栄養の宝庫、豆腐とおからは健康効果抜群!ダイエットや美肌にも効果的!

豆腐やおからは大豆加工食品です。豆乳より栄養満点で健康的、デトックス作用でダイエット効果もあり、アレンジ豊富でレシピに困ることがありません。そんな豆腐とおからの健康効果をご紹介!特に、おからは栄養価が高く、ダイエットと美容効果が期待でき、食物繊維が豊富で女性の強い味方になってくれる食材なのです。夏バテ気味で食欲不振な体に、大豆の恵みを受け継いだ豆腐とおからの栄養を!栄養素から効果効能、健康効果、美容効果についても詳しくご紹介します。

Ms.小わっぱ ダイエット効果 ヘルスケア レシピ 予防効果 健康効果 免疫力 大豆 知識 美容効果
日に日に汗ばむ気候になってきましたが、皆さまきちんと食べていますか?暑くなってくると、食が細くなってしまいがち。けれど、暑い夏をのりこえるには体力が必要です。
今回は暑い夏にも向いている、栄養満点で健康的、デトックス作用でダイエット効果もあり、アレンジ豊富でレシピに困ることがない、豆腐とおからについてご紹介します。
f:id:tentsu_media:20200703131730j:plain

大豆加工食品は栄養満点

大豆の栄養価がとても高いことは、以前大豆の効果効能でご紹介しましたが、豆腐やおからの素となる大豆の栄養効果について、一度簡単に復習しておきましょう。

スーパーフード!大豆に含まれる栄養素

f:id:tentsu_media:20200703140147j:plain
◆必須アミノ酸を含む植物性タンパク質
血中コレステロールを下げ、動脈硬化を予防します。また、血圧を下げる働きもあります。たんぱく質は血液や筋肉、皮膚、髪など体をつくるのに重要な成分です。

◆女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン
抗酸化作用による抗がん効果が期待できます。大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い働きをするので更年期の症状を緩和し、アンチエイジングや生活習慣病を防ぐ効果もあります。また、カルシウムの流出も防ぎます。

◆日本人の食事に不足しがちなカルシウムが豊富
骨や歯を丈夫にし、神経や筋肉の働きにも関わってくる大事な栄養素カルシウムは、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

◆体の細胞膜を構成するレシチン、脳の神経伝達物質の材料となるコリン
レシチンには、脂質の代謝を促し肥満を予防する働きや、コレステロールを取り除く働きがあります。レシチンが腸内で分解されてできるコリンには、認知機能や学習機能の強化が期待できます。

◆抗酸化作用や血糖値の上昇を抑えるサポニン
がんや老化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制し、肥満を予防します。また、血中の悪玉コレステロール(LDL)を除去する作用があるため、肝機能を高めます。

◆腸内環境を整えるオリゴ糖
腸内の善玉菌のえさとなってくれるオリゴ糖により、腸内環境が整えられ、免疫力アップ、便秘解消、美肌効果が期待できます。

◆体に必要なミネラル類が豊富
大豆にはカルシウムの他、鉄、亜鉛、マグネシウム、カリウムと、ミネラル類が豊富に含まれているので、神経・筋肉機能を正常に保ち、高血圧を予防します。

■大豆の主な食品成分(可食部100g当たり)
対象 エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物
大豆<全粒/国産/黄大豆/乾> 422kcal 12.4g 33.8g 19.7g 29.5g
大豆<全粒/国産/黄大豆/ゆで> 176kcal 65.4g 14.8g 9.8g 8.4g
※文部科学省 食品成分データベース / 出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

なぜ大豆製品はダイエットに効果的なのか

大豆製品は、よくダイエットの強い味方として紹介されますが、その根拠はなんなのでしょうか?次に、大豆製品がやせると言われる理由についてご紹介します。
大豆製品でやせる7つの理由
●アミノ酸を豊富に含む良質なタンパク質で代謝をアップ
●脂肪や糖の吸収を抑制
●主食を大豆に置き換えかえれば糖質オフダイエットが可能
●オリゴ糖で腸内環境を整え太りにくい体づくり
●食べごたえがあり少量で満腹感を得られるため食べる量を抑制できる
●お肉に置き換えて調理することが可能なため、カロリーカットができる
●調理方法がバラエティ豊かで飽きがこないので継続しやすい

きちんと栄養を摂取し、味覚も満足させながらダイエットに取り組めるなんて、大豆はありがたい食品ですね。

大豆製品について知って日々の食に取り入れよう