いま流行り!横丁ってどんなとこ!?

横丁ってどこが人気?行ってみたいけど、失敗したくない方必見、全国の横丁をご紹介します。 そもそも、横丁ってなに? 表通りから横へ入った町筋に、飲食店等が集まったもの。「横丁」の丁の字義は「出会う・行き交う」。近所付き合いが自然と生まれる、人が行き交う場所ということでしょうか。

いま飲食業界をにぎわしている「◯◯横丁」って聞くと、どういうイメージを思い浮かべますか?
f:id:tentsu_media:20160122092416p:plain

「小さいお店がいっぱいあってなんだかたのしそう!」
「昭和なイメージのお店がいっぱいで懐かしさが良い!」
「おいしいものをちょっとずつ食べてお店をいっぱいはしごできる!」
「知らない人とでも仲良くなっちゃうくらいたのしい空間!」
「席の距離も近く、素敵な異性ととなりになれば運命的な出会いも…」
「なんかわからんけどめっちゃたのしー!!」

そのほかにも色々なイメージが思い浮かぶのではないかなと思います。でも横丁ってどこにあって、どこが人気なの…?行ってみたいけど、失敗したくないと思っている方必見の、いまアツい日本全国の横丁について、わたくし“アオエモン”がご紹介していきます。

そもそも、横丁ってなに!?

横丁・・・表通りから横へ入った町筋に、飲食店等が集まったもの等。「横丁」の、丁の字義には「出会う・行き交う」の意があります。現在使い分けをあまりしない表現らしいのですが、“横丁文化”は昔ながらの近所付き合いなどが自然と生まれる、人が行き交う場所にしたい。そんな思いが込められているのでしょうか。

恵比寿横丁

f:id:tentsu_media:20160122092346p:plain
いま、人気の横丁と言えば「恵比寿横丁」をあげられる方も多いのではないでしょうか?

恵比寿駅東口から徒歩2分、毎晩多くの人で賑わう。2008年5月にオープン、現在は21店舗が盛業中。超有名人やTVでみる人が普通に飲んでいる横丁です。
恵比寿横丁ホームページ  http://www.ebisu-yokocho.com/top.html

渋谷肉横丁

f:id:tentsu_media:20160122093027j:plain
「がっつり肉が食べたい!酒もあるとより良い!」そんな方には渋谷のセンター街に日本最大級の肉のテーマパーク「渋谷肉横丁」。

ちとせ会館の2フロアにあらゆる「肉」の店がひしめいています。「渋谷」「センター街」という土地柄もあって、外国人観光客にも人気です。
肉横丁オフィシャルホームページ  http://shibuyayokocho.com/

恵比寿・渋谷と東京の横丁を紹介しましたが、関西ではどこが有名でしょうか?

大阪では『裏◯◯』が流行っています!

裏・・・元々人気のエリアの少し外れたところに小さなお店が立ち並んでいる路地、またはエリア一帯。裏と言えば「ウラなんば」と言っても過言ではないでしょう!!なんで「ウラなんば」って呼ばれているの?


もともと、ウラなんばエリアは、難波駅に近いのに飲食店が少ない「穴場」だった。徐々に店が増え出したが、難波駅から続くアーケードが途切れると、入ってくる人が少なくなる。 そこで、 焼きとんya たゆたゆの川端友二さんと鉄板野郎の星本幸一郎さんが 「名前を付けたらええんちゃう。ウラと言われるとアンダーグラウンドを覗いてみたなるやん!!」


ってことで2人は「ウラなんば」と命名。


取引先やタクシーの運転手らに「ウラなんばと呼んで」と言い続けた。2012年に雑誌「ミーツ・リージョナル」に「ウラなんば特集」として取り上げられ、一気に広まったそうです。現在は、3坪、5坪、10坪の居酒屋、バールを中心とした飲食店が200店以上軒を連ねており、お客さんは街を回遊して楽しむというのが、「ウラなんば」の醍醐味でしょう!


また、「ウラなんば」を舞台にし、「関ジャニ∞」の渋谷すばるさん、二階堂ふみさんを主演に迎えた、音楽映画【味園ユニバース】も2015年2月14日に公開されています。さすが、今話題のスポットですね!
ウラなんば - あるか→アるか http://www.arca-archa.jp/concept.html


お初天神裏参道

2015年3月にオープンしたこの「お初天神裏参道」。13店舗全てが別業態。ストリートだけでハシゴ酒が完結しちゃいます。しかも、夜が早い店の多い界隈のなか、ここは早い店でも深夜2時まで(日祝は23時までの店も)、朝5時まで営業する店も数店舗あるという「裏参道」なのです。

梅田「お初天神 裏参道」 http://www.ohatsu-urasan.com//

まとめ

リクルート発表の2016年飲食業界のトレンドについて、まとめられた記事にも「横丁」というものが、大きく取り上げられていますね。


人気の理由は、横丁というと。所謂「のんべぇ」が多く集まる場所だと思われていましたが。違うお店の商品を食べたいものだけ選べるので、優柔不断でどのお店に入るか悩んでいる彼も、あれもこれも色んなものをちょっとずつ食べたい彼女など。若い人にいま注目されています。


また、冒頭でお話した「出会う・行き交う」というキーワードが重要なようです。時代の変化と共に、昔ながらの“人と人との繋がり”が希薄になりつつある現代の中で、このように昔ながらその街の文化に根付くおじさん達と、現代の若者が交流できるこの場所が徐々に注目されているのではないでしょうか。


興味はあるけど行ったことはないというそこのあなた!この機会にぜひっ!横丁で、はしごしてみてはいかがでしょうか?

アオエモン



f:id:tentsu_media:20160122092416p:plain