【銀座 喜記】日本初!衝撃的な本場の味!一度食べたら忘れられない香港の海鮮料理!

今回は日本初出店、香港の元祖 避風塘(ベイフォントン)料理専門店「喜記(ヘイゲイ)」を紹介します。 お店は銀座のコリドー街からすぐの場所にあり、海鮮料理はもちろん、他の香港家庭料理も堪能できます。香港料理とは、避風塘料理とは? おすすめ料理8品のご紹介と、日本でも本場の味が楽しめる理由を、喜記銀座店料理長の蔡衛良(サイエイリョウ)さんに伺いました。

どうも、粕やんです。皆さんは香港料理と聞いたら、まず何を思い浮かべますか?飲茶やむちゃ茶餐廳ちゃさんちょうなど、軽食をよく耳にしますね。
今回は自らが営業担当で出店のお手伝いをさせていただいたお店、なんと日本初出店である、香港の元祖 避風塘ベイフォントン料理専門店「喜記(へいげい)」を紹介したいと思います。
f:id:tentsu_media:20180820165435j:plain

避風塘ベイフォントンとは?

f:id:tentsu_media:20180816171607j:plain100年前、香港は漁村でした。(写真提供:喜記)
海に囲まれた香港では、昔は漁業を営み、海の上に住んでいる漁師がいました。台風の季節は漁に出られないので、避風塘ベイフォントン(タイフーンシェルター)に漁船を停泊したまま、生計を維持するため、陸に上がってきて、海鮮料理のお店の経営を始めました。そこで生まれたのが避風塘ベイフォントン料理です。

魚をはじめ、シャコやカニなど...海の幸にニンニクや唐辛子などの調味料をたっぷり使って、味わう料理は香港ではとても有名です。そんな避風塘ベイフォントンの元祖といわれる、喜記が銀座に上陸したため、飛行機に乗らなくても本場の香港海鮮料理を満喫できるのです。

銀座の避風塘料理「喜記(へいげい)」

f:id:tentsu_media:20180815183754j:plain
お店の所在地は銀座の有名な繁華街「コリドー街」からすぐの場所にあり、複数の駅からアクセスが可能です。最寄り駅は東京メトロ 有楽町駅です。有楽町中央口より出徒步4分で、大通りから1本入ると、目の前に現れたのはお店のロゴです。街の風景にあったおしゃれな外観で、2階へ続くらせん状の専用階段でお店に入ります。

f:id:tentsu_media:20180815183847j:plain
喜記は香港で開業してから50余年。壁には時を重ねてきた、お店の沿革が飾ってあります。


f:id:tentsu_media:20180815185041j:plain
f:id:tentsu_media:20180816172654j:plain
f:id:tentsu_media:20180815185509j:plain
高級感の漂う店内では、本場の雰囲気を味わうことができます。

f:id:tentsu_media:20180816120126j:plain
ディナーだけではなく、ランチも人気のエリアです。銀座の街を眺めながら、お手頃価格でぜいたくなランチができるので、近隣のサラリーマンにも大人気です。


f:id:tentsu_media:20180815185326j:plain
f:id:tentsu_media:20180816120130j:plain
座席は広く設置されていて、ゆったりとした雰囲気で宴会ができます。また、ボックスのソファ席はプライベート感があふれる空間で、グループでも家族の食事でも、時間を楽しめます。

おすすめ料理をご紹介します!

喜記は海鮮料理はもちろん、他の香港家庭料理も堪能できます。今回は多くのお客様が注文するという、おすすめ料理8品をご紹介したいと思います。

■「ホタテ貝の春雨蒸し(蒜蓉粉絲蒸扇貝スッヨンファンシージェンシンブイ)」

f:id:tentsu_media:20180904142032j:plain
こちらはお店の一番人気料理です!ホタテが肉厚でジューシー、ニンニクの香りが口いっぱいに広がります。春雨がホタテの風味を十分吸い込んでいて、残ったソースと一緒においしくいただきました。とても味に深みがある一品です。

■「アサリの豆豉トウチソース炒め(豉椒炒蜆シージュウチャウヒン)」

f:id:tentsu_media:20180904140324j:plain
ピリ辛の辛香料とトウチソースがアサリに絡んで、パクチーの香りも濃厚です。ピリっとした後味を感じながらも、トウチソースの甘さに調和される、とてもバランスが良い一品。辛さが苦手な方も楽しめる料理です。

■「ゆでで鶏肉の葱生姜ねぎしょうがソース(白切雞バッチガイ)」

f:id:tentsu_media:20180904140527j:plain
柔らかい蒸し鶏を葱生姜で和えた料理です。葱生姜ソースはあっさりしていて、鶏肉本来の味を引き出しています。さっぱりした風味で紹興酒に合う味付けです。

■ 濃厚な甘さ「自家製窯焼きチャーシュー(蜜汁叉焼マッジャプチャーシュー)」

f:id:tentsu_media:20180904144123j:plain
長時間じっくり焼いた豚肉は表面が濃い赤色になっています。火の通り具合もよくて、甘い味付けなので、年齢を問わず愛される味です。

■「 中華レタスと豆豉鯪魚炒め(豆豉鯪魚炒A菜ダウシレンユーチャウエイチョイ)」

f:id:tentsu_media:20180904143247j:plain
トウチの味がしっかり入っていて、絶妙なおいしさです。ご飯との相性が抜群です。お酒のつまみにも最高の一品です。



f:id:tentsu_media:20180816173058j:plain香港の家庭料理でよく食べられる魚缶詰です。
◆「豆豉鯪魚ダウシレンユー」は何なんでしょうか?
鯪魚(ケンヒー)とは中国東南部に生息する淡水魚で、トウチの味付けをして、缶詰にしたものです。日本だと「さばみそ煮」缶詰のようなものです。

香港出身の人に聞くと、家庭料理によく出るメニューで、おふくろの味がするそうです。トウチの塩辛さはちょうどよく、これだけで、ご飯を三杯、余裕でおかわりできます。

■「大海老の香港醬油炒め(豉油皇大蝦シーヤオウォンダイハー)」

f:id:tentsu_media:20180816111018j:plain
エビが大きく肉厚で、殻まで香ばしく揚げられています。エビの風味をガーリックが引き立てていて、上品な味がします。食べごたえ満載です。

■喜記名物 「マッドクラブのチリガーリック炒め(避風塘炒蟹ベイフォントンチャウハイ)」

f:id:tentsu_media:20180816105830j:plain

f:id:tentsu_media:20180907173051j:plain
いよいよ、喜記の名物料理「マッドクラブのチリガーリック炒め」が登場です!
今回調理前には生きている状態を見せていただきました!食べる前から、わくわくが止まりません。


f:id:tentsu_media:20180816110126j:plainf:id:tentsu_media:20180816110009j:plain

殻を開けると、ガーリックの香りが漂ってきました!大量のクリスピーガーリックに埋まっているカニには、スパイスがしっかり染み込んでいます。手づかみで食べることができ、大満足の食べごたえでした!鮮度はもちろん、ニンニクと唐辛子の味付けも絶妙です。ニンニク好きな方は絶対に手が止まらないはずです。



f:id:tentsu_media:20180816110642j:plain
f:id:tentsu_media:20180816110718j:plain
カニを食べ終わりましたら、残りのガーリックを白ご飯にかけると、また違う風味です。

f:id:tentsu_media:20180816115656j:plain一度味わってしまうと、忘れられないおいしさ。自宅でも再現してみませんか?(定価1,500円(税別))
◆このおいしさの秘密は・・・?!

カニにかけたガーリックは、お店の特製調味料です。料理だけではなく、白ご飯やパスタにかけてもおいしく召し上がれます!お店で販売されていて、たくさんのお客さんが買って帰る定番のお土産です!

■ドラゴンハイボール

f:id:tentsu_media:20180816111415j:plain
紹興酒のハイボールです。香港でカニといえば、必ず紹興酒を飲みます。芳醇で深い味わいの紹興酒を炭酸で割ると、とても飲みやすくて、お酒が苦手な私でもぐいぐい飲めました。ニンニク料理との相性は本当によかったです。また、紹興酒はアミノ酸が豊富で、美容効果もあるため、女性にも大人気です!

日本でも本場の味が楽しめる…その理由とは?

f:id:tentsu_media:20180816113213j:plain喜記銀座店料理長蔡 衛良サイ エイリョウさん
喜記の全ての料理は、本場からやってきた蔡 衛良サイ エイリョウさんが担当しています。サイさんは広東料理をベースに香港家庭料理から創作中華までを網羅した達人で、10代の頃に香港で料理の世界に飛び込み、20代で来日。現在に至るまで、日本でも本格的な香港料理を食べられるようにと、全国各地で活躍してきました。

サイさんより、「いつもお客様のご要望に柔軟に対応しています。事前に苦手な食材やアレルギーなど、お伝えいただけると、おまかせメニューも作れるので、お気軽にお尋ねください。」とのことです。

まとめ

f:id:tentsu_media:20180816110447j:plain絶妙のスパイスとカニの組み合わせ、最高の逸品と言っても過言ではないのです。そんなおいしさに舌鼓を打つ私でした。
香港料理といえば、軽食や喫茶などをイメージしていたので、こんなに深い味わいのある料理とは思いませんでした。ニンニクや唐辛子を使っていますが、程よい辛さで、とてもおいしい料理でした。たくさんのお酒と料理をおいしくいただいたのに、リーズナブルな価格で楽しめました。

本場の味にこだわる方はもちろん、これから試してみたい方にも、一度食べたらやみつきになると思います。興味がございましたら、ぜひお楽しみください。


今回取材したお店はこちら

■ 喜記(へいげい)
f:id:tentsu_media:20180815183754j:plainf:id:tentsu_media:20180815185326j:plain
住所:東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル 2F
電話番号:03-3289-0505
営業時間:
【平日】
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)

【土日祝】
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:無休
※ランチメニューは平日限定となります。

ウェブサイト:喜記 (ヘイゲイ) - 銀座/中国料理

■アクセス
JR 有楽町駅 中央口から徒歩4分。
JR山手線新橋駅 銀座口からコリドー街方面へ徒歩7分。
銀座線、日比谷線、丸ノ内線が通る銀座駅から北方面へ徒歩7分。
浅草線、日比谷線 東銀座駅から北方面へ徒歩10分。

粕やん

f:id:tentsu_media:20180820165435j:plain