【新宿・タイ料理】現地の味にこだわった「タイ屋台999(カオカオカオ)」

タイ現地の味にこだわったタイ料理、新宿3丁目の「タイ屋台999(カオカオカオ)」。人気のおすすめメニューはカオマンガイ、トムヤムクンナムサイ、そして山盛りのバケツパクチー。食材、調理法、店内、全てがタイ屋台を感じられるカオカオカオは、「100%made in Thailand」がテーマ。タイ料理カオカオカオのこだわりを紹介します。

アジア料理の中でも人気のタイ料理
日本ではお客様の9割を女性が占めているともいわれていますが、男女比6:4と男性にも人気をはくしているタイ屋台料理のお店があるのです!

現地の味を忠実に再現し、日本人にびない辛さ、日本にいながらタイを感じたいお客様必見でございます!!

新宿のタイ「タイ屋台999 新宿店」へ、いざ出陣!

タイ屋台999 新宿店 入口 看板
今回訪れたのは、本場と変わりないタイ屋台料理を提供してくれる「タイ屋台999(カオカオカオ)新宿店」
 
ひと際目立つポップな色使いの外観、お店の外まで聞こえてくる陽気な音楽、「ここはタイなのか?」と、見間違える内装に心が躍ります。
 
お店で使用しているイスは、本場タイから直輸入。タイの屋台を訪れると、あちらこちらでこのイスを目撃できるそうです。

間口が広く開放感があり、とても入りやすい作りになっております。また、店員さんがとてもやさしく迎え入れてくれたのが印象的でした。 
 
開放感あるテラス席に通され、心地良い風を感じながら、早速タイで有名なシンハービールを注文。メニューには「シンハー生ビール 超希少きしょう!!!都内でも飲めるのは数店だけ!」の文字が・・・。
 
記載された内容について店長さんに尋ねてみると、実は、シンハービールのサーバーは、タイでも取り扱いが少なく、限られた選ばれし店舗にしか置いていないとのこと。
 
そんな貴重なシンハー生ビールの味は、それはもう格別!スッキリとした爽快感の中に、スパイシーな味わいが見え隠れする、さすがタイ王室に認められた唯一のビールです。

タイ屋台999 新宿店 シンハー生ビール シンハーサーバータイ屋台999 新宿店 シンハー生ビール シンハーサーバー
 

自慢のメニューをご紹介!

f:id:tentsu_media:20190708104329j:plainf:id:tentsu_media:20190708104346j:plain
新宿タイ屋台999 メニュー
喉を潤したところで、先ほどから気になっていた、手書きの温かみあふれるメニューに手を伸ばします。タイ屋台料理初心者な自分には、どれもこれもおいしそうで、なにを注文すればよいのか判断がつきません。
 
そこで店長の野村さんに、タイ屋台999を大人2名で訪れた場合に、ぜひ食べてほしい一押しの品を教えてもらい、注文することにしました。

タイ屋台999 新宿店 メニュー バケツパクチー
バケツパクチー 500円
①「バケツパクチー」
 
目を疑うほどの大盛りで登場したのは、こぼれんばかりの盛り付けが定番のバケツパクチー
驚きの原価率は、なんと99%
 
胃腸の働きを助けてくれるだけでなく、抗酸化作用を持つビタミンCや鉄、カルシウムなども含まれており、最近ではデトックス効果が高いことが分かり「奇跡のハーブ」なんて呼ばれていたりもするハーブです。
 
美容効果が期待できる人気のハーブが、ワンコインでたらふく食べられるなんて、女性にはたまらなくうれしい一品です。 

 
②「ヤムウンセン」
(ヤム:和える・混ぜる ウンセン:春雨)
タイ屋台999 新宿店 メニュー ヤムウンセン
ヤムウンセン 870円
タイ屋台といえばの一品、ヤムウンセン!タイ風春雨サラダです。酸味と辛味がしっかりと効いています。
 
調べたところによると、タイ語では「ヤム」には和える・混ぜるの意味以外に、「”甘味”・”酸味”・”辛味”・”塩辛味”と、タイの調味の基礎4つに”香り”の要素が加わり、混然こんぜん一体になること」といった意味もあるそうです。まさに、タイを代表する1品といえますね。
 
 
③「カオマンガイ」
(カオ:ご飯 マン:油 ガイ:鶏) 
タイ屋台999 新宿店 メニュー カオマンガイ
カオマンガイ 950円
タイの代表的な料理でもあり、タイ屋台999のこだわりの1品でもあるカオマンガイ!
中でも新宿店のカオマンガイは、スチームコンベクションを使い、温度を常に計測しながら、じっくりと調理しているので、鶏肉がとても柔らかく、口に入れたときにたまらない食感に仕上がります。
 
タイ米の特徴でもある、粘りの少ないパラリとした仕上がりのお米とタレを一緒に食せば、もう最強。カオマンガイがこんなにおいしい料理だと、恥ずかしながら再認識させられた一品です。

ちなみに、新宿店で最もやわらかい鶏肉のカオマンガイを食したいのであれば、11:30~のランチタイムがおすすめだそうです。
 
 
④「トムヤムクンナムサイ」
(トム:煮る ヤム:混ぜる クン:エビ ナムサイ:クリアなあっさりスープ) 

タイ屋台999 新宿店 メニュー トムヤムクンナムサイ 透明スープ
トムヤムクンナムサイ 980円
店長おすすめの赤くない透明トムヤムクンスープ
トムヤムクンスープといえば、世界三大スープの1つですが、実はトムヤムクンには、”ナムサイ””ナムコーン”の2種類が存在します。
 
トムヤムクンというと、赤いスープを想像しがちですが、オリジナルは”ナムサイ”の方
999で提供しているのは”ナムサイ”の方で、ココナッツミルクや練乳を使って作る”ナムコーン”とは異なり、舌に響く鮮烈な辛味と、すっきりとした酸味が味わえる、他の料理の味を邪魔することのないあっさりとしたスープです。

   
透明なトムヤムクンスープとの新たな出会いに感動しつつ、一口・・・辛い!!!
本場の味に近づけているというだけあって、想像した以上の辛味に一瞬目を見開いてしまいましたが、ハーブもしっかり効いており、辛味のあとに爽快感が残ります。ハーブはもちろんフレッシュハーブを使用しています。
 
どの料理も食材や調理方法にこだわりを持っているので、素材の味を活かした仕上がりとなっておりました。辛いけど、辛いんだけどもう一口、と箸が進んでしまいます。本当にごちそうさまでした。
 

店長野村さんにインタビュー

タイ屋台999 新宿店 店長
タイ屋台999 新宿店 野村店長
◆タイ料理ではなく、タイ屋台料理とうたっておりますが、タイ屋台料理の特徴はなんですか?

タイ人は多くを外食にて済ませる外食文化なのですが、一般的に食べられているのが屋台で食事をする、タイ屋台料理です。タイ料理は、現地ではレストランなどで食べる少し高価な料理を指します。
タイ屋台料理は、辛い、甘い、酸っぱい、しょっぱいを絶妙に掛け合わせているのが特徴です。
 
タイは日本と比べると調味料が少ないため、素材の味を活かし、そのものの味を楽しめるメニューが多くなっています。 

999では、辛さも現地の辛さで提供しているので、辛くて食べられない、というお客様もいるのですが、そこは媚びずにタイ人の味覚の料理提供を心掛けております。
なので、タイから旅行で日本に訪れているお客様に、東京にいても母国の味が楽しめる、と大変好評をいただいております。

また屋台という限られた空間で生まれた料理なので、原材料となる食材は多くないのに対し、調理法や組み合わせの工夫により、多くのメニューを提供できるのもタイ屋台料理の特徴です。
タイ屋台には、冷蔵庫などが設置されていないため、食品に無駄が生じないように工夫がされています。私たちも、注文後に調理をしているので、昨今社会問題にもなっている食品ロスが少なく、環境にも配慮したものになっています
 
◆食材の味を活かした料理提供をしているとのことですが、その食材はどのように仕入れているのでしょうか?
空心菜くうしんさい、パクチー、青パパイヤなどのタイ料理特有の食材というのは、農家さんと直接契約をしています。パクチーと空心菜は佐賀から、ガパオ・パパイヤ・トウガラシは宮古島から仕入れています。
中国から華僑かきょうが渡っていく段階で沖縄を経由しているそうで、沖縄とタイはもともと親交があり、実は沖縄にタイの食材が結構存在しているのです。逆に、タイにはゴーヤがあったりするんですよ。
佐賀県は、タイの有名なドラマの撮影地になったこともあり、タイの姉妹都市だったりもします。その影響なのか最近は、佐賀県のパクチーも有名になっています。
 
タイ屋台999 新宿店
◆お客様で大変賑わっておりますが、穴場の時間帯はありますか?
平日は仕事終わりで来店する方が多いので、17~19時の早めの時間帯や、22時以降が比較的待ち時間なくご案内できます。
また土日祝日の昼間は、夜のメニューで営業をしています。混んではいるのですが、お食事だけで帰られるお客様も多いので、少ない待ち時間でご案内することが可能かと思います。
 
◆耳寄りな情報をありがとうございます。最後にお客様に向けたメッセージをお願いいたします。
「100% made in Thailand」がテーマのお店です。タイの屋台をそのまま感じていただけると思います。ぜひタイを感じにいらして下さい。 
 

終わりに

食材だけでなく、調理法に内装、店内に流れる音楽と、お客様が五感全てでタイ屋台を感じられる工夫がされているタイ屋台999。
日本人に媚びるのではなく、本当のタイ屋台料理の味を知ってもらうことに力を注いでいるだけあって、想像以上の辛さに驚きもしましたが、日本にいながらタイ現地の味を味わえるなんて、とても贅沢ぜいたくですよね。
 
そしてなんと、野村店長の新宿店の店長としての仕事は、われわれの取材にて終了で、次は新しく梅田にOPENするお店の店長になられるとのこと。
記念すべき取材となりました。新店舗の準備など、お忙しい時期に快くインタビューにお答えくださり、本当にありがとうございます。
みなさま、大阪に遊びに行かれた際はぜひ大阪梅田店に足を運んでくださいね。
 
魅力あふれるお店「タイ屋台999」!!このようなお店がどのようにして生まれているのか、その秘密に迫る999のオーナー新井さんへの取材については、コチラの記事をご覧ください!! 
 
www.tenpo.biz
 
 

今回取材したお店

 

タイ屋台999(カオカオカオ)

f:id:tentsu_media:20190704170221j:plainf:id:tentsu_media:20190628162455j:plain
■ 住所
東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿
■ 営業時間
平日 11:30〜14:00 17:00〜24:00
土・日・祝日 12:00〜15:00 17:00〜24:00
■ 定休日
なし
■ TEL
03-6380-6083
■ アクセス
東京メトロ副都心線 新宿3丁目駅から徒歩1分
JR山手線 新宿駅から徒歩9分
 
 

バーター

f:id:tentsu_media:20190628142523j:plain