【ダクト火災】衝撃!飲食店の火災はこうして起きる!その原因と防災、対処法

飲食店で一番多い火災原因は、普段ないがしろにしがちな「ダクト火災」。発生すると、お店の営業はおろか、修繕費用の支払い、場合によっては建物オーナーへの賠償金の支払いなど、多額の費用がかかります。ダクト火災の事例とその原因に合わせて、火災を防ぐ「3つの防災ポイント」を紹介します。

f:id:tentsu_media:20160106100547j:plain
今回は、飲食店の火災について少し書こうと思います。徐々に寒くなってきて空気も乾燥し、火災が起きやすい季節になってきました。より一層火の元に注意しなければなりません。飲食店は特に!


飲食店での火災の原因は様々です。揚げ物の放置、火の元にある可燃物に引火、炭を焚いている際に・・・等々挙げればきりがないです。原因でありながら更に延焼を起こすのがダクト火災です!


皆さんご存知、今日11月26日は、横浜DeNAベイスターズの筒香選手の誕生日です。世界野球プレミア21にも選出され大活躍していますね。


横浜にあるグラウンドで、僕と同じ汗を流してきた彼ですが、今も世界で火を吹きそうな打球を量産しています。そうなんです!ダクト火災もダクトの吹き出し口から絵に描いたように火を噴きます。そしてダクト火災後はこんな感じになっちゃいます・・・


f:id:trn_t_kobari:20151118160932p:plain
f:id:trn_t_kobari:20151118160942p:plain
正直、目も当てられない光景ですよね。油を大量に使う焼き肉店や焼鳥屋、中華店は特に注意が必要です。挙げた業態に限らず、火を取り扱う以上、火災の発生はどこにでも起こりうるという意識が重要です。
 

火災を防ぐ3つのポイント

 
写真にて火災の恐ろしさが分かりました。あのような大きな規模での火災が発生すると、お店の営業はおろか、修繕費用の支払い、場合によっては建物オーナーへの賠償金の支払いなど、多額の費用がかかります。
 
それでは、事前に火災を防ぐ方法はないのでしょうか。飲食店火災を防ぐ方法として、3つのポイントを東京消防庁が掲げていますので、こちらで紹介させていただきます。

f:id:trn_t_kobari:20151119094818j:plain
火災の多くが、調理中に火をかけたまま、その場を離れ、「放置する・忘れる」ことによって発生しています。


f:id:trn_t_kobari:20151119094833j:plain
厨房設備の周囲に可燃物を置いておくと、落下や接触により、火災になる恐れがあります。


f:id:trn_t_kobari:20151119094852j:plain
厨房設備には、油脂などが付着、堆積しやすく、延焼拡大原因になる恐れがあり、さらには、厨房設備の機能に支障をきたす恐れがあります。
引用:東京消防庁

 
火災発生を未然に防ぐためには、調理を行うスタッフや管理者に、これら最低限のルールを周知・徹底させる必要があります。

放置をするとこんな状態に・・・

 
実際に点検・清掃しようと考えたとき・・・どこを?どーやって?誰が?ってなりますよね。まずは、こちらの画像をご覧ください。厨房内でこんな光景ありませんか?
 
f:id:trn_t_kobari:20151117191654p:plain
f:id:trn_t_kobari:20151118160851p:plain
ダクトフード内に設置しているグリスフィルターと呼ばれる油を除去してくれるものと有圧扇(換気扇)です。グリスフィルターは、油を取ってくれるので、当然油が溜まるので清掃が必要です。
 
写真のように清掃を怠っているとすぐに引火し、延焼媒体となり火災が拡大してしまいます。まずは、ここの清掃です。
 

一歩間違えれば大惨事に、無理せず業者に頼もう

ダクト内の点検、清掃を行うには清掃評価判断や、専門的な知識や技術を兼ね備えた設備業者に依頼しないとできません。
  
点検、清掃に関して問題を感じた際は、ご自身のみで解決せず業者に依頼をしましょう。火災が起きてからでは取り返しが付かない事態になります。飲食店の厨房設備等について、維持管理の基準は火災予防条例で以下のように規定されています。
 

第3条第3項 (本条は炉に関する基準ですが、厨房設備にも準用するため、炉を厨房設備に読み替えます。)
第1号 炉及びその附属設備の周囲は、常に整理及び清掃に努めるとともに、燃料その他の
可燃物をみだりに放置しないこと。
第2号 炉及びその附属設備は、必要な点検及び整備を行い、火災予防上有効に保持すること。
第3条の2第1項
第5号 グリス除去装置等(天蓋、天蓋と接続する排気ダクト内、グリス除去装置及び火炎
伝送防止装置)は、清掃を行い、火災予防上支障のないよう維持管理すること。
※ 火災予防条例とは、昭和37年東京都条例第65号をいいます。

引用:飲食店の厨房設備等に係る火災予防対策 ガイドライン


悲惨な結果を招かないために

ダクト火災が起きると、消火活動が困難なため、天井や床を解体してダクトを切断し、火元を確認して消火しなければなりません。消火活動の浸水による改修にお金と時間がかかり、店舗経営に大きな痛手を負ってしまいます。

少しの火でも、店舗設備全てが使えなくなってしまう可能性が非常に高いです。なので、清掃・点検がダクト火災を防ぐ一番の手段です!


何度もくどいようですが、ダクト周りは、定期的に清掃しましょう!それでも業者選びに不安のある方は是非当社までご相談ください。信頼のある業者をご紹介致します。

東京のカネコ




f:id:tentsu_media:20170125172058j:plain