【折り紙】で日本式のおもてなしをしよう!~箸置き初級編~

国を超えた遊具の1つとしても人気が出ている折り紙。 東京オリンピックを控えている日本には、今後さらに外国人観光客が訪れるでしょう。 折り紙という、日本ならではの魅力ある文化を利用して“おもてなし”の心を表現してみるのも。 飲食店で使える簡単な箸置きの作り方をお教えします。

f:id:tentsu_media:20170620120336j:plain
どうもお久しぶりです。Ms.小わっぱです。
この間親戚で集まった際、ランドセル軍団に混じり、サビ抜きお寿司を食べていたMs.小わっぱです。
 
「コイツ仲間だ!」と認識されたのか、その後ひたすら「あそぼー」攻撃にあい(「あそんでー」ではなく「あそぼー」なところが、やはり仲間!イエーイ)折り紙レベルとアルプスいちまんじゃくレベルが上がりました。
今日は、そんな私が飲食店で使える簡単な箸置きの作り方をお教えしたいと思います。


◆目次

 

箸置きを作ってみよう!

今回ご紹介するのは、“箸置き”の作り方!
散々折り紙を連呼してきましたが、実は箸袋で作ります。ただ、見た目を重視したい方は、折り紙のように色がついているものや、お洒落な包装紙などを利用することをおすすめします。折り紙や包装紙を使用する際は、あらかじめ箸袋サイズの大きさの縦長袋を作っておいてください。

作り方は簡単。

《箸袋サイズの袋 作り方》
1.適当な縦長サイズにきる(長さはお好みで調整してしまって構いません)
2.のりしろ部分を余らせて縦に半分に折る
3.のり付けして、貼る
4.完成

飲食店舗では、お店のロゴが入った箸袋などを利用して作れば、そのお店オリジナルのものが出来上がりますよ。さて、準備が整いましたのでさっそく作っていきましょう!

1.ハートの箸置き

 
写真とともに、「ハートの箸置き」の作り方をご紹介します。今回は赤、白と2色の箸袋を使用します。

f:id:tentsu_media:20170620120645j:plain

1.目分量で5等分し、右から2/5のところで折り、1/5のところで折り返す
2.右上の角をフチに合わせて折る
3.三角形が表にでている状態で、半分に折る
4.三角形の角を上に引き上げ、そのまま折る(四角い部分が飛び出る)
5.左右それぞれの角を折り、ハートに見えるようにする
6.左側に延びている部分を半分に折り(半分で長ければ三つ折にする)先端をハートの下に差し込む
7.棒状になっている部分の下に指を入れ、膨らませながら上部を少しつぶし安定感を出す
8.すると・・・ハートの箸置きの完成!!

2.さやえんどうの箸置き

 
では、次に少し遊んで、さやえんどうの箸置きを作ってみましょう

f:id:tentsu_media:20170620145516j:plain

1.まず、箸袋を半分に折る(裏表はお好きにどうぞ)
2.端を中心線にそろえて折る
3.今折った部分より小さめに折り返す
4.三角形の根元の部分をパタンと折りこむ(今まで上に面していた部分をとじこむ)
5.箸袋自体をひっくり返す
6.また、端を中心線にそろえて折る(紙が重なって少し分厚くなっています)
7.中央にできたダイヤのような部分の袋状になっている部分を押し広げる
8.反対側の端を折り長さを短くする
9.今追った側の端を中心線にそろえて折る
10.中心線で半分に折り、形を整える
11.軽く広げれば、さやえんどうの箸置きの完成!!

さやえんどうが嫌いという方には・・・
さやえんどうの箸置きの作り方を途中で変えて、なすの箸置きにしちゃいましょう


3.なすの箸置き

f:id:tentsu_media:20170620120839j:plain
1~チェック印までは、さやえんどうと作り方は同じです
9.中心線で半分に折る
10.長さを調節した側の端を内側に少し折り込み形を整える
11.軽く広げ、真ん中を少し押しつぶし形を整える
12.なすの箸置きの完成!!

いかがでしょう?どれも簡単だと思いませんか?
いやいや、無理だよ、ハードルが高いという方にはとっておきの箸置きを・・・


4.山折り谷折り箸置き

 

f:id:tentsu_media:20170615171327g:plain

1.適当な大きさの紙をひたすら折る
2.5mm位の幅で折る、折る、ただ無心に折る
3.じゃばらが出来上がったら、ひもを結ぶかのようにくるっと一周する
4.片側のじゃばらを扇子のように広げる
5.置いた時に安定するよう角度を整えたら山折り谷折り箸置きの完成!!

まとめ

いかがでしょうか?作れそうなものはありましたか?
   
実は折り紙は手先を使うということで、最近は認知症予防の1つとして注目を浴びています。
また、子供から大人、さらには人生の大先輩まで老若男女問わず楽しめるものでもありますし、最近では国を超えて遊具の1つとしても人気が出ています。東京オリンピックを控えている日本には、今後さらに外国人観光客が訪れるでしょう。

折り紙という、日本ならではの魅力ある文化を利用して“おもてなし”の心を表現してみるのも良いかもしれません。意外と熱くなってしまいますよ。

■参考図書■
書名:『超ウケる大人の折り紙 箸袋で箸置き。』
著者:山口 真
発行所:PHP研究所

書名:『手軽なハンドメイド やさしい折り紙』
発行所:㈱雄鶏社

Ms.小わっぱ


f:id:tentsu_media:20170619111333j:plain