【呑まれて】二日酔いにならない方法、二日酔いを治す方法【呑んで】

二日酔い、飲まれる前に飲んでやろう!原理を知って予防対策!! アルコールの代謝を上げる食材と血中アルコール濃度を下げる食べ物、さらにアルコール+アセトアルデヒドの分解を促進して二日酔いを予防! さらにどうしても体重が増えるのが気になるという方へのおすすめもご紹介!

何かと飲み会の数が多いシーズンですよね。クリスマスに始まり、忘年会。年が明けたら新年会と、ついついお酒を飲みすぎちゃいます。「昨日は飲みすぎちゃったな・・・」と。このところ毎朝感じています。
 
楽しい時間は、ほんのひと時の時間のみ。翌日には二日酔いがついてきてつらい思いしていませんか?しかし、今回ご紹介するのは二日酔いの予防対策!そうです。
 
飲まれる前に飲んでやろうってことです!!!
 

二日酔いの原理

吸収されたアルコールは血液によって全身を巡り、大脳にも達します。大脳に達したアルコールは大脳から脳神経の働きを抑えます。
 
アルコールが血液にのって脳に達したら、中枢神経を麻痺させている状態です。個人差はありますが、つまりお酒を飲んだらどうしても酔うってことです。
 

予防策その1:食べ物

アルコールの代謝を上げる

f:id:trn_t_kobari:20151222104629p:plain
 
ウコン、カレー、マスタード
この3つの食品(食材)に共通するのは「クルクミン」という成分です。主に肝機能の回復に効果があります。
 

血中アルコール濃度を下げる

f:id:trn_t_kobari:20151222104636p:plain
 
お鍋、味噌汁
水分のある食べ物を、アルコールと一緒に摂取することにより、アルコールの吸収を抑え、脱水症状を抑え、血中アルコールの濃度も下げられる、一石二鳥の食べ物です。
 

アルコール+アセトアルデヒドの分解を促進して二日酔い予防

f:id:trn_t_kobari:20151222104643p:plain
 

しじみ、ハマグリ、あさり

二日酔いに良く効くといわれている、しじみ。CMでも露出が多くなり、有名になりましたよね。これらの食材はアラニンという成分が入っており、魚介類に多く含まれます。
 
肝臓の活動を活発にし、アルコールが体内に留まる時間を減少させる働きがあります。体の水分・栄養を補って、肝機能を強化する食べ物を摂る事で二日酔いを早く解消する事が出来ます。
 

予防策その2:脂肪

f:id:trn_t_kobari:20151222115856p:plain
・スプーン一杯のオリーブオイル・・・ヨーロッパの地中海では常識。
・バターやサワークリーム・・・ロシアでは広く知られている対策法。
 

予防策その3:緑茶

二日酔いは予防したいけど脂肪は太るから取りたくないという人の場合は緑茶がおすすめです。なので、僕は毎回緑茶ハイを頼みます。
 
お茶にはカテキンやビタミンCなど、非常に多くの栄養素が含まれており、お酒が人体に与える害を和らげる働きがあるといわれております。また、普段甘い飲み物や、ビール、日本酒を飲むという人も、アルコールを焼酎にすることにより、カロリーを抑えられます。
 

店通編集部

 
 
f:id:trn_t_kobari:20151222104643p:plain