消えた「パイ山」!?兵庫一の繁華街、三宮エリアの今とこれから【エリア調査マン】

関西エリア第3の繁華街、三宮。 神戸市中央区に位置する三宮は、JR三ノ宮、阪神三宮、阪急三宮などJR私鉄含め6駅が混在。乗降客数は兵庫で1番であり、今後も増加傾向に。 そんな三宮エリアの北と南の違った顔とは。 誰もが知る「パイ山」が姿を消し、行われる再開発とは。 三宮エリアの人気ポイントと、街の特性と可能性を調査しました。

今回は、関西で出店をお考えの方に向けて、関西人気エリアの情報を紹介します!

関西の繁華街といえば、キタ(梅田)やミナミ(難波)が連想されますが…
引けをとらない繁華街が、三宮エリアです。

兵庫といえば神戸や南京町なんきんまちに目を向けられがちですが、今回は、"関西エリア第3の繁華街"である三宮エリアの魅力をお伝えしたいと思います。

エリアによって変わる三宮の特徴とは?


青:サンキタ通り  緑:いくたロード  茶:東門街  紫:フラワーロード
 
神戸市中央区に位置する三宮は、JR三ノ宮阪神三宮阪急三宮などJR私鉄含め6駅が混在。乗降客数は兵庫で1番であり、今も増加傾向に。
そんな三宮エリアは、JR三ノ宮駅の北側と南側で違った顔を見せます。

北側

f:id:tentsu_media:20181218151934j:plain

北側は、「サンキタ通り」「いくたロード」など、個人店から大手チェーン店までさまざまな業種・業態の店舗が出店。仕事終わりのサラリーマンやOL、学生や観光客でにぎわいを見せており、比較的客単価も安いお店が多く出店しています。
 
「いくたロード」より西には、「串カツ田中」「たか鳥」を筆頭に個人店が多く並び、さらに北にある東門街ひがしもんがいやその路地にも個人店が立ち並びます。

また、東門街を抜けてさらに北に歩けば、明治から大正時代に建造された「北野異人館街」などの観光名所もあることから、観光客の流入も期待できます
 

f:id:tentsu_media:20181127122031j:plainf:id:tentsu_media:20181127122602j:plain
f:id:tentsu_media:20181218151648j:plain

南側

JR三ノ宮駅南口は、「フラワーロード」沿いに、そごうやマルイといった商業施設や、市役所やオフィスが集中。また、「三宮センター街」などのショッピングエリアもあり、商業エリアとオフィス街エリアが混在しています。

f:id:tentsu_media:20181218151806j:plain
三宮交差点
 
収容人数の多いオフィスビルなどの建物が乱立していることから、お昼時にはランチをするお店を探すサラリーマンやOLであふれかえります。
センター街はもちろん、「さんプラザ」やその地下の飲食街とクイック系はどこも満席になります。
 
しかし夜になると、南側よりは北側がにぎやかになります。食事のみの客層はいるものの、帰宅者も含め「さんちか」を通り、北側に流れていく人が大半。そのまま飲み屋街へと足を運ぶ人々も大勢います。

そのため、南側は昼をメインにクイック系テイクアウト業態がおススメです!
f:id:tentsu_media:20181218151855j:plain
三宮地下街「さんちか」

消えたパイ山の謎と再開発

現在、三宮駅周辺は再開発を行っています。
三宮をご存じの方であれば、誰もが知る「パイ山」こと「さんきたアモーレ広場」が姿を消したのも、再開発のため。阪急三宮駅前に位置し、三宮の待ち合わせスポットとして神戸市民に親しまれてきた「パイ山」ですが、2016年から5年間に渡り、再開発工事のための施工ヤードとして閉鎖されることに・・・
 
f:id:tentsu_media:20181218144931j:plain
今は無き「さんきたアモーレ広場」。待ち合わせによく利用された

神戸市は現在、2021年春のパイ山のリニューアルに向けて、デザインの公募を行っています。どのようなデザインに生まれ変わるのか?そちらも注目していきたい・・・ 

また、パイ山からすぐの神戸阪急ビル東館は、再開発により地上5階建てから29階建てに変わり、4~15階はオフィスエリア、17~28階はホテルエリアになる予定です。神戸を訪れるビジネス客や観光客のホテル需要を満たすとともに、客層も幅広く多様化していくでしょう。
 

三宮エリアの人気ポイント

三宮エリア立地調査まとめ

・北側は、個人店から大手チェーン店まで様々な店舗が出店。低価格帯の店も多くにぎわいを見せる

・南側は商業施設や市役所、オフィスビルが立ち並びランチ需要◎

・百貨店や商店街の利用者からビジネスマンまで、幅広い層の集客ができる

・北の異人館街・西の旧居留地・南京町と観光地も近く、観光客の集客も期待できる

・駅周辺の再開発でオフィス増加とホテルの建設により、さらなる集客が見込める

繁華街としての側面、オフィス街としての側面、商業エリアとしての側面に合わせ観光地も近く、全ての層を共存させている三宮。衰退する心配もなく、再開発とともに今後ますます発展していくでしょう。
 
このようにさまざまな特性を持つ三宮は、立地によって業態を分けて出店できることも魅力です
 

まとめ

関西の繁華街といえば、梅田・難波と思われがちではありますが、引けをとらない盛り上がりを見せる三宮。出店エリアによって街の特性も変わるため、多種多様な業態の可能性を感じさせる立地です。
 
またこれは、多くの街で共通していえることですが、大手飲食チェーンが出店する際には数々の出店基準があり、独自の調査データに基づいた出店理由があります。
大手飲食チェーンがどのような場所に注目しているか調査すると、出店場所のヒントが得られるかもしれません。
 
三宮エリアでの出店をお考えの方は、ぜひご相談ください!

島田家

f:id:tentsu_media:20181218144931j:plain