ヨーグルトの健康効果・効能!乳酸菌の種類によって変わるメリットとは?

ヨーグルトの健康・美容効果、乳酸菌の種類とは。朝・夜・食前・食後によって変わるヨーグルトの効能、同じヨーグルトを食べ過ぎるのは問題ないのかなどの摂取の注意点、ヨーグルトレシピ「玉ねぎヨーグルト」の作り方、さらにヨーグルトダイエットを検証します。ヨーグルトに含まれる乳酸菌の健康効果・効能は整腸作用・美肌効果・免疫力強化・花粉症の改善・インフルエンザの予防・潰瘍性大腸炎の改善・アトピー性皮膚炎の緩和・コレステロール値の低下とさまざま。さらに3大栄養素であるたんぱく質・脂質・炭水化物と、カルシウム・ビタミンB2も豊富に含まれ、栄養満点ヨーグルトについてご紹介します。

インバウンド ぴのこ ヘルスケア レシピ 予防効果 健康効果 免疫力 検証 知識 美容効果

こんにちは。年中ダイエッター、ぴのこです。
年中「痩せたい」と口にしつつ本気でダイエットに取り組むのは2年に1回。
そんな私ですが、やはり痩せたい。それも頑張らずに健康的かつ効果的に。(小声)
そこで今回目をつけたのは「ヨーグルト」
ヨーグルトの栄養や効果について調べていくうちに、ダイエットだけじゃない、さまざまな健康効果を発見しました。

ヨーグルトとは?

f:id:tentsu_media:20190614170743j:plain
ヨーグルトとは、発酵乳の一種で、乳酸菌を用いて乳を凝固させた発酵食品のこと。日本では、ヨーグルトといえば牛乳に乳酸菌や酵母を加えて発酵させたものが一般的ですが、羊・ヤギ・馬・水牛の乳を原料にしたものもあります。ヨーグルトの歴史はとても長く、紀元前3000年には存在したといわれています。発祥は、ヨーロッパの東南に位置するブルガリア。現在では、有名な市販のプレーンヨーグルトの名前にもなっていますね。

現在のヨーグルトの原型が日本に伝わったのは7世紀の飛鳥時代で、最も古いといわれる医学書『医心方』には、乳製品は体にいいということが記されています。そんな時代から、ヨーグルトが健康にいいと分かっていたのは驚きですね!

ヨーグルトの効果・効能

古くから健康にいいとされてきたヨーグルト。つづいて、効果・効能について見ていきましょう!ヨーグルトには、「整腸作用」「美肌効果」「免疫力強化」「花粉症の予防・改善」「インフルエンザの予防効果」「潰瘍性大腸炎の改善」「アトピー性皮膚炎の緩和」「コレステロール値の低下」など、さまざまな効果があります。これらは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きによってもたらされるものです。しかしヨーグルトの健康効果は、乳酸菌によってもたらされるものだけにとどまりません。その秘密は、栄養素にあります。

ヨーグルトの主な栄養素は、3大栄養素である「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」と、「カルシウム」「ビタミンB2」です。これらの栄養素がカロリーに対し豊富に含まれていることも、ヨーグルトが健康食品だといわれる理由になっているのです。
たんぱく質・・・筋肉や血液を作る大事な栄養素。筋肉が落ちると基礎代謝が下がってしまうため、ダイエット中にもかかせない。
脂質・・・体を動かすもととなる栄養素。体温を保つ働きもある。
炭水化物・・・脳を働かせるための唯一の栄養素になるブドウ糖の原料。
カルシウム・・・現代人に不足しがちな栄養素。イライラを鎮め、精神を落ち着かせる効果がある。
ビタミンB2・・・「美容のビタミン」と呼ばれる。皮膚や髪などの細胞の再生に働き、脂肪の分解も行う。
 
健康にはこんな食材も効果的!
▶健康食材まとめはこちら◀

ヨーグルトの乳酸菌には種類がある!それぞれの健康効果とは

ヨーグルトに含まれる乳酸菌に、整腸作用があることはよく知られています。
乳酸菌とは、腸に存在する善玉菌の一種。ひとくちにヨーグルトといっても、含まれている乳酸菌は商品によって異なります。また、それによって健康効果も変わってくるのです。では、よくスーパーで目にするヨーグルトを例に紹介していきましょう。
■明治ブルガリアヨーグルト(LB21乳酸菌)
便秘改善と肌荒れに効果的。美肌効果があり、皮膚の弾力性を取り戻し、乾燥にも効果がある。 
■ナチュレ 恵(ガセリ菌SP株/ビフィズス菌SP株)
内臓脂肪減少効果があるため、ダイエットに適しているヨーグルト。また、ガセリ菌SP株は日本人由来の菌なので、日本人のおなかになじみやすい傾向にある。免疫力の強化にも作用し、インフルエンザの予防にも効果がある。 
■ビヒダス(ビフィズス菌BB536)
便秘だけでなく、下痢にも効果がある。また、免疫力強化や、花粉症の予防改善にも効果がある。
■カスピ海ヨーグルト プレーン(クレモリス菌FC株)
便秘改善、大腸炎の症状の改善に効果がある。善玉コレステロールを増加させ、中性脂肪を低下させる。アトピー性皮膚炎の症状を緩和する。

乳酸菌飲料を1年間飲み続けた効果については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
【インフルエンザ予防に!】乳酸菌の効果・効能とは?乳酸菌飲料を1年間飲み続けてみた結果

乳酸菌はサプリも効果的

腸内環境が悪く、慢性的な下痢や便秘に悩まされている方には、乳酸菌をサプリメントで摂ることもおすすめです。荒れた腸内環境には、150億個以上の大量の菌を一気に摂取したほうが腸内環境改善の効果が得やすいことがわかっています。
こちらのサプリは、上記でもご紹介したビヒダスの乳酸菌が150億個とれる乳酸菌サプリ。腸内環境が気になるかたはぜひ試してみてください。
?詳しくはこちらから「森永乳業|ビヒダスB536乳酸菌サプリ」

さて、ここまでヨーグルトの効果・効能と乳酸菌の種類をご説明してきましたが、それらを効果的に摂取するにはどうしたらよいのでしょうか?次項では、どの時間帯に食べるのが効果的なのか、ヨーグルト摂取の注意点とあわせてご紹介していきましょう。