【社内調査】突撃!あなたの街の運動会事情!からの~お弁当のおかず総選挙!?

運動会のお弁当の中身ってどうしていますか? 年に一度のイベント。いまや運動会は家族総出、いや、一族総出の応援が常識!? そこで「あなたの街の運動会事情!お弁当のおかず総選挙!」ということで、地域による文化の違い、開催時期、定番のおかず、誰が見にきたかなど、地域ごとの運動会事情を調査! 地域別の運動会の面白話も紹介します。

みなさん、こんにちは!はじめまして。
北陸出身でありながら、怪しい関西弁と中途半端な標準語を操るミカミシロです。
灼熱のコンクリートジャングルに悲鳴を上げた夏も終わり、過ごしやすい秋となりました。

秋といえば、「芸術の秋」、「行楽の秋」、「スポーツの秋」、「食欲の秋」……どこかお弁当でも持って出かけたくなるこの季節に、こんな会話をふと耳にしました。

「運動会のお弁当の中身ってどうしている?から揚げ、ウインナー、玉子焼きは当然として…」

子供一人分のお弁当の中身に、そこまで悩むのかと聞き耳を立てていたところ、

「今年はおじいちゃん来れないから、凄く寂しそうで…」

…ん?小学生の運動会ですよね。確かに年に一度のイベントですけど、聞けばおばあちゃんだけでも、田舎から前日に深夜バスに乗って見に来るとのこと。まるで家族総出、いや、一族総出の応援です。

石川出身の私は、運動会は本人のみのイベントでした。親がお弁当を持って応援に来ることなんて、ありませんでした。まさか、「運動会の応援には、家族総出が常識!?」と、秋風の中で驚きました。

実は運動会の応援に家族総出が常識!?

f:id:tentsu_media:20181015123349j:plain 過去に全国にお店を持つ会社に勤務していた経験があり、地域による文化の違いは幾分理解していたつもりでしたが、こと飲食においてのルーツとなる「家族で囲む食卓(お弁当)は知らなければならない!」ということで、今回は運動会事情について調査したいと思います!

題して、
「突撃!あなたの街の運動会事情!からの~お弁当のおかず総選挙!?」

今回の調査は店通-TENTSU-の運営会社、店舗流通ネット社員にアンケートを行い、自分の出身の地の小学生時代の運動会、またはお子さんの運動会事情を教えていただきました!では早速ですが、調査結果を発表します!

調査結果発表〜!

対象者:店舗流通ネット社員
実査期間:2018年10月1日~2018年10月12日

小学校の運動会の開催時期はいつごろでしたか?

f:id:tentsu_media:20181025104130j:plain運動会といえば、秋に開催するものというイメージが強いですが、実は同じ都道府県でも、開催季節がバラバラです。データから見ると、春開催と春秋2回開催の地域も多いことがわかります。開催時期の理由として面白かったのは、北海道の運動会で「田植え時期に入る前じゃないと、父母が観覧に来られない」、「秋では寒くて厳しい」から春時期に開催ということでした。

運動会は誰が見にきましたか?

f:id:tentsu_media:20181024185518j:plain
基本は両親のみ参加だと思っていましたが、まさか、3割が祖父母も参加でした。

お弁当はどこで食べましたか?

f:id:tentsu_media:20181025104144j:plain
80%の人はグラウンドで家族と食べていました。東京都、埼玉県の学校では、教室で食べることが多いようです。近年では猛暑による、食中毒や、熱中症の対策で、午前中のみに短縮し、お弁当はなしで給食を食べる学校もありました。今後、運動会でも教室で給食をたべる学校が増えるかもしれません。

お弁当のおかず総選挙!みんなの定番のおかずは?

f:id:tentsu_media:20181026130324j:plain

全く予想がつきませんでした。

各地域では独自の文化と料理を持っているのに、統計でみると、お弁当の中身はほとんど変わりません。しかし、少数派ではありますが、中にはそうめんなどの麺類がマストの地域やカツサンドが無いと始まらない! と言った意見も。確かに運動会など屋外で気温が高い時などそうめんは食べやすいかもしれませんね。

あえて共通性を探すのであれば、「人数調整が容易」「外で食べやすい」「子供も大人も好き」と言ったところでしょうか。やっぱり地域文化より、食べやすさのほうが重視されています。

そして、この中で一番人気のおかずは、から揚げでした。どんな地域のお子さまにも愛されていますね。また大阪だと、肉団子と巻き寿司はマストだと言っている方もいました。

~おまけ~運動会の面白い話ベスト3!

おまけで、我ら店舗流通ネット社員の小学生時代の思い出をご紹介したいと思います!

第三位!「運動会に屋台が出店していた。」(福岡県 社員Aより)


f:id:tentsu_media:20181016172711j:plain
福岡だけでなく、北関東の住民にとっても、運動会で屋台があることは普通だそうです。完全にお祭りになっています。屋台があれば、お弁当の手間もなくなり、親としては嬉しいことかもしれません。

第二位!「友人同士でから揚げを交換。」(埼玉県 社員Oより)


f:id:tentsu_media:20181016172824j:plain
から揚げは子供にとても人気なので、周りの家族も定番で用意していて、子供達はから揚げを交換するそうです。交換しても同じから揚げじゃないかとツッコミしたかったですが、子供の純粋さが出ていて、想像だけでとても癒やされたので、第二位になりました!

第一位!「黒田官兵衛に縁もゆかりもない地域なのに、小学校の運動会で黒田節やっていました。小学生が「おーさけは呑めー呑めー」と歌っていた」(千葉県 社員Eより)


f:id:tentsu_media:20181017172511j:plain※お酒は20歳になってから。いい子はマネしないでくださいね。
黒田節は福岡県福岡市の民謡で「酒は呑め呑め~」の歌詞で有名。もともとは旧黒田藩の武士たちが宴席などで歌っていたが、酒の席でよく歌われる定番曲として、一般に普及しました。
アンケートの結果を読むと、運動会を重視している地域は、お祭りのように行うようです。そして、中でも本当にツッコミできないくらい、運動会と一番関係ない活動はこれです。第一位という栄誉に輝きました!

★特別賞★「地域の魅力を引き出した!運動会で伝統芸能で踊り」(宮崎県 社員Yより) 


f:id:tentsu_media:20181017172453j:plain※写真はイメージ画像です。
宮崎の運動会では、盆踊りのような、地元の伝統芸能の踊りを必ず踊っていたようです。とても地域感が強く、伝統芸能を次世代に引き継ぐということは、学校教育における重要な課題だと思います。

まとめ

いかがでしたか。みなさんの故郷との違いはどうでしたでしょうか。私の育った地域では、運動会は家族が来る行事ではありませんでしたが、今回のアンケートを通じて、家族とグラウンドでお弁当を食べる運動会の楽しさ、暖かさを知ることができました。

とはいえ、昨今は共働きの家庭も増え、家族みんなのお弁当を用意するのも一苦労。この運動会の時期に乗って、お弁当に悩む親御さんのためのケータリングサービスなど実施したら、いい商機になるかもしれません。


地域や時代が違っても、「みんなで集まって食べる食事」が持つすばらしさは変わりません。今週末あたり、久しぶりに地元の友達を食事に誘ってみようかな…
 

ミカミシロ

f:id:tentsu_media:20181015123349j:plain