はちみつの効能とは?美容と健康に最も効果のある蜂蜜(ハチミツ)の見分け方と食べ方!

「本物のはちみつ」の効果・効能と見分け方とは?風邪やのどに効く摂取の方法とタイミングと殺菌効果、食べるサプリメントともいわれる蜂蜜!疲労回復効果と栄養価、美容効果や保湿効果、ダイエット効果、二日酔いや花粉症にも効くというハチミツ効果のいろいろをご紹介。 赤ちゃんに与えてはいけない理由や、はちみつレモンのレシピや食べ方、ハチミツの保存や摂取の際のスプーンがNGな理由など、蜂蜜の正しい知識とおすすめのはちみつをお伝えします。

ぴのこ ヘルスケア レシピ 予防効果 健康効果 知識 美容効果
この季節、風邪の引きはじめを察知するとすぐさまはちみつ紅茶を摂取します、ぴのこです。

みなさん、はちみつは健康にいい食品だというイメージがありませんか。
私も、人生で幾度となくはちみつ大根に頼って喉の痛みを緩和しようとしてきました。

しかし、効いているのか、効いている実感がない。…え?
はちみつの健康効果なんて、あまりないんじゃないか?半ばそう諦めてかけていたのです。が、そうではなかったのです。

はちみつは、深かった。

そもそも、蜂蜜(ハチミツ)の作り方とは?

f:id:tentsu_media:20190619143024j:plain
1匹のハチが一生で集められるはちみつの量は、ティースプーン1杯分といわれています。
そもそも、はちみつはどのようにして作られるのでしょうか。

はちみつは、ハチが花の蜜を集めてくるだけで生成されるものではありません。巣に持ち帰った時点ではまだ糖度は40%ほどしかなく、水分量は70%と大変水っぽい状態です。蜜を持ち帰ったハチは、集めてきた花の蜜をハチの酵素で分解し、ハチの羽の羽ばたきで余分な水分を時間をかけてじっくり、じっくり飛ばし…水分量を20%ほどまでにして成熟させて、やっとはちみつが完成します。
あの黄金の液体は、ハチたちの努力の結晶なのです。

はちみつの種類

はちみつには、種類があるのをご存じでしたか?
*純粋はちみつ
ハチが作ったはちみつに何も混ぜられていないもの。国産では水分含有量が23%以下、海外産では20%以下という基準もある。

*精製はちみつ
はちみつから、においや色を取り除き加工したもの。においや色があると清涼飲料水や食品加工には使いづらいため、用いられている。加工により本来の栄養素は壊れてしまい、糖分としての役割しか果たさない

*加糖はちみつ
はちみつに果糖ブドウ糖液を加えたもので、はちみつの含有量が全体の60%以上のもの。

このうち、「精製はちみつ」と「加糖はちみつ」の2つは、「はちみつ加工品」です。
加工品なので、本来持つ栄養価が大きく損なわれてしまっています。

はちみつは栄養の宝庫なのですが、加工品ではその恩恵を受けることはできません。はちみつの健康効果を存分に享受するためには、純粋はちみつを選ぶことがとても重要です。

純粋はちみつの健康効果・効能

f:id:tentsu_media:20190619143054j:plain

①即エネルギー源に!疲労回復効果
はちみつの糖分は、単糖類に分類されます。単糖類とは、それ以上分解する必要なく消化吸収される、消化器に負担をかけない糖分です。そのため、エネルギーに変わるのも早く、体力を消耗した体に早く効きます。部活動にはちみつレモンの差し入れをするのは、理にかなっていたのですね。

②殺菌効果でウイルス対策!風邪予防・風邪を引いた時にも。
はちみつに含まれるグルコン酸には、殺菌作用があります。また、強い殺菌力を持つ過酸化水素を作るグルコースオキシターゼという酵素も含まれています。このため、ダブルで殺菌効果を発揮するのです。喉の痛みや咳止め、口内炎などにも効果があるといわれています。また、はちみつの中でもさらに強力な殺菌力をもつ「マヌカハニー」は、インフルエンザなどのウイルス対策にも有効だといわれています。

③美容にも効果的!保湿効果
摂取するだけでなく、クレンジングやパックでも、その保湿効果を存分に発揮します。普段の洗顔後に、小さじ2杯ほどのはちみつを、残った汚れを浮かせるように顔全体になじませ、しっかりすすげばクレンジングは完了。はちみつの保湿力を感じられることでしょう。荒れてしまった唇に塗るのも効果的!

④高すぎる栄養価…!食べるサプリメント
はちみつの主成分は、果糖とブドウ糖。その他、ビタミンB群など10種類のビタミン類、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、10種類以上の有機酸、ポリフェノールなど、栄養成分の数はなんと150種類以上!栄養成分がバランスよく含まれている総合栄養食品なのです。まさに、食べるサプリメントと言っても過言ではありません。

⑤ダイエットにも効果的!
砂糖の甘みをはちみつで代用しようとすると、砂糖大さじ3杯に対し、はちみつは大さじ1杯で済みます。さらに、カロリーは砂糖の4分の3しかありません。
また、はちみつには血糖値を調整する機能があるため、脂肪がつきにくいというダイエットにうれしい効果があります。はちみつの摂取後、ブドウ糖はすぐに血液中に吸収されますが、果糖はゆっくり吸収されます。この差により血糖濃度が調節され、肝臓が糖分を処理できるため、「余った糖分が脂肪に変わる」という危険が少ないのです。

⑥二日酔いや花粉症にも!その他はちみつ効果いろいろ
はちみつに含まれるビタミンB2は肝機能を高めるため二日酔いにも効果があります。また、花粉症の予防・改善にも効果があります。まるで万病の薬


純粋はちみつの落とし穴

先ほどご紹介したはちみつの健康効果。
このすばらしい効果・効能を受け取るには、単に純粋はちみつを選べばいいというわけではありません。

栄養価の高いはちみつは、花の蜜を取ってきて完熟させるまでのすべてをハチが行ったはちみつです。それを待って採取したものが本当に純粋なはちみつといえます。

しかし、「ハチが完熟させるまでなんて待てない!」と、コストや大量生産を考えた製造者もたくさん存在します。この方々は、ハチが巣に持ち帰ったばかりで採取し、人工的に加熱処理を施し完熟させてしまうのです。

実は、この人工的な加熱作業がはちみつの栄養成分を壊してしまいます。
はちみつに含まれるたくさんの栄養成分、酵素やビタミンは、45度以上の熱にさらされると壊れていき、効果がなくなっていってしまうのです。

そしてですね。
「全国はちみつ公正取引協議会」の規定によると、「純粋はちみつ」の定義は、「混ぜ物がなく、水分量が20%ほど」。これだけなんです。

これだけが条件なら、ハチが小さな羽を震わせて一生懸命作るはちみつの完成を待つより、さっさと採取し、人工的に加熱して成熟させる方が効率がいいのは一目瞭然ですよね。

非加熱で栄養成分が生きている「純粋はちみつ」。人工的に加熱して栄養成分が壊れた「純粋はちみつ」。売られている「純粋はちみつ」の中には、このような非加熱と加熱済みの2種類が隠れています

純粋はちみつであり、かつ非加熱のものだけが、はちみつの健康効果を存分に享受できるのです。

本当に効果のあるはちみつの見分け方・効果的な摂取方法とタイミングは?おすすめ商品も紹介!