完全食「玄米」の健康や美容・ダイエットの効果と効能、栄養成分を白米と徹底比較!

玄米の栄養価と玄米ダイエットの効果とは。免疫力を高める健康効果と、おいしい玄米の炊き方、食べ方、玄米と白米の違いと栄養成分を徹底比較。玄米と白米のカロリー、糖質、GI値、食物繊維の違いから、期待できる健康効果とは? 玄米食を取り入れることによって得られる、美容・健康・ダイエットの効果効能を理解し、健康的な生活を送る方法を紹介します。

インバウンド シカタ ダイエット効果 ヘルスケア 健康効果 免疫力 知識 美容効果
こんにちは、最近ダイエットに目覚めたシカタです。
とはいえ、これからやってくる歓送迎会シーズンやお客様との会食などで、毎日ジムへ通って運動する時間もありません・・・。
そこで私は、ここ半年程、普段の食事からアプローチをするべく、白米から玄米へシフトチェンジしてみました。今回は、そんな私の実体験を基に、玄米vs白米論争に決着をつけたいと思います。f:id:tentsu_media:20190221103512j:plain

そもそも玄米とは!?白米となにが違うっていうのです?

玄米とはどんなもの?

f:id:tentsu_media:20190218095309j:plain
玄米とは、そもそもどのような状態のことを指すのでしょうか?また白米とは、なにが違っているのでしょうか?
玄米ダイエットの効果の前に、まずは玄米について説明します。
玄米とは、稲の「籾殻もみがら(外皮)」を除去しただけの精米されていないお米のことを指します。
玄米を精米してぬか胚芽はいがを取り除き、胚乳はいにゅう」だけにしたお米が“白米”。「ぬか」「胚芽」「胚乳」がすべて残っているものを“玄米”と呼びます。
では、なぜ「ぬか」「胚芽」「胚乳」が残っていると、健康に良いとされているのでしょうか。

玄米はなぜ健康に良いの?

玄米の胚芽部分には、白米にはない多量のビタミンB1、ビタミンEが含まれています。
ビタミンB1は、脚気かっけの予防改善効果が期待でき、ビタミンEには、抗酸化作用があるため、アンチエイジングの効果が期待されています。
また、ぬかになる部分には、リノール酸も含まれていて、血行を良くすることで動脈硬化を防ぎ、こちらもアンチエイジングに役立つ働きがあります。
~玄米の栄養効果まとめ~
●脚気予防
●動脈硬化予防
●生活習慣病予防
●アンチエイジング
●腸内環境正常化、便秘改善で免疫力アップ
ここまでご紹介した効果だけでも、玄米は白米より優れた健康食品であることが証明できますが、ダイエットという点から考察すると、気になるのはカロリーや糖質です。
ここからは栄養成分表を基に、カロリーや糖質の比較を行っていきます。
予防効果にはこんな食材も効果的!
▶予防食材まとめはこちら◀
玄米と白米のカロリーはどちらが多い?