【節分特集】恵方巻き、「ルーツは大人の楽しみ」「ブームは海苔屋の策略とコンビニのし掛け」?!

「恵方巻き」の由来と2019年の恵方とされる方角は? 節分に「その年の恵方(干支で決まる最も縁起の良い方角)を向いて、一言も喋らず太巻き寿司を一本丸かじりする」としたルーツ、寿司屋業界と海苔屋業界の策略、巻きずしを「恵方巻き」と名付けたコンビニの仕掛けとは? さらには企業に作られた日本文化イベントについて紹介します。

2月3日は節分の日!
平成31年、2019年の恵方は『東北東』。
コンビニやスーパーに行けばあちこちに見える「恵方巻き」の文字。もうバッチリ予約している、なんて方も多いのではないかと思います。

筆者が子供の頃は恵方巻きという文化があることすら知らなかった気がするのですが、今ではすっかり国民的イベントになったこの恵方巻き。今まであまり考えたことがなかったけど、いったいいつからこの文化が広まったのか、由来は?そのルーツを辿ってみると意外な発見があったのでぜひご紹介したいと思います。
f:id:tentsu_media:20160202141515j:plain


子供には言えない…!?本当はエッチだった恵方巻きを丸かぶりする理由

恵方巻きの食べ方は地方によっても変わってきますが、「その年の恵方(干支で決まる最も縁起の良い方角)を向いて、一言も喋らず太巻き寿司を一本丸かじりする」という食べ方が一般的によく知られています。太巻きを一本丸かじりをするのは「縁を切らない」という意味が込められているそうなのですが、この食べ方には別の意味があったのだとか。。。

そもそもの恵方巻きの起源は江戸時代の大阪にまで遡り、大阪・船場の商人が、商売繁盛、無病息災、家内安全を願って太巻き寿司を食べるという行事が始まりと言われています。江戸時代末期になると、船場の花街、つまりは当時の風俗街で、節分に遊女たちに太巻きを丸かじりさせることが流行しました。

…分かりやすく申し上げますと、遊女が太巻きを男性のアレに見立て、いやらしい顔で頬張る様を商人たちが見て楽しんだという、とっても大人向けのイベントだったわけです。しかし、どういうわけか「節分に遊女が太巻きを丸かじりすると縁起が良い」などと言われるようになり、福が呼び込める、願いごとが叶うという噂が大阪から関西圏へと次第に広がっていきました。


まさか江戸時代の商人も、この平成の世でも大勢の人が願い事をしながら太巻きにかぶりついている光景なんて想像もしていなかったでしょうね。

f:id:tentsu_media:20160202174336j:plain
※恵方巻きの起源は諸説あると言われていますので、あくまで一説としてご紹介しています。


恵方巻きブームは寿司業界と海苔業界の企み!?

昭和に入ると、「節分に食べる縁起の良い太巻き寿司」に目をつけた大阪鮓(すし)商組合が恵方巻きのチラシを配布し、昭和初期にも恵方巻きが流行します。一旦その文化は廃れてしまうのですが、その後今度は大阪海苔問屋協同組合が海苔の販売促進のために恵方巻きの風習を復活させます。

1970年代には、作製したポスターを海苔屋と寿司屋が共同で店頭に貼り出し、海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」として販促キャンペーンが展開されたそうです。
f:id:tentsu_media:20160202182027j:plain


恵方巻きの全国流行から学ぶこと…

1950〜1970年代にかけて節分に太巻きを食べるという文化を定着させようとした寿司屋業界と海苔屋業界の企画ですが、まだまだこの時点では全国に恵方巻きの文化も恵方巻きという名前も定着していません。「恵方巻き」という名前が定着したのは1990年頃に某コンビニチェーン店がこの名前で太巻きを売り出したのが始まりと言われています。

「その年の干支で決まる、最も縁起が良いとされる方角(恵方)を向いて黙って恵方巻きを一本丸かじりすると福を呼び込める」


そんな話題性のある謳い文句に惹かれ、あっという間に他のコンビニやスーパー、デパートで売られ始め、全国に流通したというわけです。

なんだかこう考えると恵方巻きは企業に作られた日本文化イベントなのか?とゴリ押し感がすごいと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし1年の様々なイベントはそんな企業の商業施作だらけだったということをご存知でしょうか。

少し話は反れてしまいますが、みなさんこのイベントの本当の意味や由来、ちゃんと言えますか?

【行事の意味と由来】

■節分 2月3日

本来は中国が起源の厄払い行事。
豆まき文化は日本で産まれたもの。

■七夕 7月7日

女性の裁縫仕事が上達するようにお祈りをする日。
七夕にそうめんを食べる習慣は中国からきた習慣だが、全国乾麺協同組合連合会で七夕をそうめんの日と設定している。

■土用丑の日

夏場に鰻が売れないことを鰻屋に相談された江戸時代の蘭学者・平賀源内が「本日、土用の丑の日」と書いて店頭に貼り紙をしたところ、大繁盛したことが土用丑の日に鰻を食べることになった由来。
母の日に「うのつくもの」を食べると病気にならないという迷信もあったそう。

■ハロウィン 10月31日

ヨーロッパで行われていた秋の収穫のお祝いと、悪霊などを追い出すための行事。カボチャをお守りとして使ったり、お菓子を貰うイベントはアメリカにハロウィン文化が渡ってからの文化。アイルランドではカボチャではなくカブを使用している。日本で行われているのはアメリカ版ハロウィンと言える。

■クリスマス 12月25日

イエス・キリストの誕生を祝う日。クリスマスケーキのような派手なケーキを食べるのは日本と韓国のみ。1922年に不二家が初めてクリスマスケーキを販売して広めた。

■バレンタイン 2月14日

3世紀にローマで殉職したバレンタイン司祭を弔う日。2/14が家庭と結婚の女神・ユノの祝日であったこともあり「恋人たちの日」となったとも言われている。女性から男性にチョコレートを贈る習慣は日本のみ。1958年にメリーチョコレートが新宿伊勢丹で「バレンタインセール」を行ったのを皮切りに、チョコレートの販売促進が活発になり、どんどんチョコレートを贈る習慣が定着していった。

■ホワイトデー 3月14日

全国飴菓子工業協同組合が「3月14日はキャンデーを贈る ・ホワイトデー」と定め、全館協ホワイトデー委員会を結成したことがきっかけ。



普段私たちが楽しんでいる毎年の行事の多くは、もちろん本来の由来がしっかり残っているものもたくさんありますが、実は色々な企業の仕掛けから今の形になったものばかり。なんだかこう見ると、日本の食に関するイベントは全て企業に作られた、もしくは話題を盛られているものなんじゃないかという気にもなってきますが、裏を返せばそのおかげで食卓や売り場がにぎわい、日本の食文化が栄えてきたわけです。

飲食業界に関連するみなさんにとっても、もしかしたらこんな行事の由来の中に「食ブームの作り方」のヒントになる部分があるのではないでしょうか。


そんなわけで私も明日は諸説ある由来と花街の遊女たちを頭に思い浮かべながら恵方巻きを食べようと思います。健全な心で。

この記事は、2016年2月2日に公開されたものを、一部修正して公開しております。

さっさん



f:id:tentsu_media:20160202141515j:plain