OLのハートを鷲掴み!お店にあったら嬉しい〇〇なメニュー

OLのハートをガッチリ握れる知識を飲食店経営者にお知らせします。 私は糖質制限ダイエットで、お酒を毎日飲んで、居酒屋や焼き肉店にも行って、1ヶ月で7.3Kg減量できました! 居酒屋メニューでも十分糖質制限できるのです! 何に気を付けたらダイエットメニューになるのでしょうか?

はじめまして、水2ℓです。

本日は「OLの日」です。そんなOLの日にOLのハートをガッチリ握れる知識を!
また、OLをターゲットにする飲食店経営者に耳寄りな情報をお知らせします。



◆目次



昔から女性にとっての天敵は「脂肪」です。そして、「脂肪」と戦うために女性が常に雑誌やネットでチェックしてしまうものであり、目に入ったらつい内容を確かめたくなるキーワードがあります。

女性の興味の中心!それがダイエット!

f:id:trn_t_kobari:20151119104447j:plain
女性でこの「ダイエット」という言葉を気にしない人は、いないのではないでしょうか。最近、様々な飲食店で、メニューにカロリー表記をするなど女性の目を意識したものが多くなってきました。


ですが、カロリー計算面倒ですよね?お店で作った料理のカロリーを一個一個計算するのは大変です。では、カロリー以外で簡単に!飲食店で気にせず頼めておなか一杯食べられるもの・飲めるものでOLやダイエットしているサラリーマンの集客を狙ってみませんか?

そんな画期的なものが本当にあるの?

f:id:trn_t_kobari:20151119105218j:plain

ちなみに、私は、あるものに気を付けてダイエットを開始して1ヶ月で7.3Kg減量できました。ですが、お酒は毎日飲んでいます。当社の居酒屋や焼き肉店にも行きました。でも体重は減りました。


では、どういったものに気を付けて提供すれば皆が興味をもつダイエットメニューになるのでしょうか?


ダイエットに欠かせない糖質管理

f:id:trn_t_kobari:20151119105313j:plain

キーワードは、“糖質”です。

最近某CMで有名になってきているプライベートジムがありますよね。こういったジムは食事制限と筋トレの組み合わせなのですが、食事制限=糖質制限をしているジムが多いです。


また、最近ビールやチューハイでも糖類0や糖質0を武器にした商品が多くありませんか?糖質を意識したメニューは飲食店等でも注目されております。

株式会社ダイナック:イタリア料理店「パパミラノ」などで糖質オフを打ち出した健康食メニューを期間限定提供。
株式会社コルク:糖尿病患者が食べられるスイーツを販売。


何故、そういった商品が流行っているのか。それは、ニーズがあるからです。こういったニーズを拾って、集客してしまう。お客様が気になる。つい頼んでしまう。手に取ってしまうメニューを売りにしてしまうのです。


糖質制限の中で食べられるものとは?

f:id:trn_t_kobari:20151119105421j:plain

NGなもの
・炭水化物系はNG
・イモ類、穀物類など
・ビール・日本酒


OKなもの
・一部を除き基本的に、お肉もお魚もOKです。
・ステーキ・お刺身など
・赤ワイン・焼酎・ウイスキーOK


例えば、お刺身を食べながらハイボールを飲む、芋焼酎を飲む。これができるのです。とはいえ、食べすぎは太りますので、適度が大事です。


どの食材にどの程度の糖質が含まれているのか調べたい場合は、文部科学省が提供している、食品成分データベースという便利なサイトがあるので参考にしてください。
http://fooddb.mext.go.jp/

ここで、あることに気づきませんか?そう!
「お店で今、提供されているメニューの中でも十分糖質制限できるのではないか!」


既存のメニューの活用で集客に役立てよう!

f:id:trn_t_kobari:20151119105557j:plain

業態にもよりますが居酒屋等にあるメニューの一部は、お刺身や枝豆などの糖質が少ないメニューです。しかし、皆それを普通のメニューの一部として見てしまいます。


ダイエットを気にして食事を控えようとしている女性などに、一見普通にみえてしまうメニューを、「糖質が少ない=太りづらい」メニューとして打ち出すとどうでしょう。ついつい手が伸びてしまう女性や中年太りサラリーマンのおじさん、ジムで体を鍛えている方々が目に浮かぶようです。

忘れてはいけない、調味料やドレッシング、ソース

f:id:trn_t_kobari:20151119111105j:plain
基本調味料「さしすせそ」がありますが、この中で気を付けるべきは「さ」「そ」です。「そ」は味噌ですね。味噌は白みそ、甘味噌はNGです。問題は「さ」砂糖です。様々な料理に活用できるため欠かせない調味料です。そんな砂糖の代わりになる調味料があります。


今回ご紹介する砂糖の代わりになる調味料は、ラカントSです。私が個人的に大変お世話になっている調味料ですが、詳しくは、下記公式サイトをご参照ください。
www.lakanto.jp


ポン酢やみりんなど糖質が気になるものの代用として使うだけでOKです。利用範囲が大きいので様々な料理やスイーツなんかにも使えます。OLの日に甘いスイーツで〆てもらえればOLの心鷲掴みですね!それも糖質を抑えて、太りにくいスイーツなら尚更!


ちなみに、糖質と糖類は意味が違います。詳しくは、専門的に記載されている情報を調べてもらったほうがいいのですが、お店での表現としてどちらがいいかは、使っている原材料で判断してください。


まとめ

実際に例にも挙げたとおり、糖質を気にしたメニューを取り入れている飲食店企業は多数存在します。新しくメニューを開発することに目を向けることも勿論いいことですが、非常にコストと時間がかかります。


そんな時には既存のメニューにも目を向けてみてください。販促方法の違いで、紹介方法の違いでお客様への見え方も変わるはずです。まずは気軽に始められることからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


※本文は作成者の個人の感想・体験を基に記載されており効果が証明されているわけではありません。


水2ℓ



f:id:trn_t_kobari:20151119105557j:plain