飲食店の集客に最も必要なことは?販促ツールを賢く使ってリピーターを増やす方法

飲食店の集客とは?販促ツールとは?新規の集客とリピーター集客に対し、『飲食店での集客はどのように行われているのか?』アンケート調査を行いました。飲食店における集客方法の現状と悩み、集客のポイント、無料の集客ツールとは?無料アプリでできる集客策や、その他の機能でより売上アップさせ、リピーター客を増やし、集客力をアップさせる方法をお伝えします。

飲食店のみなさん、集客はどのようにしていますか?以前店通-TENTSU-では、チラシ集客についての検証を行いました。今回は、飲食店の方々にアンケートを実施し、集客方法についての調査を行いました。
そこから見えてきた、飲食店の集客にまつわる課題を解決するツールをご紹介します。
f:id:tentsu_media:20190828181344j:plain

飲食店の集客とは?新規集客とリピーター集客

f:id:tentsu_media:20190816174324j:plain
飲食店の集客において、大切なことは何ですか?そう尋ねられると、新規顧客を増やすこと、と言ってしまいそうですが、実は新規顧客だけを頼りにするのは危険なことなのです。 
 
マーケティングにおいて有名な法則に、「5:25の法則」というものがあります。これは、顧客離れが5%改善されれば、利益率は25%改善されるというものです。また、「1:5の法則」では、新規顧客の集客には、再来店対策の5倍の費用がかかるともいわれています。
つまり、集客を増やすには、新規顧客を増やすよりもリピーターを増やし、常連客を安定させる方が効率的なのです。
 
「1回行って良いお店だったから」と再来店するのは、心理的にもハードルが低く、行きやすいですよね。同じ「1人」を呼ぶならば、一度来てくれたお客さんをしっかりつかんで再来店してもらう方が容易です。 
 

新規顧客を集客するには

とはいえ、お金をかけずに新規顧客獲得のためにできる施策もあります。最近では、飲食店の集客において「MEO(※)」が重要とされているため、まずはGoogleマイビジネスに登録することから始めるのが良いでしょう。
 
 
(※)...Map Engine Optimizationの略。Google mapにおける検索エンジン最適化のことで、「地名+キーワード」で検索をした時に上位に表示される状態を目指すこと。

アンケート調査『飲食店での集客はどのように行われているのか?』

それではここで、店通-TENTSU-で行ったアンケートを見ていきましょう。
「飲食店の経営者はどんな集客策を行っているのか?~店通-TENTSU-実態調査~」◇調査概要◇
調査対象:店通-TENTSU-読者(飲食店経営者・運営者・調理者・サービススタッフ 他)
回答数:126名
調査期間: 2019年7月16日~2018年8月16日
調査方法:インターネットによるアンケート調査
  
1.あなたの職業を教えてください
2.お店の集客で困っていることは何ですか(複数回答可)
3.お店の集客のために何をしていますか(複数回答可)
4.リピーターを獲得するためにしていることはありますか(複数回答可)
5.お店の集客にひと月どれくらいのお金をかけていますか
6.あなたのお店ではスタンプカードを集客策として活用していますか

f:id:tentsu_media:20190816173222p:plain
1.あなたの職業を教えてください
f:id:tentsu_media:20190816113552p:plain
2.お店の集客で困っていることは何ですか(複数回答可)
f:id:tentsu_media:20190816113959p:plain
3.お店の集客のために何をしていますか(複数回答可)
f:id:tentsu_media:20190816114555p:plain
4.リピーターを獲得するためにしていることはありますか(複数回答可)
f:id:tentsu_media:20190816115048p:plain
5.お店の集客にひと月どれくらいのお金をかけていますか
f:id:tentsu_media:20190816131357p:plain
6.あなたのお店ではスタンプカードを集客策として活用していますか




飲食店における集客方法の現状と悩み

・「認知度が低い」「新規顧客が増えない」「日によって集客にバラツキがある」が集客の課題のトップ3を占める
・リピーターを獲得するための施策を行っていない店舗が多い
・ひと月にかけるお金は64%が1万円未満
・スタンプカードを活用していない・できていない店舗が74%
  
前述した通り、集客において費用対効果が高いのは、新規顧客よりリピーターを獲得すること。そのため、まずは「リピーターを増やすこと」「効果的な集客に費用を投じること」が重要だということがわかります。なお、一般的に、売上の3%を販促費にかけることが妥当だといわれています。これをひとつの目安にしても良いですね。
 

飲食店における集客のポイント

それでは、アンケートから見えてきた課題に対する対策を見ていきましょう。f:id:tentsu_media:20190808162725j:plain

1.リピーターを増やす

初来店のお客さんが2回目に来店する確率は、約30%だと言われています。それでは、なぜ10人中3人しか訪れないのでしょうか。あなたがお客さんの場合で考えてみると、お店を「忘れていた」という理由で再来店しないことが多くありませんか?ところが、お店への来店が3回を超えると、その後のリピート率は90%に跳ね上がるというデータがあります。つまり、店舗の存在を忘れられないための施策と、この3回の来店を導く施策を行うことが重要なのです。
  

2.スタンプカードを活用する

スタンプカードを活用することで、リピート率のアップにつながることがわかっています。活用法としては、特典をもらえるまでに貯めるスタンプの数は少なくし、貯めるともらえる特典がお客さんにとって嬉しいものだとなお効果的です。
また、同じ10個のスタンプを貯める場合でも、「最初に2個貯まっていて残り10個を貯める12個のスタンプカード」と、「ゼロから10個貯めるスタンプカード」であれば、前者の方が効果が高いといわれています。これは、「エンダウド・プログレス効果」というもので、ゴールに対し少しの前進を感じたときに、人はモチベーションがあがるという習性によるものです。
 
スタンプカードはこのように、集客において効果的な一面はあるものの、なくされたり、財布の中でかさばって捨てられたりする可能性もあるため、そのための対策をとる必要があります。
  

3.闇雲やみくもに広告費を投じない

食材費や人件費、家賃に光熱費と、なにかと費用がかかるのが飲食店。そのため、より利益をあげるためには、今行っている・行おうとしている集客策が本当に効果的であるかを見定めなければいけません。サービスによっては、効果にかかわらず月額利用料がランニングコストとしてかかってくる場合があります。費用対効果にかなっているかをしっかりと見極めることが賢明です。
  

そんな課題を解決する集客ツールとは・・・

私たち店通編集部は、そんな課題を解決できる注目のツールを、先日、由比ヶ浜海の家で発見しました。売上があがった場合しか利用料がかからず、月の支出金額も調整できる集客アプリ「sunny good shops」です。
店舗アプリといえば、やめる際に違約金が発生するためやめられない、高い、運用が大変、といったマイナスイメージがある方もいると思いますが、sunny good shopsはそんなイメージを払拭ふっしょくするアプリです。
 
アプリの使い方や動作、概要など、詳しい内容は上記の記事をご覧いただきたいのですが、ざっくり説明すると…
 

sunny good shopsとは

sunny株式会社(以下、sunny社といいます)が提供する、飲食店やアパレルショップ、劇場など、さまざまな業種の店舗で使える成果報酬型の集客アプリ。

○登録は無料
○クーポンやスタンプカード機能、タイムセール機能が使える
○初期費用も月額利用料も無料
○スマホからお店の情報を簡単更新
○店舗外収益も得られる
 
一番の特徴は、「売上が上がった際にしか利用料がかからない」という点。アプリの実際の画面は以下のような仕様です。
f:id:tentsu_media:20190819105626p:plain
sunny good shopsアプリ 実際の画面
これらの機能により、集客の課題である「集客のばらつき対策」「リピーター獲得」にアプローチできるのです。

月額無料・成果報酬型アプリ「sunny good shops」でできる集客策

○初期費用・月額費用・違約金なし!「売上>コスト」の集客が実現
店舗の登録は無料。通知に必要なビーコンや、スタンプ押印に必要な機器はsunny社から無料で貸出をしてもらえます。利用料がかかるのは売上があがった時のみなので、一般的な集客ツールのように、効果がないのにお金を払う必要がありません。必ず、「売上>コスト」という形になり、月の利用料の上限も設定できるため、お店の販促計画にあわせて利用することが可能です。
 
○集客をコントロールしてバラツキを抑制!
アイドルタイムなどのお客さんがあまり来店しない時間帯や雨の日を狙って、10%オフのクーポンを配信するなど、集客したいタイミングで自由に通知を送ることができます。プッシュ通知は何度送っても料金はかかりません。
また、ビーコンを活用しているので、お店の前を通ったお客様にプッシュ通知を送ることもできます。「自動でできるビラ配り」といったイメージになっており、潜在的な顧客にアプローチをすることが可能です。これらの機能をうまく利用することで、集客のばらつきを解消することができます。
 
○スタンプカードによってリピート率&顧客定着率アップを図れる!
リピーター対策に効果的なスタンプカードも、なくされてしまったり、捨てられてしまっては意味がありません。sunny good shopsアプリは、スマホ内で管理できるため、紙のスタンプカードで生じるこのような心配ごとがなく、リピーター獲得に有効です。作成に費用がかからないのも嬉しいポイント。また、初回スタンプの数も調整できるため、最初に無条件で2個スタンプを押印するなどにより、お客さんの来店のモチベーション操作も可能です。
 
○アナリティクス分析でさらに戦略的に集客を!
クーポンを発行した際、集客にどのような影響があったのかという結果をアナリティクスで見られるので、集客結果の分析・対策ができます。たとえば、以前発行したクーポンで女性がたくさん来てくれた、などが可視化できるので、よりターゲットをしぼった集客が実現できます。
   
◇◇
また、sunny社では、アプリ登録店舗に対して無料で集客のコンサルティングを行っています。集客に効果的なクーポンやスタンプカードの設定も一緒になって考えてくれるので、アプリを戦略的に使いこなせるか不安・・・という方にも安心ですね。
 

「sunny good shops」その他の機能でより売上アップを!

sunny good shopsアプリは、集客のためのアプリですが、店舗外収益を得られるツールでもあるのです。以下のような仕組みで、集客以外でも売上アップが図れます。
f:id:tentsu_media:20190729103907p:plain
店舗外収益の仕組み
詳しくは、前回の記事「店舗外収益とはどんなものですか」をご覧ください。

リピーターを増やして、集客力をアップさせよう

今回の調査で、一度来店してくれた顧客をしっかりとキャッチし、再来店につなげていくことが、集客および売上アップには必要だということがわかりました。
 
そんな集客課題の解決になるsunny good shopsアプリには、毎日遊べてポイントが貯まるビンゴゲーム機能がついているため、ユーザーのアプリ起動率があがるのも特徴。そのため、自然と店舗からの情報が目に入り、情報発信を集客につなげやすくなるという仕組みもあります。
 
現在、登録店舗数は約6,000店舗(2019年7月時点)。さらに月々1,000店舗ずつ増えているため、今後どんどん広がっていくアプリだと予測されます。店舗外収益は、お客さんがアプリをダウンロードした店舗に対してお礼金が入る仕組みなので、はやく導入した方がお得。今がチャンスかもしれません!簡単入力で、すぐに無料登録をしたい方はこちらから。
次回は、実際の利用者の声に迫ります!お楽しみにお待ち下さい。
 
sunny good shopsアプリについて、もっと詳しく知りたい方、資料請求をご要望の方は、下記からお問い合わせください。

 
 
今回は、リピーター対策について述べましたが、店舗の認知度アップや新規顧客の集客にはGoogleマイビジネスの登録チラシ販促が得策。店通-TENTSU-では、これらについても取り上げています。ぜひ併せてご覧いただき、集客に役立ててみてくだざい。
 
 

関連記事はこちら

今回の記事でもご紹介した、海の家での取材記事はこちらからもご覧いただけます。より実際的なsunny good shopsアプリの使い方をご紹介していますので、ぜひご覧ください。
www.tenpo.biz

店通編集部

f:id:tentsu_media:20190816183123j:plain