【インタビュー】飲食店におけるネット販促について、プロに任せたら売上が200万あがった話

店長体験談|飲食業界の集客とネットは深い関係になりました。 ネット販促は非常に重要です。 オリジナルWebサイトを作成するか?グルメサイトのオプションをつけるか? 費用対効果を考えた時、どれだけの成果がでるのか? 効果を出したい。でもお金はあまりない。何かいい方法は無いか。

友人との飲み会、恋人とのデート…。飲食店を探すとき、ユーザーはどんな手段を使うでしょうか?
誰もがスマートフォンを持ち、ネットが普及した今ではネット販促は非常に重要です。無視する訳にもいきません。
 
しかし、5ページくらいの簡単なオリジナルWebサイトを作成した場合、相場的に20万くらいはかかります。費用対効果を考えた時に果たしてどれだけの成果がでるのか?運用は誰がやるのか?まだまだオリジナルWebサイトのない飲食店も多いです。
 
では、グルメサイトはどうでしょう。食べログに登録している飲食店は約84万店舗
(参考:広告(メーカー・団体様等向け)について [食べログ])
 
グルメサイトに登録していない店舗は、周りから驚かれることも多いかと思います。「えっ一体どうやって集客しているの?」(私も聞きたい)それくらい、飲食業界の集客とネットは深い関係になりました。
 
 

店長時代に出会ったWEB販促 体験談

f:id:tentsu_media:20161117124107j:plain
私は、店舗流通ネットで働く以前、飲食店で店長をしていました。
 
場所は丸の内のとある大きな商業施設。多くの店舗と同じように、集客方法について課題を持っていました。私のお店は自店Webサイトが無く、ネット上で公開している情報は食べログ・ぐるなびなどのグルメサイトだけ。登録はしていましたが、なかなか思うような成果は得られませんでした。
 
これらのグルメサイトは、ページを充実させていくと(カスタマイズや検索の上位に引っかかるようにするなど)オプション料金がかかります。細かい金額は伏せますが、月額20万円以上かかる場合もあります。月々の販促費に多くをかけることはできないので、この月額費用は厳しい状態でした。
 
サイトも持っていない以上、これらのグルメサイトに頼る他ありません。「もう少し効果を出したい。でもお金はあまりかけられない」。何かいい方法は無いかと思っていた時に、ティーズアソシエーション様と出会い、結果的に多くの利益を出すことができました。
 
 

ティーズアソシエーション様 インタビュー

f:id:tentsu_media:20161117124233j:plain
という訳で、ティーズアソシエーション株式会社 山口様に、飲食店のWEB集客についてインタビューしてまいりました。昨今のグルメサイト事情なども含め、お伺いしていきます。
 
※この記事は広告・宣伝目的で作成された記事ではありません。ライターの実体験に基づき取材に応じていただいたインタビュー記事となります。故に、該当企業のサービス内容について保障するものではございません。
 

 
f:id:tentsu_media:20161117124322j:plainティーズアソシエーション株式会社
代表取締役 山口達郎様
◆サービス内容について教えてください
山口様:グルメサイト(食べログ・ぐるなびなどの飲食情報メディア)ができたばかりの頃は、掲載費用の高い順に上位表示される、すごく単純な仕組みでした。ですが、グルメサイトにとって優先すべきは「消費者ユーザーにとって便利で使いやすいもの」に配慮したアルゴリズムになってきました。お金を多く払っている飲食店よりも、ユーザーが求めている飲食店が露出されるような仕組みに最適化されてきています。私たちは、そのアルゴリズムに適したサイト運用をすることで、露出を増やす機会を作るお手伝いを行っています。
 
f:id:tentsu_media:20161117191222j:plain
◆時代に合わせて手法は変わってくるのでしょうか?
山口様:そうですね。グルメサイトが露出していきたいお店は「ユーザーが求めている情報を掲載したお店」。極端な話「20万円払っているお店よりも1万円払っているお店を上位に出したい」場合もあります。その仕組みは日々最適化されていますので、「ユーザーが求めている情報が何なのか?」をいち早くキャッチし、クライアント様のページに取り入れています。
 
◆ティーズアソシエーション様の強みについて教えてください
山口様:実は、イデアルキッチン株式会社という別会社を立ち上げていまして、私たち自身も飲食店を経営しています。新宿に2店舗と池袋に1店舗です。3店舗とも、お世辞にも1等地と言えるような場所ではありませんし、小さなお店ですが、平均して月850万円の売上を上げていて、今のところ順調です。和牛とチーズを軸にコンセプトのはっきりしたお店を展開しています。
 
お店にとって重要なのはプロモーション力だけではありませんが、従来なら「路地1本入っただけで、物件的にNG」になってしまうような立地でも、WEBプロモーションの力を使えば集客ができる。現場力を高めつつ、プロモーション力の大切さを伝えることを念頭に動いています。
 

f:id:tentsu_media:20161118122336p:plain

f:id:tentsu_media:20161118122343p:plain

イデアルキッチン株式会社で自社運営している店舗のグルメサイト情報
 
《店舗情報》
・池袋 ビストロ モンパルナス
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13200570/

 
・西新宿 ハルベルバル (Hal Vel Bar)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13174855/

 
・西新宿 チーズと和牛ビストロ きこりのお家
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13194987/

 
◆今、オススメのグルメサイトはありますか?
山口様:お店の種類や立地状況によって、得意な媒体とそうでない媒体が異なりますので、どのサイトが良い!というものはありません。クライアント店舗が現状使っている販促媒体を、いかに活用していくか…が重要だと思っています
 
f:id:tentsu_media:20161117190134p:plainティーズアソシエーション株式会社 コーポレートサイト
 
◆グルメサイトで露出を高めていくために、まず店舗側でできることはありますか?
山口様:店舗の運営をしながらWEBの最適化をし続けることは、とても難しいと思っています。なので、「困ったらまず弊社にご相談ください」と言いたいところですが、それでは宣伝になってしまいますので・・・笑。ポイントは3つです。
 

①まめに更新をすること
②サイト内を見やすいレイアウトにすること
③立地別の適切な販促媒体の選定をすること

 
 

 
 

飲食店に特化したWEBコンサルティングサービスがあること、知っておこう

お付き合いを続ける中で、定期的にぐるナビ・食べログの動向や更新のロジックやメリットを教えてもらい、自分自身少しずつ知識が付いてきました。おかげで、その時加入すべきオプションやキャンペーンの取捨選択が非常に楽になりました。
 
他店舗がどんなキャンペーンやクーポンを打ち出しているか教えていただけるのも有難かったです。自分の不得意な分野で相談できる相手がいることは、非常に頼もしかったです。
 
具体的な数字を言うと、売上が1800万→2000万、約200万円程の売上UPとなりました。費用対効果は一目瞭然。月々の費用がもったい無いから自分で更新をしている…という飲食店の方も多いと思います。私もそうでした。ですが、答えがわからないまま試行錯誤するよりも、正直なところ「餅は餅屋」。これが私がたどり着いた答えでした。
 
オーナーは日々の店舗運営の他にも、たくさんの業務を抱えています。費用を削減することも大切ですが、任せるところは任せるのも1つの手段です。自分でやるべき業務の優先順位を考えて、パートナー業者との賢い付き合いをしていきましょう。
 

ぐっちゃん



f:id:tentsu_media:20161117124107j:plain