食べ物のおいしい写真の撮り方入門 EPISODE~Revenge~

はてなブックマークコメントの方で大変反響の“【個人経営者向け】食べ物のおいしい写真の撮り方入門”。こちらのリベンジ記事のため、「最近のカメラは軽くて高性能。」と言い聞かせられ、ミラーレスカメラを購入してリベンジします。食べ物をおいしそうに撮るために~準備~撮影の前に気をつけること

こちらの記事は、以前掲載した「写真の撮り方」のリベンジ記事となります。どうしてこんなことになっているのか、前回の記事を読んでいただいてからご覧になるとよりご理解いただけるかもしれません…。
www.tenpo.biz


*とある日のミーティング
f:id:tentsu_media:20160527180030j:plain

●登場人物
写真左:ガンマGTP…店舗流通ネット営業部店舗開発課。酒の飲みすぎでガンマGTPが人の10倍ある。5倍の人は先日入院した。
写真右:那須ありぺ…店舗流通ネットプロモーション課。よく見ると目が死んでいる。ガンマGTPの数値は普通。

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「先日は記事を書いていただきありがとうございました。実はですね、あちらの記事…はてなブックマークコメントの方で大変反響がありまして」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「あ!そうなんですか!それは良かったです!」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「それがですねガンさん。反響があるのは大変結構なことなんですけど…一先ずこちらを見ていただいても宜しいでしょうか」




 
f:id:tentsu_media:20160527185734j:plain

f:id:tentsu_media:20160527182006j:plain
 
f:id:tentsu_media:20160527185554j:plain
めちゃくちゃツッコまれてる…!!!!(唐揚げってタグも付いてる…!!!!)


f:id:tentsu_media:20160527182328j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「うーん結構上手く撮れたと思うんすけどねー、うーんやっぱ光かなー」

f:id:tentsu_media:20160527185955j:plain※光かなーを連呼するガンマGTP

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「そうですか。という訳で今回の記事当番の件なんですけどね、ガンさん!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「え、はい」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「写真、極めましょうか」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「ふふ(苦笑)それはつまりアレですか。やり直し的な…」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「それもそうなのですけど。趣味と熱意はカタチからですよね!代償を払って人は成長するものです。最近のカメラはいいですよ、軽くて高性能。どうです?ほらコレ」

f:id:tentsu_media:20160530115845j:plain


f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「…まじ?」

f:id:tentsu_media:20160527191531j:plainあからさまに笑顔が渋くなるガンマGTP


デザイナーから写真の撮り方を教えてもらおう

*後日

f:id:tentsu_media:20160527191943j:plain※買っちゃったガンマGTPと持っていた那須ありぺ



昔フィルムカメラが好きだったという情報をいいことに「写真の趣味を再開しましょう」と小一時間言い聞かせた甲斐あって…。


いえーい買っちゃいました。いいですよねーミラーレスカメラ。今回はこちらのカメラを使用して、写真の撮り方リベンジ記事を作成していきたいと思います。



先ずは使用カメラのご紹介。
f:id:tentsu_media:20160527192559j:plain

・ガンマGTPカメラ詳細
  Canon EOS M3
  レンズ交換式デジタル一眼カメラ(ミラーレスカメラ)
  最大約2420万画素


f:id:tentsu_media:20160527193022j:plain

・那須ありぺカメラ詳細
  LUMIX DMC-GM1K
  レンズ交換式デジタル一眼カメラ(ミラーレスカメラ)
  1600万画素 / 1684万画素

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「今日は我がプロモーション課のさっさん師匠にきていただきました。」

f:id:tentsu_media:20160527194132j:plain

●登場人物
さっさん…店舗流通ネットプロモーション課デザイナー。旅行と酒が好き。ガンマGTPの数値は普通。

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「宜しくお願い致しますー」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「さっさん師匠は、本業デザイナーの傍ら無茶振りに応え、当社のパンフレットやWEBサイトの撮影など全部自分でやってきちゃったタフなお姉さんです」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「プロではありませんが、自分が撮影する時に気を付けているポイントなどをお話しできたらと思います。」


素人が食べ物をおいしそうに撮るために ~準備/撮影~

という訳で、本日は「物撮り」かつ「飲食物」に限定した写真撮影のポイントを、改めて勉強していきたいと思います。本日撮影するものは2点!ほっかほっか亭さまより、ほか弁の鉄板メニューである「のり弁当(税込340円)」と「とあるコーラ」です!

撮影の前に気をつけること

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「先ず撮影をする前に、周辺の整理を必ずしておきましょう。基本的なところではありますが…料理写真の端っこに丸まったおしぼり使ったあとのはし袋食べかけの取り皿タバコなどが見切れている写真を良く見かけます。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「あれ?僕のこと言ってます?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「いやいや(笑)本当に良く見かける例なんです。料理を中心にファインダーを見ていると、意外とその周りに移っているものを見落としがちです。これが映りこんでいるだけで唐突に格好が付かない写真になってしまいますので、気を付けるようにしましょう。」



お弁当編 ~のり弁~

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「先ず意識することは、写真のアングルです。アングル一つによって見え方が大きく変わります。例えばこのお弁当を、最初はアングルを何も気にせず正面真上から撮影してみると…こんな感じになります。」

f:id:tentsu_media:20160530120432j:plain

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「この写真、どうですか?」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「まあピントは合ってますし、きれいっちゃきれいですけどね」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「うーん。だけど何というか…普通ですね」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「そうなんです。おっしゃる通り、何も強調している部分がないので、特に何も感じない写真になります。では別アングルで撮ってみましょう。」

f:id:tentsu_media:20160530120444j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「あ、さっきより美味しそうに見える気がする」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「斜めにしただけでそれっぽい!!」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「これは先ほどの写真からお弁当を斜めに変えただけですが、また印象が変わりましたね。でもこの角度が良いという訳ではありません。なるべく色んな角度で撮影して、被写体が{一番美味しそうに見える角度}を見極めることが大事です」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「同じ角度で近づいたり遠ざけたりして、似たり寄ったりな写真を沢山撮って、結局どれも良くないわ…ってなる事がよくあります。アングルに変化を付けるのか~」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「ところで、このお弁当のメインとなる料理って何だと思いますか?」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「やっぱのり弁と言ったら、一番デカい白身魚フライじゃないですかね」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「これはタルタルがうめぇんだ…」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「うんうん。では白身魚フライがメインと伝わるように、次にそこに乗っているタルタルソースが美味しそうに映るように…と考えて撮ってみましょう!」

f:id:tentsu_media:20160530120452j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「おおおお!!!これは!!!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「うまそう!!!!」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「リアクションありがとうございます(笑)先程の斜めアングルの写真から、白身魚フライがメインと分かるように、より手前に持ってきて他からピントを外しました。」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「タルタルソースがテッカテカに輝いてるんですけど、これは?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「これは人の五感を刺激する{シズル感}を意識しました。本当は湯気などを付けられればしっかりシズル感を演出できるのですが、お弁当となるとそうもいかないので、今回はこの自然光とタルタルソースを使ってシズル感を演出しました。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「具体的にどうやったのですか?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「今回は日中の撮影なので、タルタルソースにしっかりと自然光が当たるように場所を調節しました。」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「だからさっきお弁当持ってウロウロしてたんですね!うーん光の場所を変えるだけでこんなに変わるものか…勉強になりました。」





飲み物編 ~とあるコーラ~

f:id:tentsu_media:20160530160337j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「大人の都合上こちらは名前が出せませんが、19世紀あたりはコカの葉が含まれていたあのタフな黒い飲み物を用意してみました。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「嫌な言い方しないでください。普通のコーラですね。」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「本当なら前回のリベンジ記事ということでビールの撮り方を学びたかったのですが、勤務中にアルコールを見せると2人とも飲んじゃいそうなので、代理品として炭酸飲料にしました。」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「うーんなるほど!これは難しいかもしれない(笑)」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「あら、そうなんですか?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「先程も少し説明しましたが、美味しそうな写真の撮り方は撮る対象物によって変わってきます。この場合ですと、コーラを美味しく撮るのであれば氷を入れるとか、ビールだったらグラスの水滴と泡を調節するとか…」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「あーなるほど。そこをなんとか、これがビールの場合って感じでポイントを教えてもらうことできませんかねー!」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「できるかなー(笑)では、一般的に飲み物を撮る際のポイントをやってみます。まずはこちら」

f:id:tentsu_media:20160530160434j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「わははは、只々黒くて笑う。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「いやー難しそうこれ(笑)」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「ただの黒い液体って感じですね…。こちらの写真のように、食べ物や飲み物を美味しく撮ろうとすると、カメラを近づけて撮るという方が結構いらっしゃるのですが、あまり極端に近づけて撮ってしまうとピントが合わせづらくなりますのである程度対象物から距離を保って撮影した方が良いです。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「距離感も難しいんですよねー…」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「極端な話、近すぎてボケてしまうと写真自体もう使えませんが、少し遠くなってしまったものなら切り抜いて使えることもありますので。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「接写したくなるところを抑えて、自分が思うより少し距離を置く…と。恋愛と同じですね。」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「何言ってんすか?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「では少し距離を取りつつ、こちらも自然光を意識した撮影をしてみましょう。」

f:id:tentsu_media:20160530161658j:plain

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「・・・・・・」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「・・・・・・」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「・・・・・・」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「やっぱり氷入れてもいいですか?醤油にしか見えない」

*氷を入れて…
f:id:tentsu_media:20160531135726j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「うおー!なるほどー!!ただの黒い液体だったものがおしゃれな飲み物に見える!またウロウロしましたが、ベストスポットを探してたんですね!」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「飲み物の場合は光もしくは氷などで透明感を演出して泡や水滴を見せるのがベストです。また、背景が殺風景だと色味もなく寂しい写真になってしまうので、{背景の抜け感}を意識して爽やかさ、清涼感を意識して撮っています。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「一気に見え方が変わりましたね」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「飲み物に関しては、自然光と室内だけの光で撮った場合とで大きく見え方が違ってきます。もし自然光のない室内で撮影する場合は、部屋の中で一番明るい場所、照明の下などで撮影することをオススメします。」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「光の大切さ、よく分かりました!」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「こんな形で、今日は食べ物と飲み物1点ずつレビューしてみましたが、なんとなく伝わったでしょうか。とにかく食べたい!飲みたい!という食欲を刺激できるように意識することが一番大事です」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「さっさんありがとうございました!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「うーん色々勉強になったなぁ」

  
 

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「それではガンさん、今日は写真の撮り方勉強会という事でしたが…本番はガンさんのリベンジになりますので、今日の勉強を踏まえて早速カメラで撮ってきて見てください!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「あーそうだった(笑)がんばります…」

 
f:id:tentsu_media:20160530185639j:plain帰る前にカメラの設定を見直すガンマGTP

 

EPISODE~Revenge~ もう一度、撮影してみた

*一週間後…

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「いやーガンさん!撮ってきていただいたということでありがとうございます!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「さっさんに教えてもらった点に気をつけて見ましたが…やっぱり1人で撮るとなかなか難しい…」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「夜や室内の撮影だと、自然光が使えないですしね…何はともあれ、早速見せてください!」

お刺身

f:id:tentsu_media:20160530110101j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「あらー!良い感じじゃないです!?こちら気をつけたポイントを教えて下さい」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「アトランティックサーモンの鮮やかさを撮影できないかなと思いまして・・・」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「手前にピントがあっていて、素材がツヤツヤしているのも良いと思います。鮮やかさもあっておいしそうに見えます。ですがやはり左上の背景が少し気になりますね…!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「あーそうだった!気が付かなかったー!!」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「惜しい!惜しいぞーガンさん!!」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「続いてはこちらです」

f:id:tentsu_media:20160530110145j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「ねぎとろ巻きの海苔のツヤ感を伝えたかったんですが、自然光を調節するのがとても難しく苦戦しました。」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「うんうん。この写真のメインはねぎとろなんだってところは良く伝わります!ただちょっと青い…?ライトの問題でしょうか?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「メインのねぎとろをもう少し強調してあげると良かったかもしれませんね。お刺身は奥にちょこっと写ってるぐらいの方が良い構図になった気がします。光についてはもう少し明るい場所に近づけて撮れたらベストでしたね!」



ビール

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「飲み物はもっと難しかったー!こんな感じです」

f:id:tentsu_media:20160530110156j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「さっさんにアドバイスいただいた泡と水滴感に気を付けて撮りました。」

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「ふむふむ。背景にぼやけているメニューはいい感じだと思います。水滴がちょっとわかりづらい…?」

f:id:tentsu_media:20160530112253j:plain「そうですね。ビールを魚よりも手前にしてピントを合わせられたら良かったですね。また、コーラの撮影時は取っ手がついていなかったのでお伝えできなかったのですが、ジョッキなど取っ手があるグラスの場合は取っ手が右に来るように置いてあげると、見ている人が飲んでいるかのような臨場感も演出できますよ。」


f:id:tentsu_media:20160530110203j:plain

f:id:tentsu_media:20160527183933j:plain「あ。2枚目でもう飲んじゃったよ!てゆうかガンさん、ガンマ数値上がるからお酒飲んじゃだめだよ…」

f:id:tentsu_media:20160527183955j:plain「撮影のためだから、撮影のためだから…」

f:id:tentsu_media:20160530172935j:plain

まとめ

如何でしたでしょうか?前回の記事に比べると、撮影する際に気をつけているポイントがかなり増えたように感じます。「プロが撮った」ような美しい写真…とまでは当然いきませんが、素材がおいしそうに映っているポイントはいくつかあったのではないでしょうか?

近年はカメラ携帯が当たり前になったり、ミラーレスカメラが登場したりするなど、私たちの身近で使えるカメラがどんどん高性能になっています。CMのような綺麗な写真が撮りたい!と思っていいお値段のカメラを購入した方もいらっしゃるかと思います。


とはいえやはりプロはプロ…。「かっこいい写真を撮ろうとする」のではなく、先ずは「良く見えるポイントを抑えてとにかく真似する」ところから始めてみると良いのかもしれません。特に飲食店のメニューで使用する写真などは、無理にオリジナリティを出す必要はありません。


お店のメニューを撮影して告知する場面などでは、上記ポイントが参考になれば幸いです。





今回ご協力いただいた「ほっかほっか亭 竹芝店」さま、
www.hokkahokka-tei.jp

居酒屋「たぬき」さま(東武東上線大山駅)
tabelog.com

誠にありがとうございました!

吉川GTP

 
・全体構成:那須ありぺ
・撮影協力:さっさん
・校正:コボ


f:id:tentsu_media:20160527191943j:plain