災害対策できていますか?備えあれば、憂いなし!家庭でできる防災と予備知識。

災害対策していますか?いつ起こるか分からないのが地震など自然災害の怖いところです。災害に対しての知識があると、いざという時に落ち着いて行動することができます。今回は、災害時にとるべき行動から、怪我をした際の応急手当の方法、普段から家庭内で備えられる防災対策についてご紹介します。

Ms.小わっぱ 危機管理 店通編集部 知識 防災
このエントリーをはてなブックマークに追加
9月1日はなんの日かご存じですか?毎年、9月1日は「防災の日」として制定されています。
思い返してみれば、小学校などで避難訓練を行ったり、地域の防災訓練がある日は、9月の第一週目が多かった気がしませんか?それは、「防災の日」を含む8月30日から9月5日までの期間が、毎年「防災週間」とされているからです。

普段から、ご家庭の災害対策をしておくことはとても大切です。
今回は、そんな防災の日の説明とともに、災害に備え各ご家庭でどのような準備をしておけば良いのかをご紹介します。
f:id:tentsu_media:20200804190411j:plain

「防災の日」とは?防災の日が制定された背景

f:id:tentsu_media:20200729173302j:plain
防災の日とは・・・
1960年(昭和35年)、「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととして、内閣の閣議了解により制定された啓発日です。

なぜ9月1日なのかというと、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんでいるからです。
そのため「防災の日」が制定されて以降、9月1日には全国各地で防災訓練が行われるのが慣例となっています。

災害に備えて知っておくべき知識

「備えあれば、憂いなし」とは昔からよく言いますが、災害に対する心構えには、まさにうってつけの言葉です。
最近では、近々大きな地震がくるだろうと予測されたりしていますが、いつ来るか分からないのが自然災害、特に地震の怖いところです。
ここでは、知っておくといざという時に役立つ地震の知識をお伝えします。

地震が起きた時、どういった行動をとるべきか

緊急地震速報が発表された場合、震度4以上の揺れが生じる恐れがあります。地震から身を守るために取る行動は状況によって変わってきますので、段階的に確認していきましょう。
STEP1 緊急地震速報発令

f:id:tentsu_media:20200730134419j:plain
STEP2 緊急地震速報直後 揺れに備える時間帯
●扉などを開け、避難経路を確保する。
●落下や破損の恐れがある家具から離れ、机の下などに入り頭を守る。
●調理中の場合、火を消す。
●運転中の場合、ハザードランプを点灯し道路の左側に寄せ停車する。

f:id:tentsu_media:20200730134955j:plain
STEP3 緊急地震速報後~2分後 身を守る時間帯
●テーブルなどの下に入り机を押さえる。
●寝ている時は布団を被る。
●外にいる場合は建物・壁・自販機から離れ、鞄などで頭を守る。
●エレベーターに乗車中は階数ボタンを全て押し、停車した階で降りる。

f:id:tentsu_media:20200730135310j:plain
STEP4 緊急地震速報後2~10分後 被害拡大の防止、安否確認の時間帯
●揺れが収まったら全ての火を消す。
●家族や一緒にいる者の安否を確認する。
●避難経路を確保する。
●ラジオなどで正確な情報を取得する。

f:id:tentsu_media:20200730135711j:plain
STEP5 緊急地震速報後10分~1日後 地域で助け合う時間帯
●隣近所の安否を確認する。
●火災が発生していたら協力して消化する。
●建物倒壊の危険がある場合は速やかに避難する。
●避難時は雨戸や窓を閉め、ブレーカーを落とし、ガズ栓は閉める。
●車から避難する場合はキーはつけたまま、ロックはしない。


地震が起きた際、避難が必要でない場合もあります。火災や建物の倒壊の恐れがない場合、自宅にいるほうが安全なこともあります。災害情報などを確認した上で、判断しましょう。
避難をする際は、リュックに最小限の荷物を詰め両手は自由にしておきます。服装は長袖長ズボンにするなどして、できるだけ肌の露出を避けましょう。靴も歩きやすいものを選びましょう。頭部は、ヘルメットや防災頭巾などで保護するのが良いでしょう。交通混雑が想定されるため、避難はできるだけ徒歩にしましょう。

火災が起きた時、どのように避難するべきか

火災が発生してしまった場合は、大きな声で「火事だー!」と叫び、周囲に知らせるようにしましょう。消火活動が可能な場合は、周囲の方と協力して消火活動にあたっても構いませんが、火の回りが早く、天井などに火が達してしまっている時は、無理をせずに避難するようにしましょう。

f:id:tentsu_media:20200730150113j:plain
火災時、煙から避難する時のポイント
●ハンカチやタオルで口や鼻を覆い、煙を吸わないようにする。
●手や膝を床につけず、姿勢を低くして避難する。
●可能であれば建物外や階下に避難する。
●エレベーターは絶対に使用しない。
●避難誘導灯を目印に出口を探す。
●方向が分からなくなった場合は、片手で壁に触れ、壁づたいに避難する。
※方向不明にならないためにも、一度壁を触った手を離してはいけません。


もし怪我をしてしまったら?怪我をしてしまった時の応急手当と注意事項

災害は、怪我をしてしまうリスクもはらんでいます。そこで、いざという時に役立つ応急手当の方法についてご紹介します。ただし、応急手当はあくまでもお医者様に診てもらうまでの一時的な処置に過ぎません。怪我をしてしまった場合は、必ずお医者様の診療を受け、正しい治療を施しましょう。

■出血をしてしまった場合
f:id:tentsu_media:20200730181746j:plain
 
清潔な布やガーゼで傷口を直接押さえ止血しましょう(圧迫止血)。出血が止まらない場合は、二の腕や首などの心臓に近い脈拍を感じることができる部位も押さえます。出血が少ない場合は、水道水などのきれいな水で傷口を洗浄し、その後きれいな布で傷口を押さえます。
<注意点>
・脱脂綿やちり紙を傷口にあててはいけません。
・汚れた手や布で傷口にふれてはいけません。
・自己判断で薬を塗ってはいけません。
・素手で血液にさわってはいけません。



■骨折をしてしまった場合
f:id:tentsu_media:20200730181808j:plain
 
骨折をした場合むくみが生じるため、靴を脱がし、シャツやズボン、靴下などは切り開きましょう。決して無理には動かさず固定しましょう。骨折かどうかの判断がつかない場合も、念の為固定し添え木をあてておきましょう。板や傘、杖、靴べらなどが代用品として使えます。
<注意点>
・露出した骨には触れてはいけません。
・露出した部位の消毒をしてはいけません。
・捻挫や脱臼と自己判断をし、動かしてはいけません。



■やけどをしてしまった場合
f:id:tentsu_media:20200730181824j:plain
 
すぐに水で冷やしましょう。衣類は無理に脱がさず、衣類の上から水をかけるようにし、手足など水につけられる場合は水につけて冷やしましょう。
<注意点>
・水ぶくれは破ってはいけません。
・冷やす際、流水を直接傷口にあててはいけません。
・傷口を無理に動かしてはいけません。



いずれの場合も自己判断で大丈夫と結論づけないようにしましょう。また、意識を失っている人に対して、揺すったり、抱き起こしたり、水などを飲ませる行為は危険です。絶対に行わないでください。意識がある場合は、名前を呼んだり話しかけたりして意識を保つよう心がけましょう。

災害に備えて家庭でできる災害対策