バーってどんなところ?初心者でも、一人でも楽しめる!定番おすすめカクテルは?

バーとは。お酒に詳しくなくても、ひとりでも楽しめる場所です。バー初心者も行き慣れてしまえばこちらのもの。チャージ、一杯の価格、カクテルの頼み方、お会計の仕方といったバーの基礎知識。そしてオーセンティックバー、ショットバー、スタンディングバー、ダイニングバーと、さまざまあるバーの種類。さらに、ショートカクテルとロングカクテル、カクテルのベースと定番カクテル、2本のストローがついてくるカクテルなど、カクテルの豆知識やおすすめについてなど、バーでの楽しみ方を紹介します。

バーってなんだか敷居が高そう・・・
種類が多くて、何を頼めばいいのかわからない・・・

 
このような思いから、行きたくてもなかなかバーに行けないという方もいるのではないでしょうか。かく言う私もそうでしたが、今ではひとりでもふらっと行ける場所になりました。バーはお酒に詳しくなくても楽しめる場所です。行き慣れてしまえばこちらのもの!
 
今回は、バーの基礎知識やカクテルについてなど、バーでの楽しみ方をご紹介します。これで初めてのバーも怖くない!
f:id:tentsu_media:20190515185853j:plain

バーとは?どんなところ?どう利用する?

主にお酒の提供をメインとする店舗のことをバーと呼びます。食事は、軽いつまみ程度のものを用意している店舗がほとんど。居酒屋やバルのように、食事とお酒を楽しむような場所というよりは、本格的なお酒を楽しむといったところでしょうか。
バー初心者にとっては、バーでの作法など、気になることもあると思います。そこで、押さえておきたいポイントをご紹介します。
 

チャージって?

バーといえば、よく聞くのが「チャージ」という概念。「テーブルチャージ」「カバーチャージ」というもので、いわゆる席料のことです。お店によって料金設定はさまざまですが、おおむね500~1,000円の間で設定されることが多いです。チャージのないお店もあるので、ノーチャージで飲みたい!というときにはそういったお店を探しましょう。
 

バーのお酒、一杯の価格はいくらくらい?

バーといえば、お酒が高いというイメージのある人も多いのではないでしょうか。確かに、一般的な居酒屋より料金設定は高くなっています。
だいたい、カクテルであれば800~1,500円程度と考えておくのがいいでしょう。
ウイスキーなどになってくると、もっと高額なものもあります。
 

カクテルの頼み方は?

f:id:tentsu_media:20190513175532j:plain
バーには、カクテルだけでもたくさんの種類があり、メニュー表のないお店もあります。何を頼めばいいかわからず困ってしまいそうですが、バーでは、お酒の種類がわからなくても、好みを伝えれば適したカクテルを作ってもらうことができます。
 
・アルコールは弱めか、強めか
・炭酸が入っているか、いないか
・どんな味か(甘め/すっきり/苦みのある など)

 
この3点を伝えてオーダーをすれば、バーテンダーが好みを考慮して作ってくれます。お気に入りのカクテルも見つけやすそうですよね。
 

お会計の仕方は?

お会計は席に座ったままするのが一般的です。バーテンダーに「お会計をお願いします」と伝えて、席で待っておきましょう。
 

さまざまある!バーの種類

f:id:tentsu_media:20190516115957j:plain
〇オーセンティックバー
オーセンティックは、「本物の」という意味です。お酒の種類が豊富で、熟練の技術を持つバーテンダーがいることがほとんどである、いわゆる正統派のバーのこと。一般的にバーと聞いて多くの方がイメージする、静かで落ち着いたバーはこのオーセンティックバーです。ホテルの中にあることもあります。格式の高いオーセンティックバーでは、ドレスコードがあるお店もあるので気をつけましょう。
 
〇ショットバー
「ショットバー」という言葉は、実は和製英語。グラスで1杯ずつ提供するバーのことをいいます。オーセンティックバーが、少しカジュアルでリーズナブルになったバーです。
 
〇スタンディングバー
立ち飲みスタイルのバーのこと。立ち飲みなので他のバーよりも気軽さがあるのが特徴で、待ち合わせ前など、ちょっとした合間にも利用しやすいです。また、席がない分、自由に店内を動けるので、お客さん同士が仲良くなりやすく、自由な雰囲気があるといえるでしょう。
 
〇ダイニングバー
少しバーからは離れますが、食事もできるバーのこと。バーには主に、つまみとなるようなものしか置いていないことが多いですが、ダイニングバーでは食事も楽しめます。お酒を飲めない人がいる場合は、こちらを利用するのもいいですね。
 
この他にも、近年バーは多様化しており、日本酒をメインに提供する日本酒バー、焼酎をメインに提供する焼酎バーなど、特定のお酒にフォーカスを当てたバーや、ダーツバー・ゴルフバーのような、アミューズメントに重きを置いたバーもあります。
 

バーといえばカクテル!カクテルの豆知識やおすすめ

お酒について詳しくなくてもバーは楽しめますが、カクテルについて知識があれば、さらに楽しむことができそうですよね。そこで、バーでのお酒といえば連想される、カクテルについてお話しします。
 

ショートカクテルとロングカクテル

f:id:tentsu_media:20190508131627j:plainf:id:tentsu_media:20190514163655j:plain
(左)ショートカクテル (右)ロングカクテル
ショートカクテルとロングカクテルの違いは、グラスの長さだと勘違いされることが多いですが、それは間違い。
氷が入っていなければショートカクテル、入っていればロングカクテルに分類されます。
 
ショートカクテルは、氷が入っていないので、ぬるくなる前に短い時間で飲むことを推奨されているカクテルです。15分程度で飲む方がベターといわれています。
一方、ロングカクテルは、氷が入っているため、ぬるくなるのに時間がかかります。よって、ゆっくり飲むのに適したカクテルです。
 
ショートカクテルもロングカクテルも、使用されているアルコールの量は同等とされており、一般的にはショートカクテルの方がアルコール度数が高いです。 
  

カクテルのベースと定番カクテル

◎世界4大スピリッツ◎

スピリッツ(蒸留酒)とは、穀物や果物をアルコール発酵させたお酒(醸造酒)を、さらに蒸留させて作ったお酒のこと。まずは、世界4大スピリッツとされる4種のお酒からご紹介します。
 
ジン
f:id:tentsu_media:20190514172213j:plain
大麦・ライ麦・ジャガイモなどを原料としており、ベースとなるスピリッツにジュニパーベリー(ネズの実)やさまざまなボタニカルを加え、もう一度ゆっくり蒸留させて作るお酒。
 
~定番カクテル~
ジントニック...ジン+トニックウォーター。苦味の中に甘みがある、さっぱりとしたカクテル。
 
ギムレット...ジン+ライムジュース。ショートカクテルなのでアルコール度数は高いが、きりっとした爽やかな飲み口。『ロング・グッドバイ』という小説にも出てくる有名なカクテル。
 
ウォッカ
f:id:tentsu_media:20190514172239j:plain
原料はジンと同じだが、ウォッカは、蒸留した原酒を白樺しらかばの炭によってろ過させており、無味無臭のお酒。アルコールは強いが、雑味がなく飲みやすいのが特徴。
 
~定番カクテル~
スクリュードライバー...ウォッカ+オレンジジュース。オレンジジュースの味がアルコール感を薄め、優しい口当たりに。
 
モスコミュール...ウォッカ+ジンジャエール。アルコール度数は比較的高いが、クセのないウォッカのおかげで飲みやすいカクテルになる。
  
ラム
f:id:tentsu_media:20190514172319j:plain
サトウキビから作られるお酒。カラメルを焦がしたようなほろ苦さと、甘みのある独特な味である。カクテルの材料だけではなく、「ラムレーズン」など、お菓子作りに利用されることも多い。
 
~定番カクテル~
モヒート...ラムにライムとミントと砂糖を加え、ソーダで割ったもの。少し甘いが、ミントの清涼感があり、さっぱりとしている。
 
ラムコーク...ラム+コーラに、レモンかライムを添える。正式名称は「キューバリブレ」。コーラの味が強く出るカクテル。
  
テキーラ
f:id:tentsu_media:20190514172446j:plain
竜舌蘭(リュウゼツラン)という熱帯域の食用作物から造られる蒸留酒。日本では、罰ゲームで一気飲みをするものというイメージが強い方も多いが、ライムと塩をセットにすると、ストレートでもおいしく飲めるお酒である。
 
~定番カクテル~
テキーラサンライズ...テキーラ+オレンジジュース+グレナデンシロップ(ザクロのシロップ)。太陽が昇る様子を表すかのようなオレンジと赤色のグラデーションが美しいドリンク。さっぱりしていながらも甘くて飲みやすい。
  

◎リキュール◎

f:id:tentsu_media:20190516182149j:plain
リキュールとは、蒸留酒に果物やハーブを入れて香味を移し、そこに砂糖やシロップや着色料を加えたお酒のこと。さまざまありますが、特に有名なリキュールを4種ご紹介します。
 
カンパリ
苦味のなかにハーブがかすかに香るお酒。定番カクテルは、オレンジジュースで割ったカンパリオレンジや、ソーダで割ったカンパリソーダ。
   
カルーア
コーヒーの苦みと、甘みが特徴のお酒。定番カクテルは、牛乳で割ったカルーアミルク。甘くて飲みやすいため、女性が好むことが多いが、アルコール度数は決して低いとは言えないので注意が必要。
 
カシス
カシスの果実から作られるお酒。定番カクテルは、オレンジジュースで割ったカシスオレンジや、ウーロン茶で割ったカシスウーロン、炭酸で割ったカシスソーダなど。どれも大変飲みやすい。
 
マリブ
ラム酒をベースに、ココナッツの風味が効いたお酒。定番カクテルは、コーラで割ったマリブコーラ。南国系のフルーツジュースで割っても合う。
 

2本のストローがついてくるカクテル!?

フローズンスタイルの、シャーベット状のカクテルには、細いストローが2本ついてくる場合があります。これは、ひとつのドリンクを2人で飲むため...というわけではなく、溶けてくるシャーベットを混ぜる際に使うストローで、『ステアリング・ストロー』と呼ばれます。このストローは飲むときに使ってもよく、1本は氷が詰まった際の予備としてさされています。
 
2本のストローを同時に使って飲むと、直接グラスに口をつけて飲むときと同じくらいの量を飲むことができるので、2本ともを使用して飲むのもよいでしょう。
 

まとめ

f:id:tentsu_media:20190515185445j:plain
バーについての豆知識やカクテルについてご紹介しましたが、よくバーに行く人であれば、自分が好きなお酒を毎回頼むという人も多いのではないでしょうか。
 
好きなお酒を楽しむのもいいですが、たまにはバーテンダーさんに好みを伝えて作ってもらうカクテルを楽しむのもおすすめ。
好みだけど知らないカクテルを知れたり、そのお店のバーテンダーさんオリジナルのカクテルを作って出してくれることも。そのお店でしか飲めないカクテルって、なんだか素敵ですよね。ぜひバーで楽しい夜を過ごしてみては?
 

店通-TENTSU- バーに関する記事はこちら

店通では、これまでにダイニングバーやビアバーなどを取材してきました。ぜひあわせてご覧ください。
www.tenpo.biz

 

店通編集部/ぴのこ

f:id:tentsu_media:20190514162604j:plain