲料とは。実際に毎日乳酸菌を1年間飲み続けて実感した効果、乳酸菌を食事で摂取する方法を紹介します。風邪やインフルエンザの予防には、病原体を取り除く働きをする免疫が重要で、免疫機能を活性化させる乳酸菌で掛かりにくくなるといわれています。1073R-1乳酸菌、L-92乳酸菌、乳酸菌L-137、プラズマ乳酸菌といった、さまざまな種類の乳酸菌の特徴と効果・効能を紹介します。

こんにちは。食べ物よりも飲み物で健康効果を実感したいあおです。
 
徐々に寒くなってきて、風邪やインフルエンザが流行する季節になってきました。数年前に生まれて初めてインフルエンザにかかって以来、毎年何が何でも、絶対にインフルエンザにはかかるまいと強い気持ちでいるのですが、どんなに意気込んでいても冬には必ず体調を崩します。毎年予防接種を受けてはいるのですが、それでも不安は拭えません。
 
そんなときに、「乳酸菌飲料がインフルエンザ予防になる」という話を聞き、わらにもすがる思いで乳酸菌飲料を飲み始めました。
風邪やインフルエンザを予防するためには、外から入ってくる病原体を取り除く働きをする免疫が重要であることは、みなさんご存じだと思います。その免疫機能を活性化させる働きがある乳酸菌を摂取することで、風邪やインフルエンザになりにくくなると考えられています。 
 
今回は風邪やインフルエンザの予防という観点から、乳酸菌をご紹介していきます。
 

 

乳酸菌とは

乳酸菌
 
乳酸菌には、腸内で形成された細菌のバランスを調整し、環境を整える働きがあります。腸は免疫細胞の多さから「最大の免疫器官」とも呼ばれています。
その環境を乳酸菌が調整してあげることで、腸内にある免疫細胞が活性化し、免疫力が高まると言われています。
 

乳酸菌の種類と特徴、効果・効能

一口に乳酸菌といっても、さまざまな種類の乳酸菌があります。今回は、乳酸菌がもたらす効果と合わせて、その乳酸菌を手軽に摂れる飲み物をご紹介します。
 

【1073R-1乳酸菌】

1073R-1乳酸菌は、免疫調整作用があるとされている多糖体を多く作り出すことが特徴です。乳酸菌をはじめとする微生物が、菌体外に作り出す多糖体をEPSと呼び、このEPSは生き物に対して免疫機能を活性化させる効果があります。特にEPSには、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きがあります。
 
NK細胞は、私たちの体の中で細菌やウイルスの侵入をいち早く察知して攻撃するという作用を持っています。そのためNK細胞を活性化させることで、風邪やインフルエンザウイルスなどの病気になりにくくなります。
 
■この乳酸菌を摂取できる飲み物
 明治ヨーグルト R-1
 
 

【L-92乳酸菌】

L-92乳酸菌にも、NK細胞を活性化させる作用があり、ウイルスの感染予防に効果があるとされています。ウイルスの増殖を防ぐためには、NK細胞を活性化させることが重要なので、L-92乳酸菌もインフルエンザ予防になる乳酸菌であると言えます。
またその他にも、花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状緩和に効果があるという研究結果が発表されています。
 
■この乳酸菌を摂取できる飲み物
 カルピス 守る働く乳酸菌 L-92
 
 

【乳酸菌L-137】

L-137乳酸菌には、風邪の発症や発症時の症状を抑える効果があるとされています。「なれずし」という発酵食品から発見されたこの乳酸菌は、加熱処理することで、免疫を改善する効果がより高まります。これは、体の消化液の影響を受けにくくなり、多くの免疫細胞の集まる腸まで届くようになるためです。また、長期保存も可能になります。
 
■この乳酸菌を摂取できる飲み物
 まもり高める乳酸菌 L-137
 
 

【プラズマ乳酸菌】

プラズマ乳酸菌の最大の特徴は、プラズマサイトイド樹状細胞と呼ばれる免疫細胞の土台部分を、直接活性化できる乳酸菌であることです。免疫細胞には、先に挙げたNK細胞の他に、キラーT細胞(ウイルス感染細胞を殺傷する作用)やB細胞(ウイルスに対する抗体を作る作用)、ヘルパーT細胞(キラーT細胞やB細胞の働きを助ける作用)などがありますが、プラズマサイトイド樹状細胞はこれらの免疫細胞をすべて活性化できます。一般的な乳酸菌では一部の免疫細胞しか活性化できませんが、プラズマ乳酸菌を摂取することで、免疫全体がより活発に働き、免疫力を高められるとされています。
 
■この乳酸菌を摂取できる飲み物
 iMUSE
 
 

実際に1年間毎日飲み続けてみて

f:id:tentsu_media:20191122183517j:plain
 
乳酸菌生活2年目に突入しましたが、大切なことは継続的に続けることだと思います。
ちょうど1年前から乳酸菌生活を始め、毎晩R-1を1本飲むようにしたところ、昨年の冬は風邪やインフルエンザで大きく体調を崩すこともなく冬を乗り切ることができました。その時は乳酸菌の効果なのかどうかは半信半疑でしたが、春になり「もうそろそろ飲まなくても大丈夫かな」と飲むのをやめたタイミングでちょうど体調を崩したので、本当に乳酸菌のおかげだったのかも…と思い今年も続けることにしました。(※個人の感想です)
みなさんも乳酸菌生活を始める際は、ぜひ継続的に続けてみてください。
 

乳酸菌を食事で摂取するには

今回の記事では、乳酸菌を飲み物で摂取する方法をまとめましたが、乳酸菌は食事からでも摂取することができます。
 
今回ご紹介したもの以外の乳酸菌の効果・効能はこちらの記事をご覧ください。

 
乳製品が苦手な方は、しっかり発酵させて作られたキムチでも乳酸菌を取り入れることができます。

 

終わりに

どの乳酸菌も、免疫を改善し病気になりにく身体になるという効果は同じなので、継続的に摂取することで風邪やインフルエンザの予防になるのではないでしょうか。
それぞれドリンクタイプやヨーグルトタイプ、ゼリー飲料、サプリメントなどさまざまな商品が販売されているので、自分に合ったものを選んで乳酸菌生活を始めてみませんか。

その他の健康記事はこちらから



 
 
<参考サイト>

あお

f:id:tentsu_media:20191110160934j:plain