カレーの流行りとスパイスの効能とは!カレーはインドではなく意外なところから伝来した!?

新しいカレーのブームがひそかに巻き起こっていることをご存じですか? スパイスに健康効果もあるカレーの歴史と、カレーの最新トレンドを紹介します。有名なご当地カレーとトレンド、大阪のスパイスカレーにじわじわ来ている南インドカレーについて、4種のスパイスだけで作るカレーのレシピと合わせて紹介します。

子供から大人まで楽しめる料理のひとつ、カレー

日本のカレーとインドカレーがメジャーですが、今、新しいカレーのブームがひそかに巻き起こっていることをご存じですか?
また、カレーに使われるスパイスには、健康効果もあるのです。

今回は、そんなカレーの歴史や最近のトレンド、スパイスの健康効果をご紹介します。
f:id:tentsu_media:20190614113037j:plain

カレーとは?

カレーってどうやって作られるの?

カレーは、インドで生まれた食べ物です。そんな本場インドでは、カレーはどのように作られるのでしょうか。
インドカレーといえば、スパイスから作るイメージがありますが、スパイスには、「ホールスパイス」「パウダースパイス」という2種類のスパイスがあるのです。
f:id:tentsu_media:20190614113103j:plainf:id:tentsu_media:20190614113106j:plain
(左)ホールスパイス (右)パウダースパイス
ホールスパイスというのは、スパイスを原型のまま乾燥させたもので、パウダースパイスは、それを砕いて粉にしたものです。

■インドカレーの作り方

①油でホールスパイスを炒め、油に香りを移す。

②みじん切りにした玉ねぎをいれ、飴色になるまで十分に炒める。

③にんにく・しょうがを加え炒める。

④鶏肉とパウダースパイスを入れ炒める。

⑤水を入れて煮込み、塩で味を調節する。

このように、インドのカレーは、2種類のスパイスをうまく使い分けて作られているのです。

カレーのスパイスの健康効果とは?

カレーで使われるスパイスは、「食べる漢方薬」といわれているほど健康にいいのです。これさえ揃えれば自宅でもスパイスからカレーが作れてしまう、カレーに定番の4種のスパイスをご紹介します。
f:id:tentsu_media:20190614113135j:plain
クミン
香りのもととなるスパイス。消化促進の作用があり、腹痛や胃痛などを緩和します。免疫力を上げる効果もあるので、がん・消化器系の病気の予防にもなります。

ターメリック
黄色の色味を出すためのスパイス。ターメリックとは、あの、二日酔いに効くイメージのある「ウコン」のことです。肝機能を向上させ、コレステロール値の低下にも期待できます。アルツハイマー病の予防にも効果的。

コリアンダー
香りのもととなるスパイス。いわゆる「パクチー」の種です。消化を助けるため、胃薬としても利用されます。食欲増進にも役立ち、頭痛の改善にも効果的。

チリパウダー(唐辛子)
辛みを出すためのスパイス。辛み成分である「カプサイシン」は、代謝を上げる効果と脂肪を分解する役割があり、ダイエットの手助けをしてくれます。

◇◇
ちなみに、この4種のスパイスを使ってご家庭でカレーを作る際には、前述した「インドカレーの作り方」にある①の工程を省き、④の後にトマト缶を入れて炒めるという工程を追加することで作れます。

カレーの歴史~インドカレーから日本のカレーへ~

カレーは、18世紀にインドからイギリスに伝わりました。当時、イギリスの植民地であったインドから、自国に帰ったイギリス人が広めたといわれています。
その後、イギリスで独自にカレー粉というものが作られたり、小麦粉を入れてとろみをつけたりと変化していきました。

日本にカレーが伝わったのは明治時代インドからではなく、イギリスからもたらされたので、イギリス料理として広まりました。そこから改良され、日本のカレーは今では洋食として定着しています。そのため、インドのカレーと日本のカレーでは、別物といえるほどのもの。しかしおもしろいことに、インド人からは、日本のカレーは日本料理のひとつとして、好評なのだそうです。

有名なご当地カレー

さて、今度は日本のカレーについてです。イギリスから日本にやってきたカレーは、地域によって独自の進化を遂げていきました。有名な日本のご当地カレーをご紹介します。

海軍カレー
f:id:tentsu_media:20190614113205j:plain
日露戦争時に、海軍の横須賀鎮守府ちんじゅふで、栄養バランスを考えて作られたカレー。現在では、「よこすか海軍カレー」とよばれるものが神奈川県横須賀市の名物。

【特徴】
・カレー粉と小麦粉を炒めて作ったルーを使う
・肉・にんじん・じゃがいも・玉ねぎと煮込む
・サラダと牛乳がついてくる

焼きカレー
f:id:tentsu_media:20190614113344j:plain
福岡県北九州市、門司港の名物。門司港は、明治から昭和のはじめにかけて、海外との貿易港として栄えたため、洋食文化がいち早く発展した。

【特徴】
・ごはんの上にカレーをかけ、卵とチーズをのせて焼く
・白ごはんではなく、バターライスで提供するお店も

金沢カレー
f:id:tentsu_media:20190614113416j:plain
石川県金沢市の名物。チェーン店での金沢カレーの元祖は「カレーのチャンピオン(チャンピオンカレー)」、火付け役は「ゴーゴーカレー」といわれている。

【特徴】
・銀のステンレス皿で提供される
・付け合わせにキャベツの千切りが添えられる
・ドロッと濃厚なルーとソースのかかったカツがのる

スープカレー
f:id:tentsu_media:20190614113506j:plain
北海道名物。札幌市中央区の喫茶店、「アジャンタ」の「薬膳カリィ」がオリジナルとされる。

【特徴】
・牛や豚などの肉や骨、野菜からダシを取る
・スパイスの効いたさらさらとしたスープ状のカレー
・ごろっとした具材が盛りだくさん


カレーのトレンドは?

日本の中でも、地域によってさまざまな種類があるカレーを見てきましたが、日々、カレーは進化しています。現在はどんなカレーの波が来ているのでしょうか。

大阪のスパイスカレーが新ブームを!

f:id:tentsu_media:20190614113526j:plain
大阪発祥のスパイスカレー
2017年、大阪でスパイスカレーがブームに。2018年には全国的に広がり、有名チェーン店でも「スパイスカレー」と銘打ったカレーが発売され、話題を集めました。

スパイスカレーときくと、「スパイスを使っているインドカレーと何が違うの?」と思うかもしれません。スパイスを使うことに変わりはないのですが、作り方が少し違うのです。

大阪のスパイスカレーは、スパイスを入れる順番や配合においてのルールが決まっていません。ホールスパイスもパウダースパイスも、どの段階で使ってもいいのです。つまり、自由にスパイスを使って自由に作るカレーなのです。インドカレーと大きく違うのは、和風だしがベースとなっている物が多いという点。

「自由な発想」を、面白がって受け入れる風土のある大阪だからこそ、発展したブームかもしれません。
現在では、スパイスカレーのお店は東京にも増えてきています。

じわじわ来ているのは南インドカレー!

私たちは、インドカレーと一口に言いますが、インドカレーには北インドのものと南インドのものがあることをご存じですか?
f:id:tentsu_media:20190614113605j:plain
北インドのカレー
北インドのカレーは、牛乳や生クリームやバターが使われているため油分が多く、どろっとしているのが特徴。バターチキンカレーに代表される、私たちがイメージするインドカレーは、この北インドのカレーのことを指します。

f:id:tentsu_media:20190614113634j:plain
南インドのカレー
一方で、南インドのカレーは、油が控えめで、水分が多くさらっとしており、北インドのカレーより辛みが強いのが特徴。これは、北インドより南インドの方が気温が高いので、暑さをしのいで食欲増進を促すためだといわれています。また、河川が多く稲作に適した環境のため、主食はお米です。

本場では、バナナの葉の上に数種類のカレーや副菜が乗っており、日本でいう定食のような食べ物です。「ミールス」と呼ばれるこの南インドのカレーは、豆や野菜がメインの食材として使われるので、とてもヘルシーです。

お米に合うカレーということと、野菜を豊富に使うことによるヘルシーさが、日本人、および現代人の健康志向にうまくマッチしているカレーだといえますね。南アジア料理が全体的に盛り上がっているのもあり、今後もお店が増えていくことが期待できます。

まとめ

カレーはカロリーが高いというイメージを持つ人も多いかと思いますが、小麦粉を使わずに作るカレーは意外にもヘルシーで、スパイスによる健康効果にも期待できます。
とはいえ、日本で親しまれているルーのカレーも、食べると安心できる味わいです。

北インドカレー、南インドカレー、スパイスカレー、日本のルーカレー。自分の好みとその日の気分に応じて、カレー店を探し歩いてみるのも楽しそうですね。

店通-TENTSU- カレーに関する記事はこちら

日本最古のインド料理レストランや、漫画メシ『ミスター味っ子』の再現カレーレシピなど、店通ではカレーに関する記事をご紹介しています。ぜひご覧ください。

www.tenpo.biz

店通編集部/ぴのこ

f:id:tentsu_media:20190614113037j:plain