【新宿御苑前】これが大衆酒場の料理!?価格を上回る味を誇る「大衆酒場 鳥の素揚げ ほしの」

新宿御苑前で居酒屋をはるかに超えたクオリティーの料理を大衆居酒屋の価格で安く味わえる『大衆酒場 鳥の素揚げ ほしの』さんへ。老舗割烹料理店で経験を積んだ料理長が扱う魚はすべて天然物、おすすめは市場の状況によって変わるという。今回は新宿三丁目と新宿御苑前の2店舗を経営する星野氏にお話をうかがってきました。

こんにちは!イタチです。
飲食店の出店サポート業務に日々邁進まいしんしていると、普段から素敵なお店を探すのが趣味のようになってきます。
できれば安価で、おいしい料理を食べながら、おいしいお酒を飲みたい。そんなわがままを叶えてくれるお店が新宿御苑前にあるんです。
今回やってきたのは、『大衆酒場 鳥の素揚げ ほしの』さんです。
 
f:id:tentsu_media:20181226151931j:plain
 

大衆居酒屋とは?

店頭の赤ちょうちん。安価で昔ながらのメニューと、明るい店内には仕事帰りのサラリーマン...
 
大衆酒場と聞くと、お父さん世代のサラリーマンの憩いの場であるイメージがあると思います。

しかし、こちら『大衆酒場 鳥の素揚げ ほしの』さんは、今までの大衆酒場のイメージを塗り替えるお店なのです。
 
昔ながらの赤ちょうちんと、清潔感のある白ちょうちんがぶらさがった店頭。
店内へ入ると、座席の作りは大衆居酒屋ですが、なんとも清潔感のあふれる内装です。
f:id:tentsu_media:20190107122643j:plain
大衆酒場ですが、若い女性同士でも、お一人様でも入りやすい落ち着いた雰囲気です!

本日のおすすめとその秘密

席に着いてさっそく注文。まずはサッポロラガーの赤星です!この大瓶が置いている店舗って少ないんですよね。
 
f:id:tentsu_media:20181226152320j:plain
 
そしてオーナーの星野さんが持ってきてくれた本日のおすすめメニュー。仕入れ状況に応じて変わるおすすめメニューは必見。

食材は、直接その日のおすすめを仕入れており、魚はすべて天然物で、養殖物は一切使っていないというこだわりも。腕の立つ料理人を星野さん自らがスカウトして料理を任せています。料理長の相馬さんは老舗割烹料理店で30年間経験を積んだ料理人。どんな食材を仕入れても、その食材に合った調理ができるのは、料理人の引き出しが多彩だからこそできる技です。
f:id:tentsu_media:20190108122830j:plain
こちらのイサキの姿造りはなんと580円。豪華...

こだわりのお料理をいただきます!

赤星を楽しみながら、お料理を味わいます。メニューはこちら。
f:id:tentsu_media:20181226185001j:plainf:id:tentsu_media:20181226184956j:plain

看板メニュー

◇鳥の半身揚げ

f:id:tentsu_media:20181226151317j:plain
まずは看板メニューから!この見た目のインパクト!一口食べると、素揚げした鳥の皮がパリッと音を立てます。鶏肉は肉厚でとてもジューシー。しかし、衣をつけずに揚げているので、油の感じもしつこくなく、ぺろりと食べられます。衣がない分カロリーが抑えられているのも、女性にはうれしいポイントです。
 

本日のおすすめ

つづいて本日のおすすめへ。
オーナーの星野さんも、その日のおいしい、食べてもらいたいものをラインアップしているので、ぜひ食べてほしいとのこと。これはいただくしかありません!

◇スズキのうす造り

f:id:tentsu_media:20181226151301j:plain
こちらも見た目がきれい...!写真映え必至です。とても大衆酒場とは思えない見栄え...ですが、驚きはこれだけでは終わりません。注目すべきはその価格。もはや芸術のようなうす造りが、なんと580円という安さなんです...!薄く切られたスズキのお刺身は口当たり抜群。見ても味わっても楽しめる一品です。

◇するめいか刺

f:id:tentsu_media:20190108160847j:plain
こちらはイカのお刺身ですが、ただのイカの刺身ではありません!写真では伝わりづらいかもしれませんが、ご覧いただけますでしょうか、この繊細な隠し包丁・・・!うかがえる技術の高さと丁寧さは、まさにプロのお仕事。美しく繊細な隠し包丁の入ったイカのお刺身は、舌も心も満足させられる一品です。

◇白子豆腐

f:id:tentsu_media:20181226151416j:plain
こちらは、仕入れ状況を見て料理人が考案した一品。見た目はぷるぷるの豆腐です。最初の口当たりも豆腐に似ていますが、噛んでいくうちにだんだん濃厚な白子の味に・・・!移り変わる食感と味は感動もの。また食べたい、癖になる味です。

◇白レバーのたたき

f:id:tentsu_media:20181226151504j:plain
白レバーもあまり見ないですよね。めずらしいメニューがたくさんあるのもこのお店のお楽しみポイント。表面だけ焼かれた白レバーは、ぷるっと濃厚で絶品。お醤油とごま油でいただきます。
 

グランドメニュー

通常メニューのラインナップも、大衆酒場の定番から変わり種まで、さまざまな料理が並びます。

◇もつ煮

f:id:tentsu_media:20181226151339j:plain
やわらかく煮込まれたもつと、優しく上品なダシ。ザ・大衆酒場のメニューともいえる一品ですが、こちらのもつ煮はとても上品な味。丁寧に作られているのが伝わってくるやさしさに、心もほっこりします。

◇生ピーマンとつくね

f:id:tentsu_media:20181226151355j:plain
こちらは生ピーマン。ピーマンを生で食べるという概念が新鮮!つくねを串から外し、ピーマンの上にひとつのせていただきます。一口食べるとびっくり。生のピーマンなのに苦くないんです。そしてシャキシャキ。氷でしめるというひと手間を加えることで、苦くないピーマンができるのだそう。
 

昔ながらの昭和の飲み物!

飲み物にもこだわってラインアップをしているこちらのお店。現代風なものは省き、趣ある昭和の香り漂うものをメニューに据えています。
 

キンミヤ焼酎のサワー

f:id:tentsu_media:20181226151525g:plain
シャーベット状に凍らせたキンミヤ焼酎、通称『シャリキン』。最近増えてきていますが、取り扱っている店舗は少ない印象。
シャーベット状の焼酎をグラスに入れて、割り材を注ぎます。お好みによってシャーベットの焼酎を溶かし、一口。程よく溶けて、さらさらと入ってくるシャリキンの氷の粒は口当たりがよく、飲みやすいです。
 

日本酒レトロ瓶

f:id:tentsu_media:20190107124705j:plain
メニューにある「レトロ瓶」という文字が気になり注文。平成生まれの私にとって初対面となるレトロ瓶、もはやレトロは、昭和というより趣のあるものに感じます。1合分の量になっているので、いろいろ頼んで飲み比べができるのも楽しいですね。
こちらの七賢は、キリっと辛口で飲みやすい日本酒でした。

オーナーさんへのインタビュー

今回は、オーナーの星野さんにお話をうかがうことができました。
 
f:id:tentsu_media:20190107122619j:plain
-現在、新宿三丁目と新宿御苑前の2店舗を経営する星野さん。飲食店を始めたきっかけは?
好きなことを仕事にしたかったことがきっかけ。23歳の時、オーストラリアへ行ったんです。サーフィンがしたくて、1年だけいるつもりで。しかしオーストラリアをとても気に入って、結局7年間いました。
それから帰国して、修行をしようと思い修行先を探しました。条件は東京以外。東京だと遊んじゃうから。(笑)
大阪にいた、一番厳しそうな料理人の友人のもとへ3年修行をしに行き、その後東京へ。東京で出店したかったので、東京でまた2年修行しました。その後初めて出店したのが新宿三丁目の「鶏の素揚げhoshino」です。
  
-新宿三丁目の店舗「鶏の素揚げhoshino」はバル業態。新宿御苑前に出店するにあたって、業態を変えた理由は?
もっと多くの人に鳥の素揚げを知ってもらいたかったから。バルだと、やはり若い方々の割合が多くなってしまう。その点、大衆酒場だと、幅広い年代の方に来てもらえるんです。団塊世代の方々はもちろん、最近は若い人たちも大衆酒場に行きますからね。幅広い方々に鳥の素揚げを楽しんでほしいと思って大衆酒場という業態にしました。
 
-経営において大切にしていることは?
大切にしているのは仲間。1軒目がオープンした時に、ある経営者の方に「何か分かったことはあるか?」と聞かれたんです。何を答えようか迷っていたら、その方が「仲間だろ」と言ったんです。ああ、それでいいんだ、と思って。料理人や業者の方、従業員、来てくれるお客さん、そんな多くの方々のおかげで自分はここまで来られたんだと。それはずっと大切にしています。
 
-ずばり、お店の推しポイントは?
料理のクオリティー。値段についても、大衆酒場らしく、「鳥の半身揚げ」は「鶏の素揚げhoshino」の半額で提供しています。これは、新宿三丁目の店舗で10年間やってきたことからの繋がりや、その日の市場の状況によって柔軟にレシピを考案できる料理人がいるからこそできること。価格の安い店はたくさんありますが、うちは値段以上のクオリティーの料理を提供している自負があります。
 
f:id:tentsu_media:20181226151435j:plain

まとめ

「嘘をつかない、見栄を張らない、嫉妬しない、妬まない。」それが人付き合いにおいて大切にしていることだと、まっすぐに語ってくださった星野さん。それがとても印象的でした。
 
お料理は、大衆酒場のクオリティーをはるかに超えていて、こんなにおいしい料理を大衆酒場の価格でいただけるなんて、とても幸せでした。本日のおすすめは日によって変わるので、近くにあったら毎日通ってしまいそう。素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました!
 
姉妹店のバル、「鶏の素揚げhoshino」の情報はこちらから。
新宿駅、新宿三丁目駅からともに徒歩2分の場所にあります!
 

今回取材したお店

■大衆酒場 鳥の素揚げ ほしの
f:id:tentsu_media:20181226151317j:plainf:id:tentsu_media:20181226151355j:plain
アクセス:新宿御苑前駅3番出口徒歩1分、新宿三丁目駅C5出口徒歩6分
住所:東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル102号
営業時間:17:00~23:30(L.O.23:00)
【土曜日/祝日】15:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日(月曜日が祝日の際は日曜営業、翌月曜日休み)
電話:03-6380-5944

イタチ

f:id:tentsu_media:20181226151931j:plain