偉大なるカカオポリフェノール!その恩恵を受け継いだ、ココアとチョコレートの効果と効能とは?

健康にも美容にも良いといわれるココアとチョコレート。カロリーを気にせずに堪能できるカカオの効能と効果、摂取方法とは。栄養価は7種類以上のカカオポリフェノールに、マグネシウム・カルシウム・カリウムなどのミネラル、食物繊維が含まれ、まさにスーパーフード。賢く健康においしい美容ケアを紹介します。

どうも、お久しぶりです!甘酒の記事以来のMs.小わっぱです。
吐く息が白くなってくると、身も心もほっと温まるような飲み物が飲みたくなりますよね。特にMs.小わっぱは、温かくて甘い飲み物を欲してしまいます。そうです、甘酒ばかりを飲んでいるわけではないのです(※甘酒は一日おちょこ一杯が目安です)。

そして、温かくて甘いココアを飲んでいて、ふと思ったのです。「カロリーは大丈夫なのだろうか」と・・・。あまり体に良いイメージがない、甘い飲み物ですが、意外にも健康にも美容にも良い、効果・効能がたくさん!

そこで今回は、罪悪感を感じずに皆さまに甘い飲み物を堪能してもらうため、ココアチョコレート、さらにはもう少し踏み込んで、カカオの効果と効能について取り上げてみたいと思います。
 
甘酒の記事が気になる方はこちらもCHECK!
www.tenpo.biz 
f:id:tentsu_media:20190117180910j:plain  

 

ホットココアとホットチョコレートの違いは何!?

唐突ですが、ホットココアとホットチョコレートの違いについてご存じですか?呼びかたが異なるだけで、同じ飲み物だと思っているかたも多いようですが、この2つ、違う飲み物なんです。
ココアもチョコレートも原材料になるものは同じ、カカオ植物になるカカオポッド(カカオの実)の中の豆。では、どこが違うのか?それを知るために、まずはカカオについておさえておきましょう。
f:id:tentsu_media:20190118165013j:plain

カカオについて学ぼう!

世界中の人から愛されているココアやチョコレートですが、その原材料となるカカオの木は、赤道を挟んで北緯20度から南緯20度の範囲内という、非常に限られた地域でしか生息できません。カカオの生産量が多い国としては、コートジボワール、ガーナ、インドネシアの順になっており、日本で使用されているカカオ豆は、ほとんどがガーナ産だといわれています。さすが商品名になるだけありますね。
 
カカオはとても不思議な植物で、枝先だけでなく、枝の部分や幹にも直接花を咲かせ、実も同じところにつけます。一本の木に多くて1万5千個もの花を咲かせますが、そのうち実を結ぶのは多くて300個。成熟した果実をつけることができるのは50個ほど。それを考えると、私たちはとても貴重なカカオの恵を受けているのですね。 
 
そんな貴重なカカオですから、古代から豊穣ほうじょうの象徴として大切に扱われてきました。カカオの学名は「テオブロマ・カカオ」といい、メキシコの原住民の言葉で「神の食べもの」という意味があります。その名が示すとおり、巨大国家アステカの王貴族達は、カカオの実を神のものとし、儀式に使用するほか、不老長寿の妙薬として食したとされています。

ココアとチョコレートについて学ぼう!

話をホットココアとホットチョコレートに戻しましょう。同じカカオが原材料ということは、呼び方が違うだけで同じ飲みものだということでしょうか?分かりやすいように、もう少しかみくだいて、カカオ豆からココアとチョコレートの生成過程について一緒にみていきましょう。

~カカオ豆の華麗なる変身過程~
 
f:id:tentsu_media:20190118124955j:plain
 
① カカオ二ブ
カカオ豆を砕いて皮(カカオシェル)を取り除いたもの。カカオ豆の胚乳部分。約55%の脂肪分を含んでいる。

② カカオマス
カカオニブをすりつぶし、ドロドロの状態になったもの。チョコレートの原料であり、チョコレート色をしているが、油断してはいけない。この状態では、とても苦い!また、医薬品としても利用される。

③-A ココアバター
カカオ豆に含まれる脂肪分。チョコレート特有のなめらかな口どけの正体。常温では固まり、体温より少し低い温度で溶けるという特性がある。

③-B ココアケーキ
ココアのかたまり。カカオマスから油(ココアバター)をとりのぞいたもの。

④ ココアパウダー
ココアケーキを粉砕機で細かい粒にしたもの。このままの状態で糖分を加えていないものを「ピュアココア」「純ココア」、砂糖や乳製品、ナッツなどを加えて飲みやすくしたものを「調整ココア」「ミルクココア」と呼んでいる。
 
いかがでしょうか?ココアは、④のココアパウダーを溶かして作りますが、チョコレートは、②のカカオマスを原料に乳製品や砂糖、③-Aのココアバターを混ぜて作ります。つまり、ホットココアとホットチョコレートは、おおもとは同じカカオでも、原料となる部分は異なっているので、違うものといえますね。
 

もしかして、スーパーフード!?カカオの気になる効能と効果

「神の食べもの」とまでいわしめたカカオ。それには必ず根拠があるはず!どんな力を秘めているのか・・・次はカカオの効果と効能に注目してみましょう。
f:id:tentsu_media:20190117134228j:plain

ワインより多いポリフェノール含有量!?

ポリフェノールといったら赤ワインのイメージが強いかもしれませんが、カカオの種子には豊富な栄養素の他に7種類以上ものポリフェノールが含まれており、その量は赤ワインに含まれるポリフェノールの倍以上とも言われています。一般的にカカオに含まれているポリフェノールのことを「カカオポリフェノール(または、カカオマスポリフェノール)」と呼ぶのですが、このカカオポリフェノールの抗酸化作用がすばらしい!大豆などと違い、ビタミンEを持たないカカオ豆が自分の身の酸化を防げるよう、自然が与えた力といえます。では、そんなカカオポリフェノールの効能と効果についてご紹介させていただきます。
 

~カカオポリフェノールの効能と効果~
 
①動脈硬化を防ぐ
活性酸素によりコレステロールが酸化し、血管内皮に付着することを妨ぎ、動脈硬化の進行を抑制します。

② 発ガン作用の防止
活性酸素が遺伝子(DNA)や周囲の細胞を攻撃してしまうことを阻止します。驚くことにチョコレート消費量の多い国は、がん発生率が低いという研究結果もあります。

③ 血圧改善・血管の健康維持
血管を広げ、赤血球の流れを助ける作用があります。

④ 肌ダメージを抑え、美肌へと導く
肌の老化を促進させる活性酸素には、抗酸化作用が効果的です。紫外線により受けたダメージの軽減にも働きかけてくれます。

⑤ アレルギー改善
活性酸素が異常に作られてしまうことで発症してしまうアレルギー。カカオポリフェノールは、アレルギー症状発症の各段階で活性酸素の働きを抑えてくれます。

⑥ 脳機能の改善・認知症予防
カカオポリフェノールには、たんぱく質を増やし、脳の神経細胞の活動を促す働きがあります。また、カカオに含まれるテオブロミンという物質には、記憶力や集中力を高める効果も確認されています。
 
⑦インフルエンザ予防
森永製菓株式会社さんが行った「ココアの抗インフルエンザウィルス効果実験」の結果、ココアを飲むことでナチュラルキラー活性が上昇することが明らかになり、インフルエンザ予防効果にも期待がもてると考えられています。
 
恐るべし、カカオポリフェノール。
ですが、その凄さはこれだけではないのです。

体に役立つミネラル・食物繊維、栄養素が盛りだくさん

なんとカカオには、乱れがちな生活習慣を整えてくれるマグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラル、整腸作用がある食物繊維なども多く含まれています。具体的にどういった効果があるのかというと・・・
 
①整腸作用で便秘改善
②冷え・むくみの解消
③メタボリックシンドロームの予防
④リラックス効果でストレス軽減、安眠効果
⑤筋肉増強サポート
⑥善玉コレステロール増加作用
 
こんなにもっ!
やはり恐るべし、カカオ。まさに、スーパーフード!!
 

ですが、どんな食べ物でも摂取しすぎは良くありません。ミルクココアやチョコレートは生成の過程で、砂糖やミルクが加えられているので、どうしても高カロリーになってしまいます。健康のためと毎日大量に口にしてしまうと、逆に体重増加の原因や血糖値の上昇を招いてしまいます。健康になるつもりが糖尿病になってしまったなんて、笑えませんよね。
そこで、オススメなのが糖分を加えていない状態のピュアココア!砂糖を加え甘くする場合にも自分で調整できますし、より健康を気にするのであれば、はちみつを加えて甘さを出すなどの工夫も可能です。

ココアで賢く健康においしい美容ケア

カカオを毎日賢く摂取し、健康と美容効果を求めるのであれば、ココアの中でもピュアココアがおすすめであることは先ほども述べましたが、毎日全く同じ味では飽きてしまいます。そこで、楽しいココアライフを手助けするちょい足しの相棒をご紹介します。
 
f:id:tentsu_media:20190118112545j:plain
①はちみつ
甘さを求めている時は、砂糖ではなくはちみつを小さじ1杯ほど入れてみましょう。スーパーフードの掛け合わせで効果倍増が狙えます。(詳しいはちみつの効能・効果はこちらから)
 
②マシュマロ
甘さをプラスしつつも、たんぱく質が含まれているので美肌効果にも期待できます。マシュマロは1つで我慢しましょう。
 
③豆乳
ダイエット中ならば牛乳の変わりに無調整豆乳を使用することをオススメします。体脂肪の蓄積を抑制してくれます。アーモンドミルクなども良いかもしれません。(詳しい豆乳の効能・効果はこちらから)
 
④バナナ
お通じ改善効果を狙うのであれば、食物繊維たっぷりのバナナを刻んでココアにIN。朝食代わりや小腹が空いてしまった時にもおすすめです。
 
⑤梅酒
「今日もお仕事頑張った」そんな日は、寝る前に大さじ1杯ほどの梅酒を加えて。梅酒に含まれるコハク酸やクエン酸は、疲労回復効果があります。血流を促す作用もあいまって、リラックス。入眠もしやすくなります。
 
簡単なちょい足し工夫で、ココアの味も変幻自在。どうですか?これなら飽きずに続けられそうでしょう?ぜひ、あなたのお気に入りの一杯を発見してみてください。

まとめ

やはり「神の食べもの」という名に偽りなし!想像以上の効能と効果が・・・。もうすぐバレンタイン。おいしいチョコレートも良いけれど、今年のバレンタインは、ひと工夫しておいしいココアなんていかがでしょうか。
ココアなら、小さいお子様から大人まで楽しめますし、受験勉強で頑張っている方、夜遅くまで働いている方、そんな方々の頼もしい味方になってくれます。
まだまだ寒い日が続きますが、そんな日は、ココアでほっと一息、心安らぐ時間をお過ごしください。

Ms.小わっぱ

 

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。
まだお読みでない方は、是非お読みください。

www.tenpo.biz

f:id:tentsu_media:20190118165013j:plain