「飲む点滴」甘酒の効果と効能とは?米麹と酒粕、美容と健康、ダイエットにベストな飲み方!

甘酒は飲む点滴!?甘酒の効果効能、栄養素とは。ダイエット効果も期待ができると言われる、飲む点滴甘酒の栄養価と美容健康効果、デメリットな飲み方とは?米麹甘酒の酵素を効果的に摂取するための作り方、飲み方や保存方法を紹介。消化吸収を助け腸内環境を整え、便秘を解消する働きがある甘酒は、美肌効果、生活習慣病の予防、生理痛や生理前のイライラ、肌荒れといった月経前症候群の解消、母乳の出を良くする効果もあります。米麹甘酒と酒粕甘酒の違い、米麹甘酒はおちょこ一杯を朝に摂取するのがベスト?甘酒に関する素朴な疑問から自宅で作れる甘酒レシピまで徹底解説!

Ms.小わっぱ インバウンド ヘルスケア レシピ 予防効果 伝統行事 健康効果 免疫力 日本文化 美容効果
このエントリーをはてなブックマークに追加
f:id:tentsu_media:20171212112119j:plain
皆様、こんにちはMs.小わっぱです。

「飲む点滴」と言われるほど栄養効果が高い甘酒。
お正月や初詣などの祝いごとの際に飲むイメージがありますが、実は「甘酒」は夏の季語だって知っていましたか?
最近では冷やし甘酒や豆乳甘酒なども登場し、スーパーなどでも簡単に手に入れられるようになったため、より身近な飲み物となりました。

健康効果・美容効果・ダイエット効果のある飲み物として、最近ますます注目されている甘酒。
今回は、そんな人気の甘酒の効能と効果、注意しておきたいデメリットからおすすめの飲み方についてまで、詳しく取り上げてみたいと思います。甘酒の作り方が簡単にわかるレシピもご紹介しているので、ぜひご自宅で甘酒を作る時の参考にしてください。

甘酒の種類について学ぼう。これを知らなきゃ損するかも!

これから甘酒についてご説明するにあたり、まずは甘酒の2つのタイプについて学んでおきましょう!

大きく分けると甘酒には、米と麹でつくる米こうじ甘酒と、酒粕と砂糖から作る酒粕甘酒の2種類があります。

①米麹甘酒

こちらは日本酒と同様に、麹の発酵作用を利用して米から作るものです。しかし日本酒と違い、甘酒は米のデンプンを麹菌によって糖分に変えているだけ。甘酒が苦手という方も“米”と“麹”だけで作ったものを飲んでみたら、もしかしたら甘酒の印象が変わるかもしれませんね。
f:id:tentsu_media:20171215183031j:plain

②酒粕(酒かす)甘酒

酒粕を水で溶き、砂糖で甘みを加えたもの。こちらは酒粕にアルコール分が含まれているので、アルコールが苦手な方は要注意。また、砂糖が入っているためカロリーも高くなりがちです。
f:id:tentsu_media:20171214131251j:plain ここで一つ、要注意!最近話題の健康や美容に良いと言われている甘酒は「米麹甘酒」です。
お正月に神社で振る舞われる甘酒も、アルコール成分が含まれない(ノンアルコールの)「米麹甘酒」の方が多いようです。こちらならお子様や妊婦の方でも安心して飲めますね。
皆さんもご購入の際にはご注意ください。

それにしても「健康と美容に良い」「ダイエットに効果あり」なんで魅力的な言葉!思わずとびつきたくなりますよね!
次は、その甘酒の具体的な効能と成分について迫ってみましょう。

ダイエットにはこんな食材も効果的!
▶ダイエット食材まとめはこちら◀
健康・美容・ダイエットに効果あり!もはや万能の飲み物!?米麹甘酒の効能と効果