【生姜の効果・効能】風邪予防や冷え性改善に効く生姜を使った飲み物とそのレシピとは

乾燥生姜の生姜湯(しょうが湯) で改善できる、冷え性や肩こりに効果がある「乾燥生姜」。しょうがを加熱して乾燥させる作り方、はちみつやレモン・ひやしあめ・飴湯(あめゆ)にアレンジするレシピも紹介します。 乾燥生姜の効果・効能は、「ショウガオール」による血行促進作用や血液サラサラ効果や健胃・整腸作用などがあります。しかし、胃腸が弱い方や妊娠中の方には悪影響を及ぼす場合があるので適正量を守るようにしてください。

自分が書いた記事がなぜか3連続で飲み物ネタになっているあおです。
全く自覚なしで今回の記事もこれに気がつく前に決めていたのですが、またしても飲み物ネタになりました。
 
しょうが湯
 
今回のテーマは『生姜(しょうが)湯』です。
しょうが湯というと、冬に風邪予防で飲むイメージが大きいと思いますが、冬だけでなく夏も大活躍間違いなしの飲み物なのです。
 
夏場に冷房の効いた建物内に長時間いると、寒さを感じることはありませんか?私は極度の冷え性で、夏でも冷房の効いた部屋ではすぐに手足が冷えてきます。
自宅など自由に冷房のオンオフや設定温度を変えられる場所ならよいのですが、会社など人がたくさん集まる場所でそれは難しいですよね。
そういった場所では洋服で調節するのはもちろんですが、食べ物や飲み物などで体の中を冷やさないように工夫してみるのも手です。
 
そんなときにオススメの飲み物がしょうが湯です。
 

生姜の効果・効能

f:id:tentsu_media:20180824184509j:plain
 
しょうがの効能は、抗炎症作用鎮痛作用血液サラサラ効果血行促進作用殺菌作用健胃・整腸作用など、とにかく体に良さそうな効能ばかりです。
その中でも今回は、特に冷え性の改善に効果のある血行促進作用に注目してみたいと思います。
 
しょうがの成分として有名なものに、「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分があります。生のしょうがには「ジンゲロール」が多く含まれていて、しょうがを加熱して乾燥させると「ジンゲロール」が変化して「ショウガオール」という成分になります。
血管を拡張させ血行を促進し、体を全身から温めてくれるのがこの「ショウガオール」の働きです。他にも血管を健康に保つ機能があり、血液サラサラ効果や健胃・整腸作用なども「ショウガオール」の特徴です。
 
さらにしょうがの血行促進作用は、冷え性と切っても切れない関係にある肩こりなど、筋肉の血行不良が原因で起こる症状の改善にも効果が期待できます。
 

冷え性に効く!しょうが湯の飲み方・作り方

基本的なしょうが湯のレシピは、飲みたい量のお湯を準備し、そこに生のしょうがをお好みの量を入れていく。これだけです。
 
冷え性改善のためのしょうが湯を作る場合には、生のしょうがをすりおろしたものやスライスしたものではなく、「加熱して乾燥させたしょうが」を使用しましょう。
前述のとおり、加熱し乾燥させたしょうがの方が「ショウガオール」が多く含まれており、血行促進効果が冷え性に対して有効に働きます。
 
【乾燥生姜の手軽な作り方】
①生のしょうがを皮のまま1mm~2mmの厚さにスライス
②蒸し器で30分ほど蒸す
③蒸したしょうがを1日天日干ししたら乾燥生姜の完成
 
乾燥させたしょうがは、ミキサーやすりばちで粉末にすると使いやすくなります。
 
乾燥生姜
 
生のしょうがから乾燥生姜を作ることもできますが、便利な粉末タイプの乾燥生姜も市販されているので、自分に合ったものを使ってみましょう。
ちなみに、生のしょうがには抗炎症作用殺菌作用があるので、冬に風邪予防としてしょうが湯を飲む際は、生のしょうがをすりおろしたりスライスしたものを使用すると効果大です。
 
冷え性にも効き、風邪予防などにも効くしょうが湯ですが、生でも乾燥でもしょうがの辛みが結構強く、人それぞれではありますが少し飲みにくさがあります。
なので、ここではしょうが湯が飲みやすくなる簡単なレシピを紹介したいと思います。
 

はちみつとレモンを入れる

はちみつレモン
作り方は簡単で、しょうが湯にはちみつレモンを入れるだけです。量はお好みで。
はちみつの甘さでまろやかになり、レモンのスッキリとした味と香りでだいぶ飲みやすくなります。またレモンは飲みやすくなるだけでなく、ビタミンCが風邪の予防につながるので一石二鳥ですね。
はちみつもビタミンやミネラルが豊富でさまざまな効能があるのですが、熱に弱く加熱をすると栄養素が壊れてしまうそうなので、温かいしょうが湯に入れたときにはそのような効能は期待できなさそうですね。
 
ジンジャーティー
会社などのオフィスではちみつやレモンを用意できないときは、紅茶と割ってジンジャーティーにするのもオススメです。味が良くなるのもあるのですが、なにより粉末のしょうが湯と紅茶のティーパックがあれば飲めてしまう気軽さが魅力です!
 

水あめを入れてひやしあめ風に

みなさんはしょうが湯に似た飲み物「ひやしあめ」というものをご存じでしょうか?
ひやしあめとは、水あめをお湯で溶き、そこにしょうがの絞り汁を加えて冷やした飲み物です。主に近畿地方で飲まれているもので、夏の縁日の屋台などでは定番の飲み物なのだそうです。
先日初めて飲む機会がありましたが、水あめの甘さよりもしょうがの味が効いていて、冷たいしょうが湯という印象でした。もし身近に水あめがあれば、作ったしょうが湯に水あめを入れ、冷やしてひやしあめ風にして飲むのも良いですね!
 
ちなみに冷やさず温かい状態のひやしあめは「飴湯あめゆ」と呼ばれ、昔の人は暑気払いの飲み物として飲んでいたそうです。(辞書で「飴湯」と引いてみると、夏の季語であることが分かりました。)
冷房なんてなかった時代から、昔の人は飴湯を飲んで夏を乗り切っていたというのはとても興味深いですね!
 

おわりに

最後に、しょうがは万能ですが胃腸が弱い方や妊娠中の方など、過剰に取りすぎると悪影響を及ぼす場合があるので適正量を守るようにしてください。
暑い夏、冷たい飲み物をついつい好んで飲んでしまいがちですが、温かいしょうが湯を飲んで体の中を温めて冷え性を改善しましょう。

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。
まだお読みでない方は、是非お読みください。


www.tenpo.biz


 
 

あお

生姜湯