ひな祭りとは?ひな祭りの由来や雛人形の飾り方、食べ物の意味や献立レシピ

3月3日はひな祭り・桃の節句です。ひな祭りは五節句の内の1つに数えられていますが、どのような行事なのでしょうか?ひな祭りの起源や由来から、雛人形を飾る際に毎回悩むお雛様の並べ方。雛人形の正しい左右の位置とは。雛人形の見分け方や、飾り方を含め雛人形についてご紹介します。また、ひな祭りの行事食、菱餅、ひなあられ、ちらし寿司に隠された意味とは。お家で簡単に作れるひな祭りの献立レシピもご紹介します!

Ms.小わっぱ 伝統行事 日本文化 暮らし 歴史 知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
ひな祭りとは?日本では3月3日をひな祭り・桃の節句とし、女の子が健康に成長できるよう祈る伝統的な年中行事です。
ひな祭りが近づくと、デパートなどでは雛人形ひなにんぎょうが販売され、スーパーではひなあられなどのひな祭りに縁のある食べ物が、ひな祭りの歌をBGMに並べられます。
毎年行事の1つとしてなんとなく過ごしていますが、実際ひな祭りとはどのような行事なのでしょうか?また、ひな祭りには何を食べればよいのでしょうか?
雛人形を飾る際に毎回悩んでしまう並べ方や飾り方とともに、ひな祭りについてご紹介します。

 

ひな祭りとは?ひな祭りはどんなお祭り?ひな祭りの起源や由来


ひな祭りとは?

ひな祭りとは「桃の節句」とも呼ばれ、五節句のうちの1つである上巳(じょうし)の日、つまり3月3日の節句祭りのことです。
五節句は、年に5回ある季節の節目となる日であり、古くは伝統的な年中行事を行う日でもありました。1月7日の七草粥を食べる人日(じんじつ)の節句や、「こどもの日」と言われる5月5日の端午(たんご)の節句も五節句の1つです。5月5日がかぶとなどを飾り男の子の健やかな成長を祈る日であるように、ひな祭りは雛人形を飾り女の子が健康に成長できるように願う女の子のお祭りとされています。
 

ひな祭りの起源や由来

ひな祭りの起源や由来については諸説ありますが、他の五節句同様中国から伝わったと考えるのが一般的です。中国では古くから川で身を清める習慣がありました。一方日本でも、けがれを払う災厄よけとして、紙などで作った人形で体をなで、その人形を川に流す「流し雛」のルーツともいわれる風習がありました。
また、平安貴族の子供たちの中で、今で言うおままごとのような小さくてかわいい「雛(ひな)」と呼ばれるお人形で遊ぶ人形遊びが流行っていました。
それらの習慣などが混じり合い、現在のひな祭りの形になったと考えられています。
 
昔は紙などで作られていた雛人形ですが、今のように豪華になっていったのは技術が発展した江戸時代とされています。豪華になるにつれ、川に流すということも減っていき、代わりに嫁入り道具の1つとして数えられるようになりました。それ以降、大道具・小道具と増え、各地域の特色を取り入れながら発展してきたのです。
 

雛人形の飾り方とは?お殿様とお雛様の位置は?


雛人形を飾る際、悩んだことはありませんか?特にお殿様やお雛様など雛人形の並べ方、かわいい小物の飾り方などは毎回考えてしまいがちです。
年に一度しか雛人形を飾る機会がないということもありますが、参考にしたものによって書かれていることが違う!なんてことも多々あるからです。なぜ、そんなことが起きるのか。それは雛人形の飾り方は、地域によって違うから。とは言っても、ある程度決まりがあるので、ここでは一般的な雛人形の飾り方・並べ方などをご紹介します。
 
※ひな祭りの時期によく流れる童謡『うれしいひなまつり』で、「お内裏様とお雛様二人並んですまし顔」という歌詞があるため男雛のことを「お内裏様」と呼んだりもしますが、実は「お内裏様」という言葉は男雛と女雛の二人を合わせて指す言葉だったりするので、厳密な使い方としては間違っています。
 

京都雛と関東雛で違う、雛人形の並べ方


 
◎京都雛
向かって右に男雛、左に女雛
 
◎関東雛
向かって左に女雛、右に男雛
 
なぜ、上記のように雛人形の並べ方に違いが生じたのでしょうか?
それは、かつて宮廷では位が高い方が左側に座るという風習があったからだと考えられています。そのため京都雛では「帝」の象徴でもある男雛が左側に座り、「妃」である女雛が右側に座るような並べ方をされるようになりました。
一方、関東では大正時代頃から浸透した、右上位という国際基準に則った並べ方をされています。現在、一般的に広く販売されているのは関東雛の方が多いようです。
 

お殿様とお雛様以外の雛人形とは?並べる際の見分け方

雛人形は、お殿様やお雛様以外にもさまざまな人形がいます。
飾るスペースなども考慮し、現在では男雛と女雛の一対を飾る「親王飾り(二人雛・二人飾り)」が最もポピュラーですが、三段飾り、五段飾り、もっとも豪華な七段飾りまであり、七段飾りを飾った場合、飾られる人形が全部で15人となるので十五人飾りとも呼ばれたりします。
七段飾りの場合、一段目に男雛と女雛、二段目に三人官女、三段目に五人囃子、四段目に随身、五段目に仕丁を並べ、六段目と七段目には駕籠(かご)や御所車、お化粧道具などの嫁入り道具が飾られます。
では、どのような雛人形があるのか詳しく見ていきましょう。
 
◆三人官女(さんにんかんじょ) / 二段目
三人官女が手に持っている物は、向かって右側から盃に酒を注ぐ「長柄(ながえ)」、祝儀の飾り物である「島台(しまだい)/三方(さんぽう)」、鍋に似た形の器「提子(ひさげ)/銚子(ちょうし)」となっています。
島台を持っている中央に飾られる官女は、座っていることが多いです。
後宮や后妃の私生活のお世話をするために仕える侍女であり、宮廷行事や節会には給仕につくこともあったようです。
 
◆五人囃子(ごにんばやし) / 三段目
向かって右側から、扇を持った「謡(うたい)」、「笛/能管(のうかん)」、「小鼓(こつづみ)」、「大鼓(おおつづみ)」、「太鼓(たいこ)」と並べます。右側から順に楽器が大きくなっていくと覚えておくと良いかもしれません。
元服前の少年楽師を模しているため、髪の毛は結んでおらず、少年ならではの髪型となっています。
雛人形によっては囃子ではなく、雅楽(ががく)の楽人であることもあります。
 
◆随身(ずいじん) / 四段目
俗称左大臣と右大臣と呼ばれ、向かって右側が左上位とされ、年配のお髭の生えた武官束帯姿の人形が並べられます。左手に弓、右手には矢の羽根の部分を下にして持っています。背負わせる矢の羽根は左の肩からのぞくようにします。
持ち物から二人とも武芸に秀でた人物であることが伺いしれますが、服装から左近衛中将と右近衛小将と呼ばれることもあります。
 
◆仕丁(しちょう) / 五段目
向かって右側から「箒(ほうき)」、「沓台(くつだい)/ちり取り」、「熊手」を持たせます。基本、関東雛は沓台を、京都雛はちり取りを持っています。片袖に色がついている場合は、色がついている袖を外側になるように並べます。
実はこの仕丁、無報酬で働かされているため、他の雛人形より泣きそうな顔をしていたり、怒った顔をしていたりと感情豊かに作られることが多いです。
 
◆嫁入り道具・御輿入れ道具 / 六・七段目
雛人形飾りをより豪華にしているミニチュアの調度品。これは大名家の嫁入り道具を表しています。箪笥(たんす)や針箱、鏡台、茶道具とその当時の武家の子女の暮らしを伺いしることができます。
また、婚礼行列の際の必須アイテム、駕籠や牛車なども忠実に再現されています。
実際の嫁入り道具には、その家の家紋を入れてあったため、昔は雛人形の嫁入り道具にも家紋を入れて作ったりしていました。 ひな祭りの食事とは?献立に悩んだ時に役立つ行事食の簡単レシピ