【特別連載①】サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリーに行ってきた!-見学編-

夏休みの自由研究にはビール工場見学はどうでしょう。東京都心や関東近郊からもアクセスが良好なサントリー東京・武蔵野ブルワリーの見学から試飲までできる無料ガイドツアーに参加して、ビールづくりの話を聞いて学んだことやツアーのレポートをお伝えします。おみやげにぴったりなおつまみやお菓子、東京・武蔵野ブルワリー限定グッズも紹介します。

f:id:tentsu_media:20190801104133j:plain
こんにちは。菫青石きんせいせきです。
前回の食品サンプル工場見学取材の帰り、店通-TENTSU-編集部メンバーと「暑い!ビールが飲みたいー!」と言いながら会社に戻ったのですが、その時からすでに次回はビール工場の見学ができたら良いな、なんてたくらんでいました。
 
あれから1年、編集部と記事の打ち合わせをしながら、ビール工場見学なんてどう?と提案。そして真っ先に思い浮かんだのが、無料で見学から試飲までできると大人から子どもまで大人気のサントリーさんのビール工場でした。
東京・武蔵野むさしのにあるサントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリーは、無料のガイドツアーが開催されており、都心や関東近郊からもアクセスが良好。ビールを飲めないお子様にも、夏休みの自由研究にはもってこいの題材なんじゃないでしょうか。
 
今回は実際にこちらのガイドツアーに参加し、ビールづくりの話を聞いて学んだことや、ツアーのレポートをお伝えしていきます!
 
続いて第二弾・講義編では、ビールの素材とつくり方におけるこだわり、第三弾・飲食店編では、飲食店でおいしいビールを提供するための秘訣ひけつについて。以上全3回に分けてお送りしたいと思います!

バスに乗り込み、サントリーの工場見学・ガイドツアーへ!

やってきたのは、JR南武線と京王線が乗り入れる分倍河原駅。
駅前のシャトルバス乗り場で待っていると、ザ・プレミアム・モルツのデザインをほどこしたシャトルバスがやってきました。バスに乗り込み、約10分の道のりをて工場に到着です!
f:id:tentsu_media:20190716143726j:plain
 
本来のガイドツアーは、約40人単位でおこなわれますが、今回は店通-TENTSU-取材ということで特別に個別でご対応いただくことに。(ありがとうございます…!)
 
このツアーでは、サントリー様の看板商品である、ザ・プレミアム・モルツの製造工程を追いかけていきます。ガイドをしていただくのは、醸造技師長の西川様、ツアーガイドの五十嵐いがらし様です。よろしくお願いします!
f:id:tentsu_media:20190805101219j:plain
 

①ビールの基礎!天然水、麦芽、ホップについて学ぶ

まずツアーのはじめに、ザ・プレミアム・モルツこだわりの素材である、天然水・麦芽ばくが・ホップについて勉強していきます。麦芽とホップは、実際の素材も見ることができるので、とてもわかりやすい!
 
ビールの約90%を占めている水。その水にもこだわりを持つザ・プレミアム・モルツは、自然の地層によってみがかれた天然水を使用してつくられています。その関係で、サントリーのビールは、良質な天然水の採れる利根川、武蔵野、京都、阿蘇あそでしかつくっていません。天然水醸造により、他の素材のうまみをしっかりと引き出すことができるのだそうです。
f:id:tentsu_media:20190730124617j:plain
ツアーガイドをしてくださる五十嵐様
本日案内をしてくださる五十嵐様に続いて、ビールの味の決め手となる麦芽ばくがについて学びます。
豊かな味わいが特長の二条大麦麦芽に、チェコや周辺国で採れる希少なダイヤモンド麦芽を加えるのがポイント。
f:id:tentsu_media:20190730131532j:plainf:id:tentsu_media:20190730131541j:plain
香りづけの決め手となるホップは、にがみが穏やかで華やかな香りが特長のアロマホップを使用し、さらに香り高いファインアロマホップを加えることで、上質で華やかな香りを実現しています。ザ・プレミアム・モルツの華やかな香りはホップのおかげだったのですね。
ホップは病害虫に弱く、雨量が多く湿度の高い日本ではあまり栽培されていないため、ドイツやチェコなどの欧州産が使用されています。
ホップという言葉は聞いたことがあっても、実物を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。ホップのつるの高さは7~8mくらいになり、その蔓になる花のような「毬花きゅうか」という部分を乾燥させ、ペレット(粒子状にして固めたもの)にして輸入してきます。
素材の話だけでも、厳選された良い素材だけを使用して作られている“こだわり”が伝わってきますね。
 

②ついに工場内へ!仕込エリア

ビールの素材について学び、仕込のエリアへと進んでいくと、いきなり大きなかまが出現!
まずは説明動画で基本的な仕込工程を勉強してから、実際の設備を見学していきます。
f:id:tentsu_media:20190730162308j:plain
この「仕込」については、後ほどおこなわれる座学でも詳しく勉強していきますが、この大きな釜の中でどんなことが起こっているのか、説明していきましょう。
温めた天然水にくだいた麦芽を加え、麦芽中のでんぷんを糖に分解し、麦のジュースである麦汁ばくじゅうをつくります。さらにその一部を、巨大な仕込釜で2度煮出すことで、より濃厚な麦汁を作っていくのです。
これがザ・プレミアム・モルツこだわりの「ダブルデコクション製法」と呼ばれる製法です。
 
さらにこの濃厚な麦汁にホップを加えて煮沸しゃふつをおこなうことで、ホップ特有の香りと良質な苦味にがみをプラスしていきます。

引き締まった苦味を抽出するアロマホップと、上質で華やかな香りを引き出すためのファインアロマホップを、それぞれ最適なタイミングで投入していくのですが、この独特の製法を「アロマリッチホッピング製法」と呼ぶのだそうです。
CMなどでいつも目にしていたこの製法、実際に話をうかがって「こういうことだったんだ!」と納得しました。

f:id:tentsu_media:20190730124632j:plainf:id:tentsu_media:20190730124803j:plain
「仕込槽→仕込がま濾過ろか槽→麦汁受け槽→煮沸釜→沈殿槽」の順番に工程が進むのですが、品質をチェックするために設けられた各槽・釜の窓から、中の様子を見ることができます。私たちは興味本位でお気楽にのぞき込んでいますが、西川技師長がのぞいている姿は緊張感がただよっていますね。
機械だけに頼らず、一つひとつの工程がプロの目でチェックされながら作られているのがわかります。 
f:id:tentsu_media:20190730124817j:plain
煮沸釜をプロの目でチェックする醸造技師長 西川様

③続いて発酵エリアへ

次は、仕込エリアから発酵エリアに移ります。
ここは麦汁に酵母を加えて低温で発酵していくエリアですが、24時間体制で温度等が管理されているそうです。
f:id:tentsu_media:20190730124854j:plain
酵母が入っているタンク
麦汁は、酵母こうぼ添加てんかされて発酵し、アルコールと炭酸ガスが生成されることにより、7日ほどでアルコール5%の「若ビール」という状態になります。この若ビール、製造者の方々はチェックのために口にするそうで、香味の骨格はできているものの、まだ未熟な香りや荒々しさが残っており、一定の熟成期間が必要となります。一般人が飲む機会はありませんが、ためしに一度飲んでみたいですね。
f:id:tentsu_media:20190730124926j:plain
最近CMや飲食店でもよく目にするようになった「神泡」についても、ここで説明があります。
泡の役割は主に4つ。「口当たりを良くする」「炭酸ガスを逃がさない」「味・香りを逃がさない」「酸化を防ぐ」というもの。
特にこのザ・プレミアム・モルツが研究の末にたどり着いた「神泡」は、きめ細かな泡がしっかりとフタの役割を果たしてくれるので、時間が経ってもおいしくビールを味わうことができるのです。このクリーミーな泡体験は、第三弾の回にてお伝えしていきますね。
 

④仕上げの工程「貯酒・ろ過・パッケージング」

f:id:tentsu_media:20190730124953j:plain
ここからは貯酒ちょしゅの説明を受けます。貯酒とは、発酵が終わった若ビールを熟成、安定化させる工程で、この期間を設けることによって、オリ(沈殿物)が沈んでまろやかになるのだとか。
そして、説明を受けたあとこの扉が開くと…。
f:id:tentsu_media:20190730125008j:plain
そこにはまるで宇宙船のような通路が!ここは以前貯酒に使用していたタンクを見学通路として使用しているのだそうです。
f:id:tentsu_media:20190730125033j:plain
せっかくなので記念撮影しておきましょう。
 
そしてこのトンネルを抜けると、次の工程であるろ過のエリアへ。
f:id:tentsu_media:20190730125053j:plain
貯酒が完了したビールを、何層にもなっているフィルターに通しながらろ過をしていくのですが、オリや役目を終えた酵母も取り除いていきます。
 
ここまでの工程を経て、ようやく最後にパッケージングです。
まずは缶を洗浄し、炭酸ガスを注入。酸化を防ぐため、酸素を追い出してから完成したビールを充填じゅうてんします。
f:id:tentsu_media:20190730125218j:plain
ザ・プレミアム・モルツではなかったのですが、ちょうど別の商品が工場ラインに流れていました。
こんなにたくさんの工程を経て、ビールを愛する方々の元へ届けられていくんだなぁ…なんてことを思いながら眺めてしまいました。
 
製造工程の見学はここで終了です!
ただただ作られている現場を見るのではなく、展示や動画も混じえながら、そしてガイドの五十嵐さんの丁寧ていねいな説明のおかげでしっかりと理解することができました。
 

ガイドツアーの最後は、至福の時間!

そしてここからはお待ちかねの試飲タイムです!
ここまでビールのつくり方をじっくりと勉強したからこそ、飲みたい気持ちがMAXにきていました。
f:id:tentsu_media:20190801131336j:plain
今回は私たちだけですが、こちらが試飲の会場となっています。
照明の部分に、以前仕込で使われていた釜を発見!こうして装飾の一部として使うとオシャレに見えますね。
f:id:tentsu_media:20190801131404j:plain
試飲で選べるのはこちらの3種類。
「ザ・プレミアム・モルツ」「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」「〜ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム」の中から好きな銘柄が選べます。
どれにするか迷いますが、ここはやはり先ほどまで製造工程を追いかけてきた「ザ・プレミアム・モルツ」一択でしょう!
f:id:tentsu_media:20190801131424j:plain
五十嵐様の注ぎ方のテクニックもあいまって、見学の後のビールは一段とおいしく感じました・・・
 

おみやげも充実。ここでしか買えないブルワリー限定グッズも!

せっかくこうして工場見学に来たのなら、記念のものが欲しい気持ちになりませんか?
そんな方のためにも、エントランスにきちんとブルワリーショップが用意されています。
f:id:tentsu_media:20190801131513j:plain
定番の「ザ・プレミアム・モルツ」シリーズはもちろんのこと、東京・武蔵野ブルワリーでしか作られていない「TOKYO CRAFT」も売られています。
f:id:tentsu_media:20190801131558j:plain
お酒や食べ物の他にも、東京・武蔵野ブルワリー限定グッズなんかも。クールなデザインがかっこいい!
f:id:tentsu_media:20190801131614j:plain
その他にもビールにぴったりなおつまみや、麦芽を使用したお菓子など、種類はさまざま!
私たちもさっそくお買い物!といきたかったのですが、次に座学講義が控えていますので、いったんおあずけです。
通常のガイドツアーはこれで終了。本当にこれが無料のツアー?と思ってしまうくらいしっかりした内容で、おまけに試飲の時間まであって、とても大満足です!
 
次回は、ビールの味・ブランドを守り続ける“醸造技師”のお仕事についてフォーカスしていきたいと思います。どうぞお楽しみに!
 
工場見学の予約は下記のリンクから行えます。ぜひこの機会に足を運んでみては?↓
◆サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー
f:id:tentsu_media:20190801133051j:plainf:id:tentsu_media:20190801131528j:plain
アクセス:JR南武線・京王線「分倍河原駅」無料シャトルバスで約10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」より徒歩約15分
住所:東京都府中市矢崎町3-1
予約受付電話:042-360-9591(9:30〜17:00受付)
営業時間:9:30〜17:00
休業日:年末年始・工場休業日(臨時休業あり)
www.suntory.co.jp

 

菫青石

f:id:tentsu_media:20190716125338j:plain