多様化する居酒屋のかたちやトレンドとは?豆知識でもっと居酒屋を楽しもう!

近年多様化している居酒屋とは。いろいろな居酒屋の種類と意外と知らない居酒屋の話を最近のトレンドとともにご紹介。居酒屋でのマナーと豆知識から、「適当に頼んでおいて」の正解メニューと外国人に不人気なメニュー、焼き鳥は串から外す・外さない問題から、ビールのおいしい注ぎ方まで。この記事を肴に一杯どうぞ。

居酒屋。キンキンのグラスに注がれた黄金のビール。今日も仕事を頑張った、お疲れ様、と、乾杯してのどごしを楽しむ1口目。たまりませんよね。
 
そんな身近にある居酒屋ですが、種類が増えてきてどんどん多様化しているのです。そこで今回は、意外と知らない居酒屋の話を、トレンドとともにご紹介。
この記事をさかなに一杯どうぞ。
 

居酒屋とは?

f:id:tentsu_media:20190214144340j:plain
居酒屋とは、アルコール飲料の提供をメインとし、それに合わせた大衆向けの料理を提供する日本式の飲食店のこと。 主に、日本酒・焼酎・ビールをメインとしていましたが、最近はウイスキーやワインなど、洋酒の提供をするお店も多いです。
 
居酒屋の発展は江戸時代頃。酒屋さんが店先でお酒を飲ませるようになり、「居続けて飲む」ということから「居酒(いざけ)」と呼んでいました。その後、座席とテーブル、料理の提供を行ったものを居酒屋と呼ぶようになり、現在の居酒屋へと変わっていったのです。
 

居酒屋の種類

ひとくちに居酒屋といっても、その様式はさまざま。まずはよく目にする居酒屋の種類から見ていきましょう。
  
〇立ち飲み
立ったままお酒を楽しむスタイル。仕事帰りに一杯飲もうと、ひとりで行く時も利用しやすいのが立ち飲み屋です。立ち飲み屋では、サクッと飲み食いをして帰るのが特徴的。だらだらと長居するのはやめ、飲み終わったらスマートに帰るのが大人のたしなみのひとつです。
 
〇大衆酒場
値段が安く、料理なども庶民的で気軽に楽しめる雰囲気の居酒屋。
かつての居酒屋は、看板の代わりに、赤いちょうちんや縄で作った暖簾のれんを提げている店が多かったため、昔ながらの居酒屋を「赤提灯(あかちょうちん)」「縄暖簾(なわのれん)」と呼びます。近年は意識的に使い分けられることはなく、すべて「居酒屋」と呼ばれていますが、チェーン店と昔ながらの居酒屋を区別するために、赤提灯・縄暖簾と今でも呼ぶことがあります。
 
角打かくう
酒屋でお酒を買って、そのまま店頭で立ち飲みができるお店のこと。江戸時代の「居酒」に一番近いスタイルです。また、地域によって呼び方が変わり、関西では「立ちみ」、東北では「もっさり」、山陰地方では「たちきゅう」と呼ばれます。現在では、座って飲めるお店や、デートにも使えるようなおしゃれなスタイルの角打ち店もあります。
 
〇ダイニングバー
こちらは居酒屋とは少し離れてしまうかもしれませんが、料理もお酒も楽しめるお店。ダイニングバーは和製英語ですが、海外でも通じます。おもに洋酒の提供がメインで、バーよりも料理が充実しているのが特徴。
 

ほかにもある!いろいろな居酒屋のかたち

f:id:tentsu_media:20190225170314j:plain
〇個室居酒屋
仕切りなどを使って、座席を個室に分けている居酒屋。他の人の目を気にせずに飲食を楽しめるため、リラックスしてくつろぎつつ、飲食を楽しむことができます。
  
〇コンセプト居酒屋
お店独自のコンセプトが設定されており、非日常の空間を楽しめる居酒屋。お化け屋敷や忍者・学校など、さまざまなものをテーマにし、お店の外装や内装、料理などに趣向を凝らしています。
 
〇ご当地居酒屋
「北海道」「沖縄」など、各地方の郷土料理をコンセプトに料理やお酒を提供する居酒屋。その地方に行かなくとも地域の郷土料理が味わえるのが人気のポイントです。
 
〇●●横丁
路地の両側に、小さな店が所せましと軒を連ねるのがこの横丁。現在では、恵比寿横丁のように、路地ではなく建物の中にお店が立ち並んでいるようなものも横丁と呼ばれ、親しまれています。お父さん世代に人気がありましたが、最近では若者や外国人にも人気。主にハシゴ酒を楽しむ人が多いです。
 

居酒屋の最近のトレンドは?

ネオ●●

ここ数年増えているのが『ネオ●●』という居酒屋。
ネオ大衆酒場や、ネオ角打ちなどがあります。安価だという特徴と昭和の雰囲気はそのままで、空間だけモダンにした居酒屋です。あえて、ドリンクやフードのメニューを昭和のメニューにしているお店も。昔ながらの大衆酒場の雰囲気も残っていながら、清潔感と開放感のある明るい店内が特徴的で、お父さん世代のサラリーマンだけでなく、若者も訪れやすいお店です。

ネオ大衆酒場というと、ダンダダン酒場やアカマル屋などの、チェーン展開をしているお店にも増えてきている印象。2019年10月には軽減税率が導入されて、外食における消費税は10%になります。「それでもやっぱり外で飲食を楽しみたい!」という声にも応えられる定価の安さと、どの世代も行きやすいこのようなお店の需要は、ますます高まっていきそうです。
 

広がる禁煙化の波

また、最近広がっているのが、居酒屋の禁煙化。串カツ田中は、ほとんどの店舗で全席禁煙化の施策を行いました。その結果、ファミリー層の取り込みに成功。喫煙者の来店が減少し、アルコールの消費量が少なくなってしまったため客単価は下がりましたが、ファミリー層は長居しないため回転率はアップ。客数の増加につながり、収益の増加に成功しました。
 
2020年には東京オリンピックが控えていますが、日本は世界の中でも禁煙対策が遅れているといわれています。
全面禁煙が施行されるのは2020年4月1日。禁煙化しても収益を上げられる仕組みを考える居酒屋が増え、さらにさまざまな居酒屋のかたちが生まれてきそうですね。
 

「適当に頼んでおいて」に対応!はずれのない人気メニュー

「食べ物、適当に頼んでおいて」と、会社などの飲み会で言われることもありますよね。適当にって何を頼めばいいの・・・?と戸惑ったことがある人も多いかと思います。ここでは、とりあえず頼んでおいてはずれのない人気メニューを紹介します。
f:id:tentsu_media:20190225165947j:plain
①とりあえずの枝豆
スピードメニューでおなじみの枝豆。ビールにもよく合い、ヘルシーでつまみやすい枝豆は、頼んでおいて間違いなしの一品。

②みんな大好きからあげ
一品料理は、幅広く愛される鶏のからあげが人気。外国人にも人気のあるメニューです。しかし、提供される個数は少ないところが多いので、人数が多い場合はなんこつのからあげにする方がベターかもしれません。
 
③ダシがしみこむ出汁巻き卵
出汁巻き卵も居酒屋の定番。あっさりしていて食べやすいのも人気の理由のひとつです。
 
④大人数でもつまみやすいフライドポテト
こちらも好き嫌いの分かれにくいメニュー。量が多く、少しずつつまみながら飲めるので、頼んでおけば間が持つ一品。
 
人気のメニューは、苦手だと思う人が少ないメニューになっています。会社などの飲み会の際は、ぜひ参考にしてみてください。
 

【番外編】外国人に不人気なメニュー

刺身
f:id:tentsu_media:20190228150330j:plain
今では、日本食ブームによってお寿司などが海外に広がったこともあり、海外でも刺身が食べられるようになってきました。しかし、魚を生で食べる文化のある国はあまりありません。そのため、刺身に慣れていない外国の方からは、「生臭く感じる」「抵抗感がある」という意見も。苦手な人も多い食べ物です。

意外と知らない!?居酒屋でのマナーや豆知識

f:id:tentsu_media:20190227144638j:plain

おあいそはNG!?

「おあいそ」は漢字で書くと「お愛想」です。もともとは、「愛想尽かし」という意味だったので、お店に対してこの言葉を使うと、「もう愛想が尽きたよ」という意味になります。現在では一般化されており、使っている人も多いですが、本来は失礼にあたってしまう言葉なのです。
 
店員がこの言葉を使う際には、「お会計のことを申し上げるなど、愛想のないことですが」という意味になります。それが現在の「おあいそ」になったのです。このように、店側が使う言葉なので、お客さんとしてお店を利用する際は、「お会計」「お勘定」などの言葉を使うと間違いがありません
 

焼き鳥は串から外す?外さない?

「焼き鳥は串のまま食べるからおいしいんだ」という声もあれば、「みんなで食べるんだから外した方が食べやすい」という声も。どちらが正解というものではないですが、串を刺した状態でおいしく食べられるように、バランスを見ながら1本1本串打ちをして焼いている店側としては、外さないで食べてほしいところだと思います。外してしまうと冷めてしまったり、肉汁が流れ出てしまったりもします。おいしく食べるには、ひとりひとり焼き鳥を注文するのがベストかもしれません。
 

ビールは注ぎ方によって味が変わる!?

ビールは、注ぎ方によって味が変わるのをご存じですか?ビールのおいしさは、「泡」が握っていて、うまく泡を立てることでビールの酸化による味の劣化を防げるのです。おいしいビールの注ぎ方は、「三度注ぎ」と呼ばれる方法。その名の通り、3度に分けて注ぎます。1度目は勢いよくグラス半分くらいまで注ぎます。この時、勢いよく注いだビールで泡がたくさん立ちますが、この泡が落ち着くまで30秒ほど待ちます。2度目はゆっくりと、グラスの9割ほどまで注ぎ、粗い泡が消えて落ち着くまで再び30秒待ちます。最後に3度目もゆっくり注ぐと、きめ細かな泡がそびえたちます。普通に注ぐより時間がかかるので、じっくり堪能したい時に豆知識とともに披露するのもいいですね。
 

まとめ

改めて調べてみると、種類やマナーなど、さまざまあることがわかりました。シーンに合わせてうまく利用したいですね。お酒は飲むものです、飲まれないように気をつけて、お酒の席を楽しみましょう。
 

店通-TENTSU- 居酒屋に関する記事はこちら

今回ご紹介した、昔ながらの大衆酒場やネオ大衆酒場、ご当地居酒屋など、店通でこれまで取材をしたお店はこちらからご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。
まだお読みでない方は、是非お読みください。

www.tenpo.biz
 

店通編集部

f:id:tentsu_media:20190225165947j:plain